50件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

ドライバルク・原油の海上荷動き、年平均0.8%増 日本郵船調べ (2020/11/10 建設・生活・環境・エネルギー1)

日本郵船調査グループは2019―29年の10年で、鉄鉱石や石炭などのドライバルク貨物および原油の海上荷動きが、年平均0・8%伸びると予測する調査結果をまとめた。新型コロナウイルス感染症の影響を受けて一...

7月23日は海の日 (2020/8/4 特集・広告)

海上荷動き量と船腹量のバランスが崩れる「船余り」の状況が長引いていることが主な原因だ。... 日本造船工業会の斎藤保会長は6月17日の定例会見で「新型コロナによる海上荷動き量への影響は一時的なものと見...

世界の海上荷動き量はリーマン・ショック後の09年に前年比で減少したが、基本的には世界経済成長率と連動して増加し、一定の新造船需要がある。

リーマン・ショック前の新造船の大量発注後、海上荷動きが鈍化したことから、世界的に造船の供給過剰が生じている。

米中貿易摩擦などの影響で海上荷動きの停滞懸念が膨らむ中、新造船受注は依然低調に推移している。

世界の新造船市場はリーマン・ショック後の発注の落ち込みと海上荷動きの低迷により、建造能力過剰の状況だ。

世界の新造船市場は2008年のリーマン・ショック後の発注の落ち込みとその後の海上荷動きの低迷により、供給過剰の状態が続く。

国際貨物も航空、海上ともに堅調だ。... 【造船 需給ギャップ解消せず】 造船業界は2008年のリーマン・ショック後から新造船発注が落ち込み、海上荷動きも低迷が続く。

新造船受注、19年は2―3割増期待 造工会会長 (2018/12/20 機械・ロボット・航空機)

堅調な海上荷動きや船舶のスクラップ進展を背景に船腹過剰は改善傾向にあるが「新造船需要の本格回復にはもう少し時間がかかる」のが実情だ。

世界の新造船建造量は08年のリーマン・ショック後の発注の落ち込みとその後の海上荷動きの低迷により供給過剰の状態が続く。

海上荷動き、年平均0.9%増 日本郵船が長期見通し (2018/11/9 建設・エネルギー・生活2)

日本郵船調査グループは、2017―27年までの鉄鉱石や石炭など、ばら積み(ドライバルク)貨物および原油の海上荷動きが年平均0・9%伸びると予測する調査結果をまとめた。... 27年までの長期的な海上荷...

日本郵船は、2016―26年までのドライバルク貨物および原油の海上荷動きが年平均1・1%伸びるとする予測をまとめた。... 26年までの海上荷動きで鉄鉱石は中国が経済の転換を背景に輸入量を減らし、全体...

日本造船工業会の加藤泰彦会長(三井造船取締役相談役=写真)は20日の就任会見で、海運業界について「海上荷動き量の増加や老齢船のスクラップ進展などにより、明るい兆しが見えている」と期待を込めた。

海上荷動きの伸び鈍化や新造船の大量供給による船腹過剰の長期化など、事業環境には不透明感が漂う。

「30年の世界の海上荷動きは10年比で2倍になるといわれる。

下期を読む(上) (2014/9/29)

海上荷動きも堅調で、船価改善の兆しが見えてきた。

世界の海上荷動きが中長期で拡大する中、港湾設備の新設や拡張、更新が相次ぎ計画されている。

物流業界 海運 (2013/1/4)

さらに為替の円安基調が定着し日本メーカーの輸出競争力が高まれば、荷動きが活発化するシナリオが描けそうだ。 ... しかし12年は欧州経済の低迷に加え、中国経済もさえず、荷動きは伸び悩...

日本郵船の調査グループの推計によると、竣工(しゅんこう)する船腹供給の伸びが2012―13年の海上荷動き量の伸びを上回る見通しだ。... 一方、13年の海上荷動き量の伸びは前年予想比で4―5%増程度に...

だが「世界の人口増など海上荷動きは減ることはない。

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる