272件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

ロケットの場合は液体水素タンクや酸素タンク、エンジンの溶接や研削、組み立て工程を物語形式で見せる。

生産するH3用部品は、第1段エンジンと第2段エンジンの液体水素や液体酸素のターボポンプ向け部品。

再利用の液体は洗浄効果向上や硫化水素発生量低減などが見込める。

2020予測/エンジ3社、新分野に挑む (2020/1/6 機械・ロボット・航空機)

「水素に関わる事業展開を加速する。独自技術を活用して、ブルネイで調達した水素を液体にして日本に海上輸送し、気体の水素に戻して火力発電設備の燃料向けに供給するという実証を行っており、1月に実証運転を開始...

同チームの吉川真ミッションマネージャは「リュウグウで採取した試料の酸素と水素の同位体を調べることで、水の起源が分かるかも知れない」と期待する。 ... 水は飲料としてだけでなく、電気...

贈賞式では大賞に輝いたフジキン(大阪市北区)の「超高圧液体水素適合バルブ」をはじめ34件を表彰した。 ... 最後に、大賞を受賞したフジキンの野島新也社長は「今回受賞した超高圧液体水...

「水素スマートシティ神戸構想」を掲げる神戸市で、水素エネルギーの利活用拡大に向けたサプライチェーン構築が進む。... 水素ステーション用バルブ機器を手がけるフジキンは、バスなど大型車への高速充填を可能...

超高圧液体水素適合バルブ 極低温対応に逆転の発想 【水素社会見据え】 フジキン(大阪市北区)で、超高圧液体水素適合バルブの開発プロジェクトが立ち上がったのは2016...

大賞に輝いたフジキン(大阪市北区)の「超高圧液体水素適合バルブ」など、合計34件に各賞が贈られた。... 野島新也社長は「次世代の水素ステーションのキーパーツの一つになると確信している。より良い水素社...

アンモニアは燃焼しても二酸化炭素(CO2)を発生せず、水素と違い液化がしやすいため、低コストで運用ができる。... ガスタービンでは気体アンモニアをためるアキュムレーターや気化器を使用せず、液体アンモ...

水素液化機から液化水素運搬船、荷役基地、水素ガスタービン、ローディングアームなどの関連設備を一貫体制で開発。燃焼時に二酸化炭素(CO2)を排出しないクリーンエネルギーとして水素が注目される中、先進技術...

固体水素化ホウ素ナトリウム、日軽金が合成成功 (2019/11/5 素材・医療・ヘルスケア)

日本軽金属は、産業技術総合研究所と共同で、ホウ砂とアルミニウムを利用した水素化反応による固体水素化ホウ素ナトリウム(SBH)の新しい合成方法を開発した。... また、既存の工業製法では反応性が高く危険...

谷口商会/酸・アルカリ漏出検知テープ2種 (2019/11/4 新製品フラッシュ2)

谷口商会は工場の配管から酸性やアルカリ性の液体などの漏出を色の変化で検知する不織布テープを発売した。... 硫酸や塩酸など水素イオン濃度2以下の酸と、アンモニアやカセイソーダといった強アルカリや過酸化...

過酸化水素ガスで包装資材や充填機内を低温殺菌する。... 従来の液体過酸化水素によるウェット減菌方式で必要だった過酸化水素水を除去する乾燥工程を省けるため、生産効率を大幅に向上できる。 ...

私の流儀/フジキン代表取締役・小川洋史(6) (2019/10/29 中小企業・地域経済2)

【知恵出し合い難関乗り越える】 ロケット燃料の液体水素はマイナス253度Cの超低温で充填時の超高圧にも耐えなくてはならない。... このコア技術は後に、半導体製造装置用や燃料電池の超...

火星の水には地球の海水の3分の1程度の塩分と、カリウムイオンやマグネシウムイオンなどを含み、水素イオン濃度(pH)が中性で、生命の生存に適したものであったことが分かった。 ... こ...

モノづくり日本会議と日刊工業新聞社は「第16回/2019年超モノづくり部品大賞」の大賞にフジキン(大阪市北区)の「超高圧液体水素適合バルブ」を選出した。水素は液化すると体積が気体の800分の1になり、...

●受賞部品 《総合1参照》 各賞とも応募受け付け順 【超モノづくり部品大賞】 ◇超高圧液体水素適合バルブ フジキン 【モノづくり日本会議 共同議長...

燃料電池の改質触媒に適用 【安定操作可能に】 高効率分散電源として導入が進む家庭用固体高分子形燃料電池(エネファーム)は、都市ガスなどの炭化水素系燃料を改質触媒充填...

カーリットHDはダイヤモンドや窒化ケイ素などの硬い粒子を20―40%の高濃度で液体中に分散できる独自技術を持つ。... また、自社開発装置を使い、水素水と超音波による薬剤を使わない洗浄技術の開発も進め...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいエントロピーの本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいエントロピーの本 第2版

技術士第二次試験 
「建設部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「建設部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験「機械部門」完全対策&キーワード100
第5版

技術士第二次試験「機械部門」完全対策&キーワード100 第5版

技術士(第一次・第二次)試験 
「電気電子部門」受験必修テキスト
第4版

技術士(第一次・第二次)試験 「電気電子部門」受験必修テキスト 第4版

技術士第二次試験 
「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第5版

技術士第二次試験 「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第5版

技術士第二次試験 
「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる