2,581件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.024秒)

JCM制度とSDGs紹介 環境省がシンポ (2021/1/12 建設・生活・環境・エネルギー2)

環境省は26日14時から、気候変動対策と持続可能な開発目標(SDGs)をテーマとしたシンポジウム「JCM×SDGs」をオンライン形式で開催する。... また、伊藤忠商事などの担当者が、海外の...

就任初日の20日には、最重要課題に掲げる温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」への復帰を正式表明する見通し。... バイデン政権が真っ先に着手するのが温暖化対策に関する外交。... 今年11月に予定される...

温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」への復帰を決めるなど環境問題への取り組みを重視する。... 2050年の温室効果ガス排出実質ゼロに向け、地球温暖化対策への積極的な姿勢を示している。 ...

にっぽん再構築/「脱炭素」―世界が投資合戦 (2021/1/4 建設・生活・環境・エネルギー)

バイデン氏は気候変動対策に意欲的だが、新型コロナウイルス対策や「社会の分断」といった目の前の課題もある。... 温暖化対策の国際ルール「パリ協定」で「排出量と吸収量を均衡させる」と明記され、脱炭素が世...

(3)新型コロナ対応では公的支援に頼らず、自社で対策を打つことが必要。... 生産性を向上し、資金を蓄え、こうした対策に生かせばよい。... こうした技術は世界の温暖化対策の切り札になるはずだ。

経営ひと言/イオン・三宅香執行役「消費者も感覚を」 (2020/12/28 建設・生活・環境・エネルギー)

地球温暖化によって農作物の栽培地が変わっており、日本で食糧を調達できなくなる恐れがある。 ... 企業も消費者も温暖化対策があれば、憂いなし。

米国もバイデン次期大統領が地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」への復帰を明言している。日本でも風力発電へ積極投資する動きが活発化しており、今後の需要拡大が見込める。 &#...

【A】温暖化対策の一つで排出した二酸化炭素(CO2)に価格をつける制度です。... また、炭素税の税収を再生可能エネルギーの普及や災害対策に使えば、日本全体の気候変動対策になると主張する研究者もいます...

環境省、JCMに2事業採択 (2020/12/22 建設・生活・環境・エネルギー2)

環境省は日本の技術を活用して海外の温暖化対策に貢献する「二国間クレジット制度」(JCM)に富士・フォイトハイドロ(川崎市川崎区)などが提案した計2事業を採択した。

東芝の環境目標が、NGO主導の国際的な活動「サイエンス・ベースド・ターゲッツ(SBT)」から温暖化対策の国際ルール「パリ協定」に貢献する目標として認められた。

気候変動・環境の分野では、温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」への復帰など国際協調する方針を打ち出している。

コロナ後を見据えた成長を促すため、地球温暖化対策やデジタル変革(DX)につながる投資をする企業を対象に、法人税を控除する新たな制度を設ける方向で調整している。

報告書では「温暖化対策の国際ルール『パリ協定』の2度C目標が達成された場合(21世紀末の世界平均気温が2度C上昇するシナリオ)」と「追加的な緩和策を取らない場合(同気温が4度C上昇するシナリオ)」の二...

現在のトランプ政権での方針を大きく転換し、気候変動や環境、新型コロナウイルス感染症などのパンデミック(世界的大流行)への対策を重視する政策を提案しているとした。... バイデン政権は温暖化対策の国際的...

地球温暖化への危機感は世界規模で広がっている。米大統領選で勝利を確実にしたバイデン前副大統領が温暖化対策の枠組み「パリ協定」への復帰を明言するなど、次の4年間は脱炭素化の流れが大きなうねりとなる。.....

地球温暖化対策とエネルギーコストの削減を両立でき、企業は社会的な責任を果たしつつ競争力強化につなげることが可能だ。... 17年から外食企業主体の環境問題解決を目的に、3社で省エネ化機器の開発に着手し...

ファミリーマートは2017年4月から大豆ミートのキーマカレーなどを商品化してきた。... 当時は代替肉の認知度は低かったが生活習慣病の予防対策、地球温暖化対策、たんぱく質の摂取不足に対応できる素材とし...

バイデン氏は2050年の温室効果ガス排出実質ゼロを目標に掲げ、米国を地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」へ復帰させる見込みだ。 ... さまざまな地球規模課題の顕在化、科学研究のグ...

また、新設の気候問題担当の大統領特使に就任するケリー元国務長官は、バイデン氏が2021年1月の大統領就任初日にも地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」に復帰する意向を表明していることを「正しい」と称賛...

トランプ政権が脱退した地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」復帰を目指すバイデン氏は、同協定に署名したケリー氏を気候特使に起用。

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
スポーツバイクメカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! スポーツバイクメカニズムの基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいSCMの本 第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいSCMの本 第3版

よくわかるデザイン心理学
人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

よくわかるデザイン心理学 人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

攻略!「射出成形作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「射出成形作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる