2,673件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.013秒)

炭素価格付け早期導入を JCLPが意見書、気候変動対策に効果 (2021/7/30 建設・生活・環境・エネルギー)

温暖化対策の強化を訴える企業189社が参加する「日本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)」は、二酸化炭素(CO2)の排出量に応じて費用負担するカーボンプライシング(CP、炭素の価格付け)の早期...

環境省と経済産業省は26日、有識者が参加する合同会議を開き、産業や業務など各部門別の2030年度までの二酸化炭素(CO2)排出削減目標を示した地球温暖化対策計画案を公表した。... 現在の6%減の目標...

11月に気候変動対策の国際会議「COP26」が開催される。... 温暖化対策は、2050年のカーボンニュートラル達成が真に目指すべき目標であり、30年はその途上に過ぎない。

IHI、宇宙用極低温冷凍冷蔵庫 バイオ医薬用に応用展開 (2021/7/26 機械・ロボット・航空機1)

地球温暖化対策として二酸化炭素(CO2)排出削減が叫ばれる中、ドライアイスの原料を十分に調達できず供給量が減少しており、新たな保管技術が必要という。

温室効果ガス排出量を実質ゼロにする脱炭素に向け、地球温暖化対策ビジネスが同53・7%増の63兆円と拡大するため、前年の予測値よりも3兆円ほど上方修正した。 報告書は温暖化対策、廃棄物...

問い合わせは温暖化対策統括本部SDGs未来都市推進課(045・671・4371)へ。

【カルガリー(カナダ西部アルバータ州)=ロイター時事】英蘭系石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルは、地球温暖化対策の二酸化炭素(CO2)の回収・貯留(CCS)事業をカナダ西部アルバータ州エドモントン近郊で...

大阪府が3月に発表した「地球温暖化対策実行計画」では2030年度の府域の温室効果ガス排出量を13年度比で40%削減することを掲げる。

自主的に取引できる炭素排出権市場の拡大を目指す民間のタスクフォースは今年、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」に基づく目標達成には、炭素市場を15倍に拡大させる必要があると表明。

沖縄電、りゅうせきと脱炭素で連携 (2021/7/9 建設・生活・環境・エネルギー)

りゅうせきは石油製品の販売などを主力としており、両社で緊密に連携・協力して脱炭素や地球温暖化対策に取り組む。

パッケージ化して展開することを想定している。産業セクターの場合、排ガスでいろいろな成分が出てくるので、吸収液の技術的なメニューを拡充する必要がある」 ―親会社の三菱重工業が日本IBM...

二国間クレジット、Jパワーなど11事業を採択 環境省 (2021/7/5 建設・生活・環境・エネルギー)

環境省は設備費の一部を補助して海外での温暖化対策事業を支援する「二国間クレジット制度」(JCM)にJFEエンジニアリングやJパワーなど10社が提案した11事業を採択した。

これにより、気候変動対策の強化が不可避となりそう。... メガバンク 投融資計画の開示条項、定款に規定求める声 「(温暖化対策の国際的枠組み)パリ協定の目標とは全く整合していない」。...

市場の活性化で民間主体でのCPの取り組みを加速させ、国全体で二酸化炭素(CO2)削減への取り組みを進める。... 具体的には、温室効果ガス削減量を国が認証し取引可能にした「J―クレジット」で質を確保し...

共同声明を受けて政府は17日、温暖化対策の国際ルール「パリ協定」の目標達成に向け日本企業によるインフラ輸出の支援戦略を改定。排出対策が未実施の新規石炭火力の政府支援をしないことを示した。 &#...

15年環境省地球環境局地球温暖化対策課長、20年環境再生・資源循環局次長。... 11年環境省地球環境局地球温暖化対策課長、18年福島地方環境事務所長。

国際エネルギー機関(IEA)は、世界が50年までに温暖化ガスの排出を実質ゼロに減らす「ネットゼロ」の達成には、クリーンエネルギー転換用の銅を含む重要鉱物の需要は40年時点で20年比6倍が必要という。地...

大王製紙の若林頼房社長は「民間企業と自治体、金融機関の三位一体で、地域のカーボンニュートラルを目指すもので、地球温暖化対策のモデルケースになる」と強調。

経済活動の再開で需要が拡大する一方、地球温暖化対策のために政府や投資家が産油企業に開発投資を抑制するよう圧力をかけることで、供給量が増えにくくなるとみる。

官民1兆円の投資誘発 環境省は15日、日本企業による海外での温暖化対策事業を支援する「二国間クレジット制度(JCM)」を拡充すると発表した。... 企業はビジネスを展開しながら、自社...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる