62件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

さらに、現地で波の力で発電する波力発電の実現に向けた実現可能性を調査中だ。

慶応義塾大学発ベンチャーの音力発電(神奈川県藤沢市、速水浩平社長)、東洋電機製造、オーストリア・アンドリッツは協業し、2022年夏をめどに「循環型波力揚水発電」を実...

商船三井は英国ボンボラウェイブパワー(ボンボラ)と共同で、モーリシャスにおける波力発電の実用化を検討する。... 当面は波力発電として10メガワット(メガは...

太陽光60%程度、風力30%程度、小水力やバイオマス発電の活用も想定している。 新電力会社へ出資するエイブルは自家消費型太陽光発電の町内への設置や、海岸線に単機500...

移住・定住人口拡充へ 東日本大震災、福島第一原子力発電所事故という未曽有の災害から10年という年月を経て、被災地の福島県では新たな事業の創造に挑戦する企業が増えている。 &#...

代表例の一つがスウェーデンの企業と連携する波力発電装置の開発だ。ボールネジを活用し、上下する波の運動を回転に変えることで電気を生み出す。 ... これ以外にも競合他社の特許をどれだけ...

環境省、CO2排出削減でゼファーなど4件採択 (2021/1/5 建設・生活・環境・エネルギー2)

ゼファーはリコージャパンなどと出力50キロワットの小型風力発電設備を開発する。清水建設は地熱・バイオマスを活用した水素製造、マリンエナジーは東京大学や足利大学などと波力発電、東光通商は廃熱発電を実証す...

【福島】プラントエンジニアリングのエイブル(福島県広野町、佐藤順英社長、0240・25・8996)を幹事会社とする九電工、東京久栄(東京都千代田区)、東京大学生産技術研...

ただ「次の一手を打つのは我々の発想力」(後藤専務)とも強調する。 ... スウェーデンのベンチャーとはボールネジを使った波力発電装置を実証中。

環境省、福島で脱炭素事業など3件採択 (2020/8/20 建設・生活・環境・エネルギー)

エイブルは浪江町で波を利用して発電する波力発電を、アジア航測は飯館村でIoT(モノのインターネット)を活用した農業をそれぞれ調査する。

またスウェーデンの企業と同社のボールネジを活用した波力発電システムも開発した。

設計した波力発電装置をモルディブで実証中だ。 ... 発電しながら津波防災や海洋ゴミ回収に役立つ装置など、アイデアは尽きない。「タブーと言われても挑戦する」をモットーに、新たなアプロ...

【那覇】沖縄科学技術大学院大学の新竹積教授の研究グループは、開発した波力発電装置の実証をモルディブ共和国で5月に始める。... 実際の波による実験データを蓄積し実用化につなげる。海岸から約50メートル...

三井造船、NEDOと波力発電実証−神津島沖合で運転制御確認 (2017/5/23 機械・ロボット・航空機2)

三井造船は新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)などと共同で、波力発電の実証試験を神津島(東京都神津島村)沖合で始めた。三井造船が開発した機械式波力発電装置&#...

芝浦工業大学工学部機械工学科の諏訪好英教授らは、沿岸部に設置し、さざ波程度の波でも発電可能な小型の波力発電装置を開発した。貯水域を含めた実験装置の大きさは、一般的な波力発電装置と比べ、10分の1程度と...

サンゴやオニヒトデといった水生生物を成育、研究するほか、波力発電装置の開発など海洋分野の総合的な研究施設に位置づける。

例えば防波堤も、普段は海中に沈ませ波力発電することで電力供給源として機能し、いざ津波が襲来すると、その力を利用して津波の高さまで膨らみ波の力をやわらげるような設備となることが考えられる。 &#...

波のうねりに伴う海面の上下動などを利用する波力発電。... 同社が東亜建設工業などと共同で開発した波力発電装置は空気タービン式。... 久慈市の実験では「国内の波力発電装置として初めて系統電力に接続す...

2×4メートルの鉄板で波を受け、振り子運動により発電する波力発電装置を15年中に完成させる。... 平塚市の実証などで得た設計や運営、管理に関する知見を研究会の参加者と共有し、波力発電の整備...

波力や潮流など海洋エネルギーを利用した発電は、太陽光や風力に比べて発電出力の予測可能性が高く、安定した電源として期待される半面、発電コスト低減が課題。... 東洋電機製造は東北復興次世代エネルギー研究...

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン