519件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

OPV用発電材料は、ノンハロゲンの溶媒にも簡単に溶かすことができ、塗布時にむらができにくい。... 同材料を用いて試作したOPV小型セルは、溶媒の種類や塗布の手法を最適化して薄暗い室内でも高い変換効率...

高温または高圧の溶媒を用いて固体を合成する「ソルボサーマル法」という特殊な溶液法で、安全で無害な赤リンを出発原料に黒リンを高収率で得られる。... ソルボサーマル法で猛毒な白リンから黒リンを合成できる...

亜鉛蓄電池は、有機溶媒や鉛などの有毒材料を使わない安全性が特徴。

充放電に必要な機能を維持しつつ燃えにくい溶媒を設計し合成。... 同溶媒は既存の電池生産ラインでの使用が可能。... 負極に保護膜を作る有機溶媒である炭酸エチレンなどの炭酸エステル類が充放電に必要だが...

研究グループは、トチュウ果皮からTPIを工業的に有機溶媒で抽出する手法を開発した。分離や濃縮、溶媒回収という一連の工程を最小限のエネルギーで稼働できる。 TPIの抽出に使用する有機溶...

鈴木カップリング反応は取り扱いが容易で適用範囲が広い反応であり、一般的に溶媒に溶けるパラジウムの錯体が使われている。

「電池の中のリチウムイオンは、周りに5―6個の溶媒分子がくっついた『溶媒和』の状態で動く前提で考えられている。... そもそも周りに溶媒のない“裸のリチウムイオン”は、存在が証明されていない。ただ、裸...

酸や有機溶媒中または300度Cでもレンズ機能が保持されることを確認した。

測定可能な微粒子の粒径範囲は0・2マイクロ―1マイクロメートルであり、レーザー光の波長を変えることで空気中だけでなく水や有機溶媒などに微粒子が溶けていても測定できる。

室温で反応し、有機溶媒を使わないため毒性が低く安全性が高い。... これらの反応は精製した有機溶媒を使い、窒素ガスの中で反応や温度を制御する必要がある。

11月のパーム油輸入3%減 SEA (2019/12/17 商品市況)

【ムンバイ=ロイター時事】インド溶媒抽出協会(SEA)は11月のパーム油輸入量が67万1863トンと、前年同月比3%減だったと公表した。

ゲルは網目構造になった分子に水や油などの溶媒が取り込まれた物質で、家庭ではゼリーがなじみ深い。... リ助教らは、高分子の「テトラポリエチレングリコール」を有機溶媒「アセトニトリル」に重量比で12%溶...

谷口フェローは、NIMSが長年研究を重ねてきた高圧単結晶合成の技術に、窒化物中の酸素、炭素不純物の低減に効果のある高反応性バリウム系溶媒の活用などの化学的アプローチを加えることで、極めて高純度のhBN...

炭素材料への触媒修飾は、触媒分子を溶解させた溶媒と炭素材料を混合するだけでよく、焼成なども不要なため、プロセスコストを抑えられる。

一般的に高分子ゲルは、有機溶媒中に溶かした高分子の原料に、分子同士をつなぐ「架橋剤」や反応を開始させる「開始剤」などの化学物質を添加して合成する。

清水建、バイオ原料研究で隠岐の島に拠点 (2019/10/30 建設・生活・環境・エネルギー1)

溶媒によく溶けプラスチックに難燃性、強度、剛性、加工性などの機能を与え、部材の軽量化を実現する。

だが剥がす際に大量の有機溶媒を使う必要があり、ジェルネイルの利用者やネイリストの健康面に対する悪影響が懸念されている。 &...

吉野名誉フェローは80年代、正極にコバルト酸リチウム、負極に炭素材料、電解液には有機溶媒を使うと高性能な二次電池として機能することを確かめ、その基本概念を確立。

より多くのエネルギーをためる小型で軽い二次電池を実現するには高い電圧に耐える新しい材料が必要で、有機溶媒を電解液にした二次電池の研究が活発に行われた。 こうした有機溶媒を用いた研究は...

高温・高圧の溶媒で固体を合成する「ソルボサーマル合成法」を応用した連続フロー型製造装置を導入。

おすすめコンテンツ

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集
<解答と解説>

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集 <解答と解説>

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社
2020年版

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社 2020年版

東京の長寿企業70社

東京の長寿企業70社

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる