38件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

ドローン・海中ロボで生物調査 火山活動が続く小笠原諸島(東京都)の西之島で6―16日、環境省が飛行ロボット(ドローン)や海中ロボットを活用して生物調査を実施した。溶岩で覆われた新たな...

東京大学と国立極地研究所の研究グループは、船が入れない海氷や棚氷の下に入り込み海域を探査する自律型海中ロボット(AUV)を開発した。

シビレエイで海底地形調査 理研、実験成功 (2020/12/21 科学技術・大学)

田中さんは「シビレエイの電気を音の送信機の電源に利用すれば長期間観測でき、調査船や海中ロボットを使わなくても海底地形図を作れる」と話している。

そのため近年では、海中ロボットなどによる調査の効率化、省人化、省エネルギー化が求められている。 このような時代の到来を想定し、情報通信研究機構(NICT)では、海中ロボットが海底下の...

3人乗船できる有人潜水調査船「しんかい6500」は、6500メートルまで潜水でき、ロボットアームやカメラなどを操作し探査する。 ... 自律型海中ロボット(AUV)などの潜水機を使い...

ダイバーによる潜水調査の80倍、海中ロボットによる調査の5倍の効率で海底を探査し、サンゴの分布図を得られた。

ロボットと創る!/日本の研究最前線 (2019/12/18 科学技術・大学)

ロボットとの共生は一昔前の夢物語から、今では ロボットと創る!... 6月に結果が公表された、海底の正確な地図を作る国際海底探査レースで、海洋研究開発機構を中心とする日本チームは自律型海中ロボ...

また音響通信や測位統合装置を利用した複数の自律型海中ロボット(AUV)の同時運用試験を実施。

海洋研究開発機構、11月2日に施設を一般公開 (2019/10/30 科学技術・大学)

海中ロボットで超高速広域海底マッピング技術を競う国際競技で準優勝した「チームクロシオ」の紹介や探査機も展示する。

海中資源の採取技術の向上には海底探査による海底地図が必要。... 同競技は自律型海中ロボット(AUV)などの潜水機で水深4000メートルの広範囲な海底地図を正確に作ることがミッション。... レースと...

チームクロシオは水深4000メートルの潜行に対応できる2機の自律型海中ロボット(AUV)を開発。

競技の関係者の旅費や海中ロボットの輸送機器の運搬などのため、アカデミストがクラウドファンディングによる資金調達を支援した。 自律型海中ロボットなどを使い正確な海底地図を作る決勝戦が1...

東京大学のソーントン・ブレア准教授らは、3台の海中ロボットを組み合わせて海底のコバルトリッチクラストなど、1平方キロメートルの調査に成功した。航行型の自律海中ロボ(AUV)とホバリング型AUV、遠隔操...

東京大学生産技術研究所の巻俊宏准教授と野口侑要大学院生らは、小型自律海中ロボット「HATTORI(ハットリ)」を開発した。... 海中ロボはコンピューターやカメラなどの価格は下がっているものの、マルチ...

自律型海中ロボット(AUV)などの潜水機を利用し、水深4000メートルの広範囲な海底地図を作る。... AUVは設定したルートに従い、自律的に海中を調査。... ASVは、海中のAUVの位置や速度を計...

自律型海中ロボット(AUV)を利用し、水深4000メートルの海域で24時間以内に250平方キロメートル以上の海底を探査しながら、海底標的を10枚撮影。

海洋研究開発機構など国内8機関からなる海底探査チーム「Team KUROSHIO」は18日、国際的な海底探査競技「シェル・オーシャン・ディスカバリー・Xプライズ」に使う自律型海中ロボット(AUV=写真...

海洋研究開発機構の笹谷貴史主任技術研究員らは、自律型海中ロボット(AUV)で海底熱水鉱床を探す電気探査法を開発した。

東京大学生産技術研究所の増田殊大特任研究員と巻俊宏准教授らは、海中ロボット向けのワイヤレス給電技術を開発した。... 一般に海中で電極を接続して通電させると海水でショートするリスクがあった。 ...

東京大学のソーントン・ブレア准教授と九州工業大学の西田祐也助教、浦環特別教授らは24日、海中ロボットによる自動生物採取に成功したと発表した。小型ロボットと小型調査船で、駿河湾沖の海底を調査し貝を採取し...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる