116件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

日本製鉄、チタン製ストロー寄付 ドバイ博日本館に (2020/12/15 素材・医療・ヘルスケア)

プラスチック製品ゴミが海洋生物に与える影響が懸念される中、繰り返し使用できる商品への関心が高まっている。

導電させることで海洋生物の付着を防げる。

「医療系4学部だけでなく、獣医学や海洋生命科学などの学部もあり、学部が一見雑多にあるようにみえるかもしれない。... 例えば、学内には水の研究者や海洋生物の視点から健康問題を考える研究者もいる。

硫化カルボニルの硫黄安定同位体比の分析から、人為起源と海洋起源を分けて評価することに成功した。... 硫化カルボニルの起源として海洋生物からの放出やバイオマスの燃焼、人為活動による放出などが挙げられて...

海洋プラ汚染解明 AIで検出高速・自動化 海には海洋生物だけでなく、生物にとって悪影響となる物質も存在している。... 海洋機構の海洋生物環境影響研究センターは、深海に沈んだ海洋プラ...

北海道大学北極域研究センターの研究グループは、気候変動が海洋深層に与える影響評価に成功し、水深の浅い表層に比べて影響を受けにくいとされていた深海の生物多様性も大きく変化する可能性を示した。... 近年...

数年前から海岸に大量のプラゴミが打ち上げられたり、鯨など海洋生物の体内からプラゴミが大量に出てくる、といった出来事から、プラゴミに社会の関心が集まるようになった。不適正な処理のため世界全体で年間数百万...

飯田製作所、PTFEと金属材接合 引っ張り強度90kg (2020/4/20 素材・医療・ヘルスケア)

摺(しゅう)動抵抗が少なく、配合することで耐摩耗性も向上する素材で、ロボットの駆動部や海洋機器、航空機向けなどに展開を目指す。... さらに、海水によるさびにも強く、海洋生物が付着しないため、船の構造...

JFEスチールと横浜市、海洋環境の改善へ連携協定 (2020/4/1 素材・医療・ヘルスケア)

JFEスチールは、海洋生物が生息しやすい環境づくりの取り組みで、横浜市と連携協定を結んだ。... 同市の臨港パークに面した海域で、実際にこうした取り組みを進め、海洋環境の改善や海洋資源の増加、生物多様...

日本郵船は、千葉工業大学と共同で、プラスチックゴミによる海洋汚染地図の作製に取り組む。... 海洋プラゴミによる汚染は生態系への多大な影響が懸念されているが、実態は解明されていないのが現状だ。... ...

「深海生物は海の表層から餌が落ちてくるのを待っている」と解説するのは、海洋研究開発機構生命理工学センター長の出口茂さん。 ... そのため「ザトウクジラのような大型生物が死に落ちてく...

海洋プラゴミ主材料のファスナー YKK、年内発売 (2020/1/20 建設・生活・環境・エネルギー)

YKKは、海洋プラスチックゴミを主材料としたファスナー「NATULON Ocean Sourced(ナチュロン オーシャン ソースト)」を2020年中に発売する。樹脂製のファスナーで、スリランカの海岸...

台湾南部沖に生息する魚類を調べ、新種を6種発見したと、黒潮生物研究所(高知県大月町)の小枝圭太研究員(33)が国際動物学誌ズータクサに発表した。... 小枝さんは「生物多様性の高さにびっくりした。.....

海洋生物をイメージしたデザインや独特な質感が特徴。

ウシオライティング、イスラエル製照明発売 店舗・ホテルなど向け (2019/10/29 電機・電子部品・情報・通信1)

アクア・クリエーションの製品は海洋生物に着想を得たデザインや、シルクやポリマーなどの素材を使用するのが特徴で、手作りで生産している。

プラスチックの破片などで海洋汚染の元になるマリンデブリ(海洋ゴミ)と、衛星やロケットの残骸で宇宙開発の妨げとなるスペースデブリ(宇宙ゴミ)の“片付け術”を探った。... 海洋研究開発機構海洋生物環境影...

ロボットが海洋生物の生態解明にも一役買いそうだ。... ロボットが海洋生物を追いかけてデータを集めることが可能になる。... ロボで海洋生物を自動追跡できると大型センサーを複数投入できるようになる。

人間活動により増え続ける二酸化炭素の排出が海洋の温暖化、酸性化、貧酸素化を招き、超大型台風のような異常気象や生物多様性の宝庫であるサンゴ礁の破壊などを引き起こしている。そして今、海洋環境をめぐる国際社...

佐渡汽船、今夏にダイヤ平常化 事故で減便の高速船 (2019/4/10 中小企業・地域経済2)

同社によると、海洋生物とみられる物体との接触事故を起こした高速船「ぎんが」の修理は、大型連休には間に合わないものの、夏休みの繁忙期までに完了する予定。

金属表面に導電性を持たせることで、海洋を航行する船舶や排水溝に貝殻などの海洋生物を付きにくくできる。

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
スポーツバイクメカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! スポーツバイクメカニズムの基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいSCMの本 第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいSCMの本 第3版

よくわかるデザイン心理学
人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

よくわかるデザイン心理学 人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

攻略!「射出成形作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「射出成形作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる