電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

6件中、1ページ目 1〜6件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

海洋分解性プラ 製造コストより強度課題 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が推進する政府の大型支援事業「ムーンショッ...

生分解性プラスチックは生分解性を高めると強度が出ないため、強度と生分解性の両立が難しかった。... 海洋分解性プラスチックは海中の微生物活性が低く、地上の分解性プラスチックより高い生分解性が求められる...

化学物質評価研究機構(東京都文京区、今田中伸哉理事長)高分子技術部の田口浩然主任らは、海洋分解性プラスチックの評価試験について実海域と研究室での評価法では乖離(かいり)...

北陸先端科学技術大学院大学の金子達雄教授らは、消化酵素のペプシンで分解するバイオナイロンを開発した。... 海洋ゴミになりやすい漁網や釣り糸への応用を目指す。 ... これまで海洋分...

2020年ごろに発行予定の新規格は、欧州先進国などが署名した「海洋プラスチック憲章」に基づく規制に引用される可能性もあり、日本の産業界も注視する必要がある。(藤崎竜介) ...

世界中で進む同問題の深刻化や企業による関心の高まりを受け、革新的な海洋分解性プラスチックなどの開発を促し2025―30年ごろの実用化を目指す。... プラスチックゴミによる海洋汚染は世界中で深刻化し、...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン