84件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

気候変動対策には経済発展が必須 4月に公開された気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第3作業部会の第6次評価報告書では、太陽光や陸上風力、洋上...

SDGs懐疑論 地球は温暖化していないとか、温暖化の原因は二酸化炭素(CO2)ではない、といったいわゆる温暖化懐疑論を唱える方も最近は減ってきた。...

動き出した世界 平和なくしては持続可能な開発はあり得ず、持続可能な開発なくして平和もあり得ない。SDGsを掲げる2030アジェンダ前文にはこのように書かれている。...

水サミット 「持続可能な発展のための水―実践と継承」を掲げて、第4回アジア・太平洋水サミットが4月末に熊本市で開催された。対面、オンラインあわせて30カ国以上の首...

なにが持続可能か 戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和の砦(とりで)を築かなければならない―近年では各種世界遺産の登録で知られる国際連合教育科学...

「草原、サバンナ、泥炭地など自然状態では森林ではない土地への植林や、大規模なバイオエネルギー作物栽培など土地利用型の緩和策の展開は、生物多様性、水と食料の安全保障、生活に対する気候関連リスクを増大させ...

証拠は明白「行動するなら今」 2月末の第2作業部会に引き続き、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)で温室効果ガス(GHG)の排...

持続可能な開発には科学技術イノベーションが必須 持続可能な開発のための2030アジェンダが目指すのは、経済、社会、および環境という持続可能な開発の3側面が調和した...

21年8月の評価報告書で示された通り、クリーンエネルギーの利用、健康的な食生活、適切な都市計画や輸送システムの導入など、即時の迅速で大規模な温室効果ガス(GHG)排出削減により、1・5...

全体については、この連載コラムの執筆者の1人でもある委員長の沖大幹・東京大学教授がお書きになるであろうと思う。... 21年秋の国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)あ...

途上国における環境問題の大部分が低開発から生じている、環境への影響に無関心であるなら我々自身の命や地球環境に取り返しのつかない害を与える、現在および将来世代のために人間環境を守り向上させるのは人類にと...

グローバルリスク―デジタル格差 今年も1月末のダボス会議は延期されたが、世界の専門家やリーダー約1000人からの回答に基づくグローバルリスク報告書は世界経済フォー...

持続可能な開発のための国際基礎科学年 2022年は「持続可能な開発のための国際基礎科学年」である。05年は国際物理学年、11年は世界化学年、14年は世界結晶年、15年は国際光年、そし...

石炭火力発電「フェーズダウン」で合意 11月の国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議で採択された「グラスゴー気候合意」では「クリーン電力の実装と省エネ...

ジェンダー平等の実現で日本経済再生 今年6月に発表された2021年版持続可能な開発報告書によると、日本のSDGs達成度は165カ国中18位と上位ではある...

人為起源の気候変動、対策を議論 2021年のノーベル物理学賞は「複雑系に対する我々の理解への画期的な貢献」として「地球の気候の物理的なモデル化、変動の定量化、なら...

気候変動対策を推進しようとするあまりに食料生産が脅かされたりしないよう、わざわざ「食料生産を脅かさない方法で」気候変動の悪影響に適応する能力ならびに気候に対する強靭(きょうじん)性を高...

気候変動と国内避難民 化石燃料使用に伴う二酸化炭素の排出など人間活動がもたらす地球温暖化は、気温の上昇に伴って熱波の頻度を増大させ労働生産性の...

すべての災害件数の半分、死者数の45%、経済被害の74%は気象、気候、水関連の災害要因によってもたらされ、1970年から2019年までの50年間に、そうした風水害の...

日本での食品ロスを減らしても世界の飢餓は救えない 国連気候変動に関する枠組み条約のパリ協定においていわゆる2度C目標といった目的が掲げられている第2条では「気候変動の悪影響に適応する...

おすすめコンテンツ

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン