237件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

時代の流れとして、国土強靱化の事業にデジタル化が生かされている」 ―測量に人工衛星を活用しています。 「人工衛星を活用することで、誤差の少ない測量ができる。国土地理...

政府は10日、2010年に打ち上げた地球上の位置と時刻を正確に特定できる準天頂衛星「みちびき」初号機の後継機を10月25日に打ち上げると発表した。... 衛星測位は、人工衛星からの信号を受信して地球上...

衛星を複数連携させた「衛星コンステレーション」の構築、月・火星探査などへの取り組みをより促進させる。 ... 内閣府では準天頂衛星システムの開発・整備・運用に278億円を盛り込む。....

例えば、通信が途絶した環境で情報を伝達するには、スマートフォンを使ったアドホック通信や、準天頂衛星といった手段がある。

MMSは準天頂衛星システムと自動運転をつなぐ要だ。

高機能センサー「LiDAR(ライダー)」で取得した3次元点群地図と準天頂衛星による測位技術を組み合わせることで自律走行を実現した。

複数の人工衛星を打ち上げ連携して運用する「衛星コンステレーション」の構築やカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)に向けた取り組みを盛り込んだ。... 安全保障の確保では準天頂衛星システムや...

準天頂衛星「みちびき」に対応し、位置情報の高精度単独測位が可能。... 多周波マルチ全球測位衛星システム(GNSS)受信機評価キット、多周波対応GNSSアンテナで構成。... 基準局を必要としないセン...

小峰無線電機/準天頂衛星システム対応アンテナ (2021/3/29 新製品フラッシュ2)

小峰無線電機は日本の準天頂衛星システム「みちびき」のセンチメートル級測位補強信号を含む4周波対応の衛星測位システム(GNSS)アンテナ「QZG1256fQ」を発売した。

準天頂衛星システム「みちびき」と全地球測位システム(GPS)で位置を検知するほか、陸上からも距離計でサポートしている。

当時、情報通信研究機構(NICT)は技術試験衛星VIII型(ETS―VIII)を用いて衛星センサーネットワークの研究を行っており、その一環としてGPS津波計の研究開発を行っていた東京大学地震研究所、高...

KDDI、米ベンチャーに出資 (2021/2/11 電機・電子部品・情報・通信)

スウィフト・ナビゲーションは米国の全地球測位システム(GPS)や日本の準天頂衛星システム(QZSS)など複数の衛星信号を用いた即時位置測位や、自動運転車両など高速で移動する機器の位置情報も高精度に取得...

レヴォーグは操縦性や快適性に加え、3D高精度地図データや準天頂衛星「みちびき」などの情報を活用した高度運転支援システム「アイサイトX」装着車の価格が消費税込みで348万7000円から、というコストパフ...

準天頂衛星「みちびき」受信機とLTE―RTKサービスをドローンに搭載し、どちらかの電波が微弱になっても補完をすることで、高精度位置制御を構築している。

準天頂衛星を用いた除雪運転支援システムは、数センチメートル単位でロータリー除雪車の位置を正確に表示し、雪深い地域での安全な排雪作業を支援する。

宇宙安全保障は、内閣府が準天頂衛星システムの開発や整備に305億円、防衛省が宇宙状況監視(SSA)の強化に104億円を充てた。 災害対策や国土強靱(きょうじん)化などは、環境省が陸域...

また、準天頂衛星の持続測位を可能にする7機体制の構築に向けた準天頂衛星5号機と6号機、7号機の開発や整備に304億8500万円を充てる。 防衛省は、新鋭ミサイルの探知や追尾するための...

日系EV本格始動 主要市場に新型車投入 (2020/8/14 自動車・ロボット)

準天頂衛星システムを活用して自車の位置を高精度に把握でき、運転支援の質を高めた。

人工衛星の小型化や、複数の人工衛星を打ち上げ連携して運用する「衛星コンステレーション」によって、観測の高頻度化や衛星通信網の構築などが期待される。... 特に、位置情報の認識や時刻同期の能力を確保する...

同検討会は準天頂衛星「みちびき」を利用した衛星測位システムをタイに普及させる目的で設立された「日タイG空間推進協力協議会」が国交省に提案した。

おすすめコンテンツ

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

原材料から金属製品ができるまで 
図解よくわかる金属加工

原材料から金属製品ができるまで 図解よくわかる金属加工

きちんと知りたい! 
モータの原理としくみの基礎知識

きちんと知りたい! モータの原理としくみの基礎知識

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動
短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動 短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計>
上司と部下のFAQ:設計実務編

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計> 上司と部下のFAQ:設計実務編

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる