62件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.02秒)

モリト、廃漁網再利用のアパレル資材を開発 (2021/2/9 建設・生活・環境・エネルギー2)

深刻化する海洋プラスチックゴミ問題の解決やアパレル産業の環境負荷低減に貢献する。... モリトは海洋プラスチックゴミの約40%が廃漁網であることに着目。... 廃漁網を素材に高付加価値製品を創出し、漁...

廃プラを溶かして再成形するマテリアルリサイクルに対し、化学反応によって原料分子に分解し、化石資源由来と同じ品質のプラを再重合するケミカルリサイクルは“究極のリサイクル”と言われる。 ...

海洋プラ再生材の筆記用具への採用は国内初という。再生材の用途拡大や海洋プラの削減に貢献する。... 欧州市場でも海洋プラ由来再生材を使用したボールペンを発売する。

海洋プラ汚染や気候変動問題が注目され、世界各国が「カーボンニュートラル」を目指すと宣言した。... 資源循環の取り組みは既存の延長線上にある使用済みプラの再利用などもあるが、ムーンショットはより高難度...

DMG森精機は8日、同社セーリングチームが現在参戦中の世界一周ヨットレース「ヴァンデ・グローブ」を通じて、海洋中のマイクロプラスチックの調査研究に協力すると発表した。... レース終了後、海洋研究開発...

海洋プラ汚染解明 AIで検出高速・自動化 海には海洋生物だけでなく、生物にとって悪影響となる物質も存在している。... 海洋機構の海洋生物環境影響研究センターは、深海に沈んだ海洋プラ...

彼らには、なるべく身近な問題を扱いつつ、環境と経済、環境と社会というものについて包括的な理解を持って貰いたいと考え、「(海洋)プラスチック問題」「地球温暖化」「産業公害と経済」という三題噺(さんだいば...

挑戦する企業/住友化学(5)サステナビリティー100年 (2020/3/2 素材・医療・ヘルスケア)

多様なゴミからプラ生産の出発点であるエチレンを生産し、後に続くプラ生産プロセスは石化由来と同じ。プラの分別が必要な既存のリサイクルの課題を解消し、大規模な資源循環の道を開く。 会長の...

海洋プラ問題の解決策がまとまった19年の大阪での主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)を日本が主導したこともあり、同省は「CEダボス」と呼んで準備に力を注ぐ。

日本化学工業協会はじめ化学5団体などによる「海洋プラスチック問題対応協議会(JaIME)」は、東南アジア諸国の廃プラスチック管理システム構築の支援を始める。... 生分解プラなどの新素材開発だけでは海...

立教大ESD研究所など、脱プラスチック社会へ公開講座 (2020/1/15 建設・生活・環境・エネルギー1)

海洋プラ問題の第一人者である東京農工大学の高田秀重教授が基調講演する。行政担当者や新聞記者によるパネル討議によって、国内処理が急増している廃プラ問題の解決策についても議論する。

今回は「海洋プラスチックごみ汚染をはじめとする地球環境問題への解決に期待される国際標準―バイオプラスチック、セルロースナノファイバーと海洋生分解性評価方法の標準化」をテーマに、最先端の研究成果などが発...

首相は南シナ海の海洋プラスチックゴミ汚染に関し、海洋プラゴミによる新たな汚染を2050年までにゼロにする「大阪ブルー・オーシャン・ビジョン」への参画を呼び掛けた。

化学業界、技術革新で貢献 海洋プラスチック問題や気候変動問題への関心が急速に高まっている。... 各国が足並みをそろえざるをえなくなってきた」 ―海洋プラ問題や気候...

【バンコク=時事】世界で広がる海洋プラスチック汚染の抑止に向け、九州大学などがタイの大学と共同研究に乗り出した。... 世界の海洋プラゴミの3割が東南アジアから流出しているとみられる。

廃プラスチックのガス化ケミカルリサイクル技術で、CLOMAが目的とする海洋プラ問題の解決に貢献する。 荏原環境プラントは日揮と宇部興産、昭和電工とともに廃プラのガス化ケミカルリサイク...

【海洋プラ対策も】 2018年度はエンゲージメントの新規テーマとして海洋プラスチック問題や食の安全などを設け、19年度も続けている。海洋プラ問題ではレジ袋やストローに関連する投資先企...

国連工業開発機関(UNIDO)は「海洋プラスチック問題解決に向けた連携」セミナーを10月7日15時から国連大学本部(東京都渋谷区)で開く。

暮らし転換迫る海洋プラ 【魚が食べられなくなる!?】 ... (1)廃棄物管理(2)海洋ゴミの回収(3)イノベーション(4)能力強化―4点に焦点を当てた「マリーン(...

環境相・小泉進次郎氏 海洋プラ対策を世界へ 小泉進次郎環境相は6月の主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)の成果に触れ「海洋プラスチックゴミ対策は日本しかできない世界への貢...

おすすめコンテンツ

メカニズム展開で開発生産性を上げろ
品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

メカニズム展開で開発生産性を上げろ 品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

2021年度版 技術士第二次試験 
「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2021年度版 技術士第二次試験 「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第6版

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第6版

幾何公差<見る見るワカル>演習100

幾何公差<見る見るワカル>演習100

理系学生必見!! 
日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

理系学生必見!! 日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる