13件中、1ページ目 1〜13件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

呼吸や心拍数をモニタリングして、異変を検知すると強制排水し溺死などの事故を未然に防止する。

1880年、19歳だったスナンダ・クマリラタナ王妃が幼い娘(王女)とともに川で溺死した話。

「昨年、介護施設で14人の方が溺死した。

世界溺死防止デー 2021年4月の国連総会決議で7月25日を世界溺死防止デーとすることが宣言された。... では、溺死はたいしたことのない死因なのだろうか。 国連決...

解剖できず、検案した多くを溺死と書いた。... 解剖できないので溺死とするしかなかった」と話す。大半を溺死と書いた。

多くの人々が「溺死」と診断された。... 犠牲者の死因―やや内陸避難も溺死 これほどの津波に襲われた時、人々の生死は何によって分かれるのか。... 石巻市平野部における溺死者と津波外...

産学医で入浴実態調査 LIXIL、専用IoT機器を開発 (2018/10/26 建設・エネルギー・生活1)

2015年には家庭の浴槽で4804人が溺死しており、そのうち約9割を65歳以上が占める。

メディカルプロ、浴槽用見守りセンサー発売 (2018/8/8 建設・エネルギー・生活2)

浴槽内での溺死などの事故を防ぐのに役立つ。

東京都健康長寿医療センターの調査では、11年に入浴時の血圧の急変で失神、溺死した人は年間約17000人に上るという。

津波災害の大半が溺死ではなくがれきによる圧死だったことをみれば、科学には人の命を守る義務がある。

転倒や入浴に伴う溺死などで、特に高齢者に多い。

これは東日本大震災1カ月後の東北3県の死者の92%が溺死ということからもわかる。

95年に起きた阪神・淡路大震災との比較では、今回の震災での死者の90%以上が溺死で、死者の約65%が60歳以上の高齢者であることなどや、震度6弱以上の県が宮城、岩手、福島など8県にまた...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン