175件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

日産自動車は次世代生産システムを導入し、エンジンのみで駆動する車やEVを混流生産する。... 一方、世界最大の電子機器製造受託サービス(EMS)の鴻海精密工業がEV生産に乗り出すなど新規参入が相次ぎ、...

住友建機は国内主力の千葉工場(千葉市稲毛区)で、2020―22年度に合計120億円を投資して生産性向上を急ぐ。... 住友建機は海外では中国とインドネシアに工場があり、千葉工場は国内向けと米国など向け...

異なるワークを同時に洗浄・乾燥できるので、多品種混流生産が可能。

製造ラインは混流生産であるため、一つのAIモデルで複数の生産品目に対応する必要がある。... 生産品目に依存しないデータ抽出に苦労した」と話した。

ただ当面の生産は半分程度に留める方針。... ただ「混流生産で柔軟に対応する」(広報担当者)と、現時点では業績に与える影響は想定していない。 日産は国内工場の生産を一部休止した。

生産を統括する菖蒲田清孝取締役専務執行役員に聞いた。 ... 従来から生産要件を設計構造に織り込むために生産と開発が協力することはあったが、消費者の視点が抜けていた。... 「やはり...

月産能力2万台の工場で、トラックを含む7車種を混流生産。黎明(れいめい)期のコンピューター「IBM650」を導入し、1台分の部品をキット化して供給するなど、最先端の生産管理を実現した。 ...

その最前線が風力発電や鉄道車両など、多品種少量の産業機械向け軸受を生産する藤沢工場桐原棟(神奈川県藤沢市)だ。... 円筒ころや円すいころなど軸受の種類によらず混流生産する。... 直径180ミリメー...

宇品工場西地区(広島市南区)の組み立てラインでは、従来型ガソリンエンジンとの混流生産が始まっている。... スカイアクティブX(以下X)はここで、ガソリンエンジンの「スカイアクティブG(以下G)」や「...

(山岸渉) 自動車業界で“スモールプレーヤー”と自認するマツダが大手に対抗するため、磨いてきたのが混流生産といった柔軟なモノづくり力だ。例えば「計画順序生産」。... 柔軟な生産ライ...

富士電機、三重で自販機混流生産 IoT導入、人員配置柔軟に (2019/10/31 電機・電子部品・情報・通信1)

2020年初頭に既存ラインから、本体と扉の混流生産ラインへ入れ替える。... そのうちの1本を入れ替えて、ほぼ混流生産できるラインを導入する計画。 ... 自販機のマザー工場として生...

【金沢】PFU(石川県かほく市、半田清社長、076・283・1212)は、5年以内に組み込みコンピューター製品の完全な混流生産化を目指す。... すでに1ラインを混流ライン化した。新混流ラインは、まず...

ロボットの習熟も進み、生産機数がさらに2倍になっても対応できる。... 生産数が増えても生産コストはそれほど上がらない。今後はロボットの混流生産対応もテーマ。

シチズン時計は普及価格帯腕時計の生産自動化を推進する。... 佐久工場の腕時計の組み立て生産量は月10万個規模。... 複数台のロボシステムで混流生産も可能だ。

テクノダイナ、米製クランプ投入 異なる板厚、1台で対応 (2019/1/10 機械・ロボット・航空機2)

自動車用シャシーの混流生産などで、異なる板厚にも自動補正機能により1台で対応でき、生産性向上につながる。 異なるシャシーを単一ラインで混流生産する場合、従来はそれぞれの材料や形状に応...

物流面に課題のある大物部品は現地生産が基本となるため、トヨタ系とマツダ系が協力して効率化を目指す。 ... トヨタはカローラをすでに米国で生産しているが、マツダは米国に工場がないため...

複数車種の混流生産に対応した治具では800点ほどになるという。... モジュール設計は生産面でも、コンピューター利用製造(CAM)による加工データの種類を減らせる。

NECプラットフォームズ(東京都千代田区、保坂岳深社長、03・3259・1311)は、製造業や倉庫業などさまざまな現場で人の動きを可視化し、業務の改善・生産性の向上を支援する「人動線モニタリングサービ...

工場も一品一様が得意、混流生産に強い、ライン生産主体などの差がある。... 生産技術などの意見交換も進める。... 三菱ブランドのエンジンフォークリフトの一部生産は京都から滋賀の混流生産ラインへ移管。

もう一つが生産技術の確立。トラックは各車型を同一ラインで生産する混流生産が主流。ディーゼルエンジン車と同じラインで電気トラックを生産するため、生産ラインが複雑化する。

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる