231件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

【重大事故発生】 一方、プロジェクト遂行に当たり、国内では台風や地震など自然災害の頻発化や、海底ケーブルの重大事故に代表される洋上風力発電固有の事故など、さまざまなリスクにさらされて...

NEC、大容量光海底ケーブル供給 (2020/8/25 電機・電子部品・情報・通信1)

NECはNTTなどが出資する特定目的会社のOLL(シンガポール)と、シンガポール、マレーシア、ミャンマー、タイ、インドを結ぶ約8100キロメートルの大容量光海底ケーブル敷設プロジェクト「MIST」のシ...

今後は、中国企業が手がけるアプリやクラウド、海底ケーブルなどのサービスの利用も制限する。

光や無線の装置の共同開発を進めるとともに、海底ケーブルシステムの低コスト化などに取り組む。

ソフトバンク、アジアに光海底ケーブル 7社と共同事業体 (2020/6/12 電機・電子部品・情報・通信)

ソフトバンクは11日、中国電信(チャイナテレコム)やシンガポール・テレコムなど7社と共同で、アジア各国を結ぶ大容量光海底ケーブル「ADC(アジア・ダイレクト・ケーブル)」を建設する...

NECの前3月期、当期益2.5倍 国内IT投資需要増 (2020/5/13 電機・電子部品・情報・通信)

海外事業はデンマークのKMDの新規連結や海底ケーブルなどの増加で赤字幅が縮小したものの、ディスプレーの落ち込みに歯止めがかからず、38億円の営業赤字となった。

鹿島と住友電工、秋田・能代の洋上風力 施設建設工事を受注 (2020/3/27 建設・生活・環境・エネルギー)

鹿島が風車の基礎を設計、施工し、住友電工が海底ケーブルの設計、調達、施工、据え付けを担当する。

古河電工、大型電線「撚り線機」導入 海底ケーブル受注増 (2020/2/27 電機・電子部品・情報・通信2)

海底ケーブルは国内や東南アジアで大型案件の受注が増えており、需要を確実に取り込む。... 国内外で洋上風力発電などにより、大型海底ケーブルの需要が増加。... 製造工程で生じる偏肉率を低減し、長距離で...

スマトラ島からバンカ島までを150キロボルトの海底ケーブルで結ぶ。... ディーゼル発電により電力をまかなっているバンカ島に、海底ケーブルを通じてスマトラ島から送電する計画。... 古河電工はアジアの...

NECの4―12月期、営業益4.6倍 構造改革効果 (2020/1/30 電機・電子部品・情報・通信1)

海外事業はデンマークのKDMの新規連結に加え、海底ケーブルなど海洋システムの増加により、12億円の営業黒字(前年同期は61億円の赤字)を確保した。

福島沖の浮体式洋上風力実証 4月から7000kW機撤去 (2020/1/15 建設・生活・環境・エネルギー1)

サブステーションと海底ケーブルを活用し、新たに8000キロワット級の風車を設置する事業案もあり、具体化すれば、浮体風力の基数増加につなげる構想だ。

銅ワイヤロッドは荒引線とも呼ばれ、さらに伸線することで電線ケーブルの導体素線になる。 ... ただ、新エネ発電や、一帯一路などによる光産業や海底ケーブルなどの好調な分野も見られ、現在...

【ニューヨーク=時事】29日付の米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは、米政府が国家安全保障上の理由から、グーグルやフェイスブック、さらに中国の通信会社が支援している米国と中国を結...

執行役員電力プロジェクト事業部長 原田和平氏 【横顔】海外向け電力ケーブルの計画や海外製造拠点の立ち上げに従事して、設計、製造、工事の技術的知見が豊富。国家間電力融通の大型海底ケーブ...

5G対応としての海底ケーブルや通信ケーブルなどは好調を維持して見えるが、電力ケーブル、巻線などの川下産業からの受注はよくない。

ICT世界の潮流PART7(7)デジタル化の未来(上) (2019/7/26 電機・電子部品・情報・通信2)

海底ケーブルや専用回線が張り巡らされ、24時間稼働する金融ネットワークが生まれたことで世界の市場は一体化し、時空を超えたグローバルな経済活動が始まった。

IHI、海流発電を長期実証 鹿児島・口之島沖で1年間 (2019/7/19 建設・生活・環境・エネルギー)

島まで海底ケーブルを敷き、長期実証の電気を島へ自動運転で供給する。

無人島防衛や海底ケーブルの保守、資源探査、漁業用途などを見込む。... 尖閣諸島など海洋進出をもくろむ近隣諸国への無人防衛システムをはじめ、第5世代通信(5G)で重要性が高まる海底ケーブルの無人監視、...

古河電工、海底ケーブルの技術開発業務 英社から受注 (2019/6/5 電機・電子部品・情報・通信1)

古河電気工業は4日、英カーボントラストから超高圧ダイナミック海底ケーブルの技術開発業務を受注したと発表した。... 古河電工は、同研究で使用する、洋上変電所から陸上に送電する130キロ―250キロボル...

【香港、北京=時事】中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)が海底ケーブル事業の華為海洋網絡を売却する計画であることが3日、分かった。... 米紙ウォール・ストリート・ジャーナ...

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる