47件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

海底探査のコストを下げることにつながる。

2020年は海底探査のアニバーサリーイヤーだ。... 海底探査の最新研究を追った。... 海底探査を利用した海底地図作りが進められている。

三井E&S造船など、岡山の展示会に出展 (2020/1/14 機械・ロボット・航空機1)

三井E&S造船は海底探査技術を競う国際コンペティションで準優勝のチームが使用した特殊艇や摩擦撹拌接合(FSW)のアルミニウム接合板サンプル、三井E&Sマシナリーは環境特性に優れた1000キロワット級新...

大阪の町工場が深海探査ビジネスに乗り出した。自立型無人潜水機(AUV)への給電やデータを送受信できる量産型のステーションを海底に設置し、従来の母船探査よりも安価に海底探査を行う。... 日本財団やリバ...

ロボットと創る!/日本の研究最前線 (2019/12/18 科学技術・大学)

6月に結果が公表された、海底の正確な地図を作る国際海底探査レースで、海洋研究開発機構を中心とする日本チームは自律型海中ロボット(AUV)を利用し準優勝を果たした。今後AUVを利用し、特定海域の海底地図...

海中資源の採取技術の向上には海底探査による海底地図が必要。... 海底地図ができれば資源探査に役立つ基盤技術となると期待される。... 未だ解明されていない海底地形を解き明かすことで、海底資源探査に活...

海洋研究開発機構や東京大学など国内8機関で構成される海底探査チーム「Team KUROSHIO(チームクロシオ)」は5日、国際的な海底探査競技「シェル・オーシャン・ディスカバリー・エクスプライズ」で準...

海洋研究開発機構を中心とする研究機関や企業など8機関に所属する若手の研究者や技術者からなる「チームクロシオ」は海底探査技術の国際競技「シェル・オーシャン・ディスカバリー・エクスプライズ」に参加。......

硬く厚いガラスは耐圧性も高いため、宇宙・海底探査用センサーなどの高性能化にもつながる。

国際海底探査競技「シェル・オーシャン・ディスカバリー・Xプライズ」は、月探査レースを手がけた米Xプライズ財団が主催。... 12月9日から19日の間の24時間で海底を探査する。 .....

米Xプライズ財団は、国際的な海底探査競技「シェル・オーシャン・ディスカバリー・Xプライズ」の決勝戦を11―12月にギリシャのカラマタ沖の海域で行うと発表した。海洋研究開発機構や東京大学など国内8機関か...

海洋研究開発機構など国内8機関からなる海底探査チーム「Team KUROSHIO」は18日、国際的な海底探査競技「シェル・オーシャン・ディスカバリー・Xプライズ」に使う自律型海中ロボット(AUV=写真...

人材や技術を集めるオープンイノベーションの手法として広く認められ、例えば最先端の開発協議会を主催する米Xプライズ財団は、英蘭系のロイヤル・ダッチ・シェルと海底探査ロボット、ANAホールディングスとはア...

海洋研究開発機構や東京大学、三井造船などの海底探査チーム「Team KUROSHIO」は22日、自律型の海中ロボットを利用した国際的な海底探査競技「シェル・オーシャン・ディスカバリー・Xプライズ」の決...

「日本メディア、海底鉱石採掘技術で重要段階突破」「日本の世界初の海底鉱物大量採掘実現に驚き」「(日本は)資源生産国へ」など、日本が沖縄近海で海底熱水鉱床の連続揚鉱試験に成功したことは中国でも幅広く報道...

ヤマハ発、海底探査レース参加 日本チームに技術者派遣 (2017/5/11 機械・ロボット・航空機1)

【浜松】ヤマハ発動機は10日、無人海中ロボットによる水深4000メートル級の国際海底探査レースに参加すると発表した。... 今年9月に水深2000メートル海域、2018年9月に水深4000メートル海域...

【東大生研など/広域海底探査でチーム】 東京大学生産技術研究所や海洋研究開発機構、三井造船、KDDIなど7機関は、広域海底探査技術を開発するチーム「クロシオ」を結成した。... 自律...

米EXPRIZE財団が主催する月面探査レースや海底探査レースに日本代表として参戦するのは30代の若手を中心とする大学と企業の混成チームだ。... (小寺貴之) ≪...

東京大学生産技術研究所と海洋研究開発機構、九州工業大学などの7機関は、広域海底探査技術を開発するチーム「クロシオ」を結成して国際競技会に参戦する。... 自律航行型の潜水ロボ3台と海上中継ロボを組み合...

井町研究員は海底探査の際に採取した泥の中の微生物を培養できる装置を開発し、培養が難しいと言われた微生物を次々に培養した。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる