41件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.03秒)

6秒動画は気候変動の緩和策と適応策、プラスチックゴミや食品ロスの削減、雑がみリサイクル、ゴミ分別、不法投棄防止、野焼き禁止、生物多様性をテーマとする。3分動画は海洋プラスチックゴミ問題、エコレシピ、気...

海洋プラスチックゴミ問題の解決に役立てる。... 養殖などに使う漁具は、紛失や遺棄で海洋プラゴミになることが問題化している。... 海洋汚染に配慮した同材料の採用が広がることを期待する」としている。&...

モリト、廃漁網再利用のアパレル資材を開発 (2021/2/9 建設・生活・環境・エネルギー2)

深刻化する海洋プラスチックゴミ問題の解決やアパレル産業の環境負荷低減に貢献する。... モリトは海洋プラスチックゴミの約40%が廃漁網であることに着目。20年に資源再生事業を手がけるリファインバースと...

積水化成品工業やパナソニック、味の素などプラスチックを使った製品のメーカーやユーザーの19社と京都市産業技術研究所、徳島大学、海洋研究開発機構が参加。海洋プラスチックゴミ問題の解決に向け、2025年の...

原料にプラスチックや有機溶剤などを使わざるを得ない事情もあるが、国連の持続可能な開発目標(SDGs)に沿って環境負荷を低減するのは時代の要請だ。... 2019年に大阪で開かれた20カ国・地域(G20...

スイスの環境保全団体「レース・フォー・ウオーター財団」が、海洋プラスチックゴミ問題の啓発のために建造した船だ。... この機会を生かし、日本の多くの学生や企業人にも環境問題を啓発してほしい。 ...

プラスチック問題にどう取り組むか 7月21日付の「未来を変える」では、プラスチック問題の現状と見通しをご紹介した。プラスチック問題に対してどのような考え方で取り組むべきだろうか。&#...

「生分解性」課題解決の一助に 水とCO2に分解 カネカの「PHBH」を使用したストロ...

経営ひと言/UACJ・石原美幸社長「筋肉質な企業」 (2020/4/14 素材・医療・ヘルスケア)

他方、アルミニウム業界は「温暖化や海洋プラスチックゴミ問題を受けて需要が拡大している」。

大阪大学大学院工学研究科の麻生隆彬准教授と宇山浩教授らは、日本食品化工と共同ででんぷんとセルロースナノファイバーを使った、高強度で耐水性のある海洋生分解性プラスチックフィルムを開発した。... 海の微...

海洋プラスチックゴミ問題を背景に、プラスチック代替素材の需要が高まっている。... 現行のプラスチック包装フィルムのヒートシール特性や強度特性を維持したまま、プラスチック使用量を削減できる。また、植物...

海洋環境や生態系に大きな影響を与える海洋プラスチックゴミ問題などを受け、企業は環境経営としてプラスチックの削減やリサイクルに取り組む。... 優れた素材採用 紙に酸素・香りバリアー機能 ...

海洋プラスチックゴミ問題が深刻化する中、舩木俊之会長兼社長の指令を受け、経営戦略企画部が検討してきた。

同会は飲料用紙容器や段ボール、紙製容器包装、プラスチック容器包装を含む8種類の容器・包装材の3R推進にそれぞれ取り組む8団体で組織する。... アルミ缶や飲料用紙容器のリデュース、ペットボトルやプラス...

紙だけでパッケージング 日本製紙がヒートシール紙開発 (2019/11/14 素材・医療・ヘルスケア)

紙の製造技術と塗工技術を応用し、プラスチックフィルムを用いずにヒートシール性を付与した。 近年、海洋プラスチックゴミ問題を背景に、再利用可能で生分解性を有する素材への需要が高まってお...

フタムラ化学、バイオマスフィルム開拓 環境負荷を低減 (2019/10/22 素材・医療・ヘルスケア)

同フィルムは再生可能な資源を用いている上、土壌分解性と海洋分解性を併せ持ち、環境負荷低減につながる。... 6―12カ月で土壌で分解し、生ゴミ堆肥化装置では6週間程度で生分解される。... 海洋プラス...

環境意識が高まりつつある近年、植物由来プラスチック製品への移行を進めるなど対応を図っている。... 2018年3月の社長就任時に打ち出した、新たな価値を創造する『創発』というスローガンにも合致する」&...

開会式で安倍晋三首相(写真)が基調演説し、世界的な課題である海洋プラスチックゴミ問題にふれ「カネカが量産に成功した生分解性プラは我々を勇気づける」と紹介した。

三井物産プラスチック(東京都千代田区、森克則社長、03・6328・5000)は、バイオプラスチック事業を強化する。... 海洋プラスチックゴミ問題の深刻化や企業による関心の高まりもあり、生分解性樹脂を...

【執筆者】 三重大学 大学院 生物資源学研究科 教授 野中 寛  海洋プラスチックゴミ問題やそのマイクロプラスチック化の解決には、何より各国で回...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる