67件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

【ソウル=時事】韓国外務省は19日、日本大使館の西永知史公使を呼び、東京電力福島第一原発から出る汚染水の処理方針や放射性物質トリチウムを含む処理水の「海洋放出」に関する事実確認と説明を求めたと発表した...

直面した問題の一つが汚染水処理。... 「被災後の福島原発は超純水を使う原子力発電所ではなく、海水などをかぶった放射性汚染物。... 環境汚染の専門家の我々には実績がある。

 東京電力は1日、福島第一原発1~4号機周囲の地中に氷の壁を造る「凍土遮水壁」について、放射能汚染水の減少効果の試算を公表した。... 凍土壁の建設には約345億円の国費が投じられたが、凍土壁がない場...

東日本大震災復興「五輪で世界にアピールを」−日商が要望 (2018/2/22 モノづくり基盤・成長企業)

このほか、販路回復・開拓支援や人手不足対策実施による「産業復興・なりわい再生」、および除染・汚染水処理の確実な実行と風評の払拭(ふっしょく)など「国主導による福島復興の早期かつ着実な推進」を求めている...

福島第一原子力発電所事故の汚染水処理で活用を目指し、汚染水関連の企業や機関にサンプル提供や拡販を行う。 ... 福島第一原発の汚染水処理だけでなく、世界的に進む使用済み核燃料のリサイ...

1時間当たり0・05―30立方メートルの水を処理できる。... 汚染を除去した水資源を捨てることなく有効活用できるようにしていきたい」 ―海外市場展開は考えていますか。 &#...

《優秀賞》 【環境浄化研究所/放射性汚染物質の吸着除染材料の開発と製造】 環境浄化研究所が開発した材料(写真)は放射性汚染物質を選択的に吸着、除染するのが特徴。.....

「福島第一原発の汚染水は増え続けているが、国内の問題は、国内の技術で決着をつけるべき」と訴えるのは、昭和冷凍プラント(北海道釧路市)社長の若山敏次さん。 2013年に独自の「窒素氷」...

東京電力福島第一原子力発電所の廃炉作業では、汚染水処理や燃料デブリ(溶融物)取り出し、解体など課題が残る。... (編集委員・鈴木真央) 「NOH2Oグラウト(ノーエイチツーオー止水...

一方で東京電力福島第一原子力発電所周辺の汚染水処理の用途としても、研究開発を進めている。

【尾を引く原発問題】 最後が、福島原発の汚染水処理および他の事故発生である。真の意味で「アンダーコントロール」と国際的に信認されるには、国が主体となる責任を持った汚染水対策と廃炉対策...

東京五輪開催を阻む可能性のある危機として(1)東京およびその周辺での大地震(2)日本およびその周辺での戦争や国際紛争(3)強毒性インフルエンザなどのパンデミック(世界的流行)の発生(4)福島原発の汚染...

福島第一原発の廃炉・汚染水処理は国が前面に出て対処する方針を掲げているが、推進体制も強化して廃炉作業を急ぐ考えだ。同本部の大島理森本部長は「原賠機構に(廃炉と汚染水対策の)司令塔機能を持たせるとの精神...

IRIDは10月に政府の窓口となり汚染水処理の技術公募を行っているが、廃炉そのものの技術公募は初めて。... 汚染水処理の技術公募ではIRIDは整理・分類をして政府の対策委員会に報告しただけだが、今回...

しかも複合材料、医療材料、水処理材料などの先端材料分野では、炭素繊維や高性能ホロファイバーなどの高機能繊維が主役であり、日本の先進繊維技術が間違いなく世界をリードしている。... 筆者が担当したグルー...

東京電力福島第一原発の汚染水問題は放射性物質に加え、水との闘いでもある。... 「原子炉内の溶け落ちた核燃料(デブリ)の処理は専門外だが、水や地盤、地下の構造物なら貢献できる。... このため、構造的...

汚染水をめぐる問題も予断を許さない状況が続く。... 作業員の安全や取り出したデブリの処理、作業途中での地震対策など大きなリスクが発生しないようにする。... 汚染水対策での技術公募は国内外企業の高い...

政府は東京電力福島第一原子力発電所の汚染水問題を議論する汚染水処理対策委員会(大西有三委員長=京都大名誉教授)で、23日まで募集していた汚染水技術提案に国内外から合計779件の応募があったことを明らか...

汚染水問題で実質的な中核になるのは政府が4月、経済産業省に設置した汚染水処理対策委員会(大西有三委員長=京都大学名誉教授)。... 技術提案は23日に締め切った後、IRIDが国内外の有識者を交え、提案...

東京電力福島第一原子力発電所で続く汚染水処理問題の収束作業が難航している。... 汚染水はもとから断たなければだめだ。... 既存の除染・脱塩施設で時間をかけて処理すればいい。

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる