159件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

 岩谷産業と川崎重工業、関西電力、丸紅の4社は15日、豪州のスタンウェル、APTマネジメントサービシーズの2社と、再生可能エネルギー由来の「グリーン液化水素」を大規模に製造・液化して日本へ輸出するサプ...

磁気冷凍材 高効率で水素液化  水素社会の実現に向けて水素の運搬・貯蔵技術の開発が急務となっている。液体水素はその一つの有力な候補であるが、液体水素供給コストの3...

日本はアンモニア混焼・専焼発電で30年に300万トン、50年に3000万トン必要だ」 「天然ガス火力に代替した水素燃焼発電も欧州で具体化してくる。日本企業が進める液化水素やMCH(メ...

ENEOS、水素で存在感 MCH技術・海外供給網 (2021/8/30 建設・生活・環境・エネルギー)

4テーマのうち「液化水素サプライチェーンの大規模実証」は、日本水素エネルギー(川崎重工業100%子会社)、岩谷産業と共同で行う。海外で年間数万トンのCO2フリー水素を製造し液化水素として海上輸送。.....

商用水素のサプライチェーンや水素を化学品の製造に使う技術の確立など11テーマに取り組む。... 川崎重工業や子会社の日本水素エネルギーなどが液化水素のサプライチェーンを実証する。... 水素製造から液...

「GI基金」における具体的なプロジェクトとして、航空機関係では、液化水素燃料貯蔵タンクやエンジン燃焼器など、「水素航空機」に必要なコア技術の研究開発・社会実装に向けた支援を検討する。 ...

液化水素運搬船や水素の貯蔵タンクなどを手がけており、渡辺達也専務執行役員は「(統合後の)新カンパニーは水素分野でのシナジーを創出する」と強調する。

IHIはJAXAと共同で、液化メタンを燃料に使うエンジンの開発に取り組んでいる。液化水素よりも保存性に優れる燃料で、機体システム全体の小型・軽量化を見込める。... 液体水素やケロシンに代わる燃料とし...

ENEOSがオフィシャル水素「ENEOS水素」を供給する。... 夢の大橋で使用する水素は、液化水素を外部調達する。 ... 同社の水素製造出荷センター(横浜市中区)か東京大井水素ス...

岩谷産業、グリーン液化水素の国内製造 事業化検討 (2021/7/7 建設・生活・環境・エネルギー1)

岩谷産業はカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)の「グリーン液化水素」の国内製造について事業化の検討を始めた。... 国内で「グリーン液化水素」の製造を事業化した例はなく、実現すれば国内初...

水素の輸送にはマイナス253度Cで液化させることが必要だ。「99・999%の純度でないと液化しない。... 年度内に液化水素の海上輸送実証が始まる。

23年度までにCO2フリー水素は豪州で製造・液化・輸入の事業化を検討。... 国内は水素ステーションを30カ所増やして83カ所とするほか、関東に新たな液化水素の製造拠点を設ける。 ....

30年に水素の液化・出荷基地や受入基地を中心に事業規模を拡大する。... 液化水素運搬船を商用化して水素サプライチェーンを担うとともに、水素利用に必要な技術も蓄積する。水素燃料を使う航空機の開発が進む...

液化水素燃料貯蔵タンクやエンジン燃焼器など、水素を燃料にして飛行する「水素航空機」に必要な中核技術を確立する。2035年以降に本格投入が期待される水素航空機への技術の搭載を目指す。 ...

岩谷産業、川崎重工業など7社が参加する技術研究組合「CO2フリー水素サプライチェーン推進機構(ハイストラ)」は24日、神戸市中央区の液化水素荷役実証ターミナル「Hy touch神戸」と液化水素運搬船「...

液化水素運搬船の商用化をはじめとする水素分野の中核組織で成長力が問われる。... 水素の製造から運搬、利用まで携わる。... 水素の需要が見込まれる中で、水素向けのタンクを坂出とともに播磨工場(兵庫県...

川崎重工業は坂出工場(香川県坂出市)を大型液化水素運搬船の建造拠点として整備する。小型の実証船では播磨工場(兵庫県播磨町)で水素タンクを製造し、神戸工場(神戸市中央区)で建造したが、液化石油ガス(LP...

川重など、シンガポールに液化水素設備検討 (2021/5/13 機械・ロボット・航空機1)

シンガポールのケッペル・データセンターズと川崎重工業、商船三井など5社は12日、ケッペルグループの現地のデータセンター(DC)向けに、液化水素の供給インフラを開発することを検討すると発表した。調達先で...

川重、液化水素の輸送設備開発 舶用で容積4万㎥ (2021/5/11 機械・ロボット・航空機2)

川崎重工業は大型の液化水素運搬船に搭載する貨物格納設備(搭載イメージ)を開発した。マイナス253度Cに冷却することで、体積が800分の1の液化水素を大量輸送できる。... 今後、水素の利用拡大が見込ま...

重工、成長分野に集中 新エネ・IoT・AIフル活用 (2021/5/4 機械・ロボット・航空機)

次世代燃料として有力視される水素など、環境対応に必要な技術を持つ海外の新興企業にも相次いで出資している。... 川崎重工業は液化水素運搬船など、水素サプライチェーン(供給網)構築を目指しており、坂出工...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる