388件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

メタン発酵の残さを堆肥に マルトー、再生処理システム製品化 (2020/3/26 建設・生活・環境・エネルギー1)

福岡県久留米市にあるバイオガス発電所のメタン発酵工程で3月末から本格稼働する。... システムは発酵促進により消化液を減容する混合撹拌機や、発酵菌を活性化する再生発酵機で構成する。... 消化液は混合...

安藤ハザマ、次世代エネ実証 工場・現場の電力融通管理 (2020/3/25 建設・生活・環境・エネルギー2)

水素燃料の混合・切り替えが可能な燃料電池、水素燃料を混合可能なガスエンジン発電設備によるコージェネシステムと大容量ナトリウム硫黄電池を組み合わせた発電プラントを設置し、発生する熱を同じ敷地の二つの宿泊...

ヤマハファインテック/水素トレースガス自動生成 (2020/3/23 新製品フラッシュ2)

混合ガス中の水素濃度が一定以上に高まると吐出を停止。停止時は内部に残留した水素を窒素と混合しながら排気するなど安全対策を備える。供給不足で価格が上昇しているヘリウムガスの代替需要を狙う。

ガスエンジンの失火検知やプレス加工時の亀裂検知など汎用性が高い。... 静的混合器は配管に設置するだけで液体を混合し、従来より小型で効率良く混合できる。... 2個のチューブの鍔同士を接続するとガスケ...

混合プラゴミをエチレンに 住友化学、室蘭工大と研究 (2020/3/5 素材・医療・ヘルスケア)

混合プラを短いプロセスで基礎原料に分解する技術は、まだ実用化されていない。... 同触媒群はそれぞれ、混合プラをエチレンやプロピレンなどの任意のモノマー(樹脂の最小構成単位)へ高選択率で分解する。.....

混合ガス中の水素や、酸性やアルカリ性水溶液中の水素など、気体、液体の両方の環境で測定できる。... 水素透過金属膜を利用することで従来のセンサーでは測定できなかった、可燃性ガスや水蒸気を含む混合ガス中...

【浜松】ヤマハファインテック(浜松市南区、仲田泰弘社長、053・467・3600)は、自動車の燃料タンクや食品容器などの漏れを検査するための水素・窒素混合ガス(水素トレースガス)の自動生成装置「YMH...

ノリタケ、鋳造用コア5割増産 国内2工場体制 (2020/2/24 機械・ロボット・航空機)

セラミックコアは高温中での形状安定性が高く、ガスタービン発電機やジェットエンジンの羽根車(インペラー)の鋳造用に用いられる。ノリタケでは特にガスタービン向けの需要拡大に期待する。... 鋳造用は成形後...

第3の方法は重油燃料をSOXがほとんど出ない液化天然ガス(LNG)に代替することだ。 ... LNGを燃料とする主機関は拡散燃焼方式で低速2サイクルの「ME―GI」、希薄予混合燃焼方...

東邦ガスが小型炉向け水素バーナー ノズル改良で耐久性 (2019/12/24 機械・ロボット・航空機1)

ノズル構造を水素仕様に改良し、水素ガスを燃料に用いても安定した着火性や保炎性、耐久性を実現。... 新バーナーは燃焼しやすい水素ガスと燃焼しにくい都市ガスの燃焼性の違いを考慮し、水素ガスと空気をノズル...

力や振動を電気に変換する「圧電材料」と有機化合物の混合物を粉砕機に入れ振動させ、発生した「ピエゾ電気」によって化学反応が促せることが明らかになった。... これらの反応は精製した有機溶媒を使い、窒素ガ...

すでに出力2000キロワット級のガスタービンで、燃料に占めるアンモニア比率20%の混焼実験に成功済み。今後は混焼比率をさらに高めて50%以上にすることや、商用化に向けた大型ガスタービンの展開研究を進め...

【危険性を把握】 そのため「顧客のダストを理解し、炭カルの混合比を最適にすることが必要だ」(平塚社長)と考え、集塵機にたまったアルミなどのダストの危険性を把握した上で混ぜる炭カル量を...

予熱用バーナーによる燃焼ガスと超音速ジェット用の酸素を混合させる直接燃焼方式で、高温の酸素を生成する。

明電舎、ALD成膜を実用レベルに RTRフィルム装置導入 (2019/10/3 電機・電子部品・情報・通信1)

明電舎は、オゾンとエチレンガスによる原子層堆積(ALD)でフィルムに成膜したサンプルの大きさを、実用レベルに引き上げる。... 明電舎のオゾン発生装置「ピュアオゾンジェネレータ」で生成したオゾンと、エ...

国際海事機関(IMO)による環境規制強化で天然ガスを燃料とする新世代エンジンが注目を集める。IHI原動機は予混合・希薄燃焼技術を採用、窒素酸化物(NOx)低減装置不要で規制をクリアするデュアルフューエ...

水を光分解した混合ガスから水素を分離するモジュールの開発も、将来の大規模化に向けた重要なステップを迎える。... 水素と酸素は両方とも爆発的に燃焼する反応性の高いガスのため、混合した状態で取り扱うのは...

三井E&S、ガスコージェネの新機種 積水化学に納入 (2019/8/29 機械・ロボット・航空機2)

三井E&Sマシナリー(東京都中央区、高橋岳之社長、03・3544・3950)は、積水化学工業の滋賀水口工場(滋賀県甲賀市)向けに、ガスタービンコージェネレーション(熱電併給)システムの新機種「MSC6...

具体的には、風力発電由来の電力を製造した水素を高熱量の成分を比較的に多く含むガスに混合する。これにより都市ガスに似た熱量に調整した水素混合ガスを製造し、家庭や企業などに供給・利用できるかを確認する。&...

複雑な装置が不要で、毒性の高いガスや試薬を使わず反応を制御でき、コストも低い。 ... クロロホルムと、その安定化剤であるアルコールとの混合液に、酸素を吹き込みながら紫外光を照射する...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる