672件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.023秒)

温室効果ガス削減に向け、米西部カリフォルニア州などでも同様の動きが広がっている。 ケベック州は温室効果ガスを30年までに1990年比で37・5%削減するため、67億カナダドル(約54...

積水ハウスはサプライヤー(調達先)に対し、温室効果ガス排出削減目標の設定や再生可能エネルギーの導入を呼びかける。... 温室効果ガス削減はSBT認定を取得できる目標策定を呼びかける。... 積水ハウス...

革新的な温室効果ガス削減技術の社会実装を急ぐため、数値目標を定めて研究開発を加速させる。温室効果ガスの排出量を、2050年までに実質ゼロとする目標に向けたイノベーションの創出を、国際競争力の強化につな...

菅義偉首相が26日、就任後初となる所信表明演説で、温室効果ガスの排出量を2050年に実質ゼロにする新目標を打ち出した。... 減速航海の拡大による省エネ化や船型最適化、液化天然ガス(LNG)のような代...

非鉄、再生エネ転換加速 温暖化対策に動く (2020/9/22 素材・医療・ヘルスケア)

(山下絵梨) 三菱マテ バイオガスで発電 三菱マテリアルは食品廃棄物のバイオガス発電プラントを展開する。... JX金属 供給網全体でCO2削減 ...

温室効果ガス排出ゼロの“脱炭素”実現に意欲を示す企業が増え、国際社会での存在感を取り戻している。... (編集委員・松木喬) 石炭政策 抜本転換 温室効果ガス削減 強化―159社賛同...

イオンと米ダウ・ケミカル、カーボンプロジェクト締結 (2020/8/6 建設・生活・環境・エネルギー2)

イオンと米ダウ・ケミカルは温室効果ガス削減のため、カーボンプロジェクト協定を結んだ。... イオンは肉や鮮魚の鮮度保持期間の延長を図るほか、輸送時の商品保護機能の向上に伴う食品廃棄削減を狙う。実際に削...

原子力発電所の再稼働が進まない中、政府の温室効果ガス削減目標を達成するには再エネ比率を大幅に引き上げる必要があると主張している。

3月末に、温室効果ガス排出量を2030年度までに15年度比63%削減すると発表。... 世界のトップ企業と遜色ない目標レベルまで高めた」 ―これまでの温室効果ガス削減の実績は。...

その道筋として30年に温室効果ガス(GHG)排出量から削減貢献量を引いた「GHGインパクト」で半減を設定した。... 例えば、19年6月にアフリカ東部・モザンビークの液化天然ガス(LNG)開発事業に投...

生産の効率化などを通じ、環境対応としての省エネルギー化、温室効果ガス排出の削減も進める。... 【用語】低炭素社会実行計画=経団連が主導し、経済界が業界単位で取り組む温室効果ガス削減の取り組み。......

環境省は14日、2018年度の日本の温室効果ガス排出量(確報値)が前年度比3・9%減の12億4000万トンとなり、集計を始めた1990年度以来、最少となったと発表した。... 13年度比では12・0%...

ファミマ、アイスコーヒーにストローレスのフタ プラ削減を加速 (2020/4/6 建設・生活・環境・エネルギー)

これらの取り組みで2020年度に前年度比約110トンのプラスチック削減を見込む。 ... ファミリーマートは「プラスチック対策」、「温室効果ガス削減」、「食品ロス削減」をテーマに「フ...

どんな効果をもたらしていますか。 ... 多くの産業分野において温室効果ガス削減の目標が明確になったほか、技術革新やイノベーションの促進にもつながった。

技術で省エネを推進し、全社で30年度に温室効果ガス(GHG)を13年度比30%削減する野心的な目標の達成につなげる。 ... 触媒処理に置き換えることで、大幅な省エネ効果を見込める。...

年間1881トンの温室効果ガス削減を見込む。

2019年12月に新体制が発足した欧州連合(EU)の欧州委員会は「欧州グリーンディール」を重点課題に位置付け、2050年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロにする目標を掲げた。その中間目標として30年の...

THIS WEEK (2020/2/24 総合2)

24日(月)友引 振替休日 ■政治・経済 ▽国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長が来日(28日まで) 25日(火)先負 ■政治・経済 ▽1月の企...

代表例が普段は温室効果ガス削減、災害時は非常用電源になる再生可能エネルギーだ。

ソニーやパナソニック、リコー、富士通、NTTドコモなど142社が参加する「気候変動イニシアティブ」は4日、温室効果ガス削減目標の強化を求めるメッセージを発表し、環境相や経済産業相などに提出した。......

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる