2,413件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

脱炭素社会の実現に向け、アジアなどの新興国では主力電源である火力発電所の運用を高度化する需要が高まる。... 21年度に東南アジア複数国の火力発電所を調べて事業の実現可能性を検討。... 関電は今後、...

すでに火力発電所の燃焼ガスなど、CO2濃度が10%と高い場面で回収技術は実用化した。... もともと発電や製鉄などCO2排出量をゼロにすることが難しい分野では、その排出量を相殺するために大気から回収す...

住宅1棟分のエネルギーを全て人工光合成でまかなうのはすぐには難しいが、「太陽光発電が一般に導入された流れと同様に、風呂の給湯や居間の照明など、一部のエネルギーを置き換えるところから始めればいい」と考え...

JERA、米ガス発電で水素混焼 CO2排出1割減 (2021/7/29 建設・生活・環境・エネルギー1)

JERAは2022年をめどに、米国のリンデンガス火力発電所(ニュージャージー州)で水素の混焼発電に取り組む。... 同発電所は6号機まであり、総発電容量は97万2000キロワット。... JERAは内...

入社以来、火力発電所の建設や機器調達など“火力畑”が長かった。 ... 米ゼネラル・エレクトリック(GE)と提携し、洋上風力発電設備のナセルの国産化を目指す。... 15年火力・水力...

液化石油ガス(LPG)と同様のインフラで国内へと輸送し、火力発電所などで使用することを模索する。 ... 石炭火力発電にアンモニアの20%混焼を実施すると、1基(100万キロワット)...

燃焼しても二酸化炭素(CO2)を排出しないアンモニアバーナーを開発し、既設の石炭火力発電所での活用を目指す。... 阪大とはその前から燃焼に関する連携があり、(今回連携する)Jパワーからのオファーを受...

天然ガスからアンモニアを製造する過程で排出される二酸化炭素(CO2)を、CO2の回収・貯留(CCS)やCO2の回収・利用(CCU)、植林などによって削減し実質CO2ゼロのクリーン燃料アンモニアとして、...

栗田工業と東芝エネ、発電所の水処理分野で協業へ (2021/7/20 電機・電子部品・情報・通信2)

栗田工業と東芝エネルギーシステムズ(川崎市幸区、小西崇夫社長)は、火力発電所向けの排水処理分野で協業する検討を始めた。... 発電事業者や発電設備を保有する一般産業などの排水処理設備で使用する薬品注入...

実現には輸入水素を小名浜港(福島県いわき市)からパイプラインなどで石炭火力発電所などへ供給する水素供給ネットワークの構築が最大のカギになる。... いわき市では46者で構成するいわきバッテリーバレー推...

JERA、米ガス発電で水素混焼 技術蓄積、国内で展開 (2021/7/20 建設・生活・環境・エネルギー1)

JERAが38%の筆頭権益を持つ米国ニューヨーク州のクリケットバレーガス火力発電所は、将来の水素100%発電への切り替えを目指し、第一歩として2年以内に水素の5%混焼を行う。 ......

川重、タイでガスエンジン受注 (2021/7/19 機械・ロボット・航空機2)

出力7800キロワット級で発電効率は51%。... タイの大手電力会社のラッチ・グループ・パブリック・カンパニー傘下の企業が運営する複合火力発電所に、同3万キロワット級ガスエンジン発電所を増設するのに...

中北製作所は2022年5月期中に、火力発電所などの陸上プラント向け安全弁(自動調節弁)の部品製造に使う工作機械を本社工場(大阪府大東市)で増設し生産効率を引き上げる。... 一方、中北製作所は大阪府交...

自然対流は外部エネルギーを必要とせず、火力発電所などの機器冷却や排熱処理に利用されている。

コンクリ量産、CO2排出7割減 中川ヒューム管が技術 (2021/7/8 建設・生活・環境・エネルギー1)

いずれも石炭火力発電所や製鉄所で発生する副産物を活用できる。

同白書は電力部門において、火力発電所からのCO2排出が多くを占めており50年までにカーボンニュートラルを達成するためには、このCO2排出量を削減していく必要を述べている。 一方で、火...

米シカゴに建設中の出力120万キロワットのジャクソンガス火力発電所。... 発電所をつくり権益を売ることで利益が得られる」(同)と期待は高まる。同国では、折半出資で運営していたバージニア州の石炭火力発...

2021年4月の東京証券取引所の市場再編で最上位の「プライム市場」の上場企業に対し、国際的に通用する高い基準を適用した。... 総会では株主からバングラデシュで建設中の石炭火力発電所について質問が出た...

火力発電所で発生する石炭灰(フライアッシュ=FA)に残る炭素成分を加熱、改質することでコンクリートの塩害耐性を高める機能を持たせる。... 沖縄では今夏、木質バイオマス発電所が稼働予定。

東京パワーテクノ、福島に石炭灰処理施設 スラグもリサイクル (2021/6/29 建設・生活・環境・エネルギー2)

【いわき】東京パワーテクノロジー(東京都江東区、塩川和幸社長)は、福島県広野町に石炭火力発電所から発生する副産物を中間処理し、再利用する広野クリーンアッシュセンターを完成した。... JERAの広野火...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる