151件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

三菱製紙、不妊治療分野を本格開拓 閉鎖型軸に拡販 (2021/5/18 素材・医療・ヘルスケア)

開放型は冷却に用いる液体窒素との接触による感染リスクがあるが、キャップをするシンプルさが特徴。

【液体窒素冷却】 超電導とは物質の温度を臨界温度以下に下げると電気抵抗がゼロになる現象である。... また、1986年に銅酸化物高温超電導体が発見され、世界中で冷媒として液体ヘリウム...

クライオセラピーは液体窒素を用いてマイナス50度―マイナス100度C(冷気吹き出し口の温度)といった超低温下で冷気を発生させた超低温キャビン内に、2―3分程度入る全身冷却療法。... 同装置は液体窒素...

現状は液体ヘリウム温度での動作だが、液体窒素温度(77K〈Kは絶対温度、0Kはマイナス273度C〉)や室温環境での動作の実現も目指す。

保管するタンクの監視装置をインターネットに接続しており、タンク内の温度や液体窒素の残量をパソコンやタブレット端末から確認できる。... また、液体窒素供給ユニットやタンクを絵で示し、併せて各データを画...

赤く染色した有機溶媒と水の混合液体を同材料にかけることで有機溶媒と水を分離するデモを実施した(写真)。... 同材料は液体窒素を含むことも可能。液体窒素を含んだ同材料で低温保存が必要な生体試料を包み持...

液体窒素を用いた設備機器を導入し、マイナス150度Cでの保管、輸送環境を整備。

培養した歯髄幹細胞は、小型の保存容器に小分けし液体窒素保存容器に入れ、マイナス150度C以下の超低温で冷凍保管する。

真空断熱構造で超低温を維持する細胞保存容器や、遠隔コントロール可能な液体窒素自動供給装置など、臍帯血を液体窒素温度下で適切に長期間管理するための施設を新設する。

バンド間遷移によるLDは波長が長くなるほど動作温度を低くしなければならず、3マイクロ―4マイクロメートルの長波長域では液体窒素による冷却が必要となる。

産業技術総合研究所や九大の研究グループは、液体窒素を利用した高温超電導体を利用し、断面積1平方ミリメートルの線材に600アンぺアの電流を流せる線材を開発。

天井部に液体窒素に漬けた超電導体を用意し、ビーチボールの上に取り付けたネオジム磁石との間に生まれる磁力を調整し、宙に浮かせた。

化学工場や製鉄所などのプラントの多くは窒素ガスや液体窒素を使っている。今回の実証実験では、プラント内の既存の冷熱として使われている液体窒素を利用し、超電導ケーブルを冷却する。

高温超電導で新たな世界開く 【広い分野に応用】 高温超電導材料の中には、液体窒素温度で超電導を示す材料があり、広い分野に応用できることから、エネルギー問題を解決する...

一見結びつかないが、液体窒素による凍結技術が背景にある。 2009年には生体試料の取り違えを防ぐための全自動凍結保存システム「クライオライブラリー」を、15年には液体窒素の蒸発量を抑...

三井倉庫HD、検体試料など保管・輸送 一貫サービス参入 (2019/1/31 建設・エネルギー・生活2)

沸点がマイナス196度Cの液体窒素を用いる極低温環境で、医薬品の製造・品質管理基準(GMP)に準拠した物流を提供する。

半導体製造で使われる高機能冷媒や液体窒素、液化二酸化炭素(CO2)などの流量を、電磁石で開閉する電磁弁で高精度に制御する。

半導体製造で使われる高機能冷媒や液体窒素、液化二酸化炭素(CO2)などの流量を、電磁石で開閉する電磁弁で高精度に制御する。

新報国製鉄、“ゼロ熱膨張合金”提案 宇宙関連産業向け (2018/11/29 素材・ヘルスケア・環境)

液体窒素が気化するマイナス196度Cが最低ライン」(鎌田貴幸執行役員)であることから、より極低温領域での特性を評価中。

大日印、再生医療向けプラ容器 ヒートシール方式で密封性高く (2018/9/20 電機・電子部品・情報・通信2)

容器は液体窒素を使ってマイナス150度Cで凍結しても割れない。... キャップやゴム栓を使う従来の容器は、キャップのすき間から液体窒素が侵入して細胞や組織を汚染したり、急激な温度変化によりチューブが破...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる