282件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

その縁で新潟県燕市の燕商工会議所を紹介してもらい、15年に現地の金属加工会社2社と災害時の連携協定を結んだ。災害などで生産が難しい状況が生じた場合、連携先の会社に金型などを持ち込むことで、生産を継続、...

「企業や自治体、金融機関と協定を結び、授業や研究、インターンシップ(就業体験)など幅広い取り組みで連携している。また、県内のプロスポーツ4チームとの連携では教育・研究活動で運営の現場に直接関われる。災...

本部の専門スタッフが営業部門などと連携して企業の個別課題の解決に取り組んでいる。... 事業承継の相談が一番多く、税制面を含め関係機関とも連携しながらアドバイスをしている。 ... ...

【名古屋】中部電力は岐阜県と大規模災害発生時の相互連携で協定を結んだ。被災時は道路や電力設備の早期復旧で協力し、平常時は伐採など事前対策や訓練での協力、自家発電設備の設置促進などを行う。... 協定に...

日産自動車と神奈川県開成町は電気自動車(EV)を活用した災害連携協定を締結した(写真)。災害による停電時に開成町内の販売店舗からEV「リーフ」を避難所などに無償貸与し、非常電源として活用できるようにす...

【千葉】千葉市と東京電力パワーグリッド千葉総支社は25日、災害時に停電復旧などに関して連携することで協定を結んだ。... 熊谷俊人市長(写真左)は「協定だけに終わらせず、同じような災害が起こった場合、...

さらに、安定物流を確保するための新広域道路交通計画とも連携させる。 ... 国が財政支援し、災害時に自衛隊や警察、テックフォース(緊急災害対策派遣隊)などが活動できるスペースや、緊急...

日産自動車と栃木県上三川町は、電気自動車(EV)を活用した災害連携協定を締結した。 ... 災害による停電時に日産が町内の日産栃木工場や町近隣の販売店からEVを避難所などに貸与し、非...

企業を取り巻くリスクに備える保険として、台風や地震などの自然災害の被害、休業時の喪失利益、施設の所有などに起因する賠償責任の補償などが従来必要とされてきた。... 当社では、こうした観点を踏まえ、すで...

日本防災産業会議/防災・減災に企業の力結集を (2020/2/11 モノづくり日本会議)

それと同時に、気候変動に対する国際協定である「パリ協定」が締結されました。... この情報共有システムは、国立研究開発法人防災科学技術研究所(防災科研)と日本防災産業会議との情報連携協定によって実現し...

【新潟】長岡技術科学大学は3日、東京電力ホールディングス(HD)と防災・減災に関する共同研究プロジェクト設立に向けた包括連携協定を結んだ。... 自然災害対策技術では豪雨時の地滑り発生の予測に関する研...

大阪府と江崎グリコは29日、子育て支援や地域活性化を目的とした包括連携協定を結んだ。防災や子育て・教育、健康などの5分野で連携し、府民サービスを向上させていく。 災害時にグリコ製品の...

日米貿易協定もまず合意したことが重要。... そんな時に他社を巻き込んだオープンイノベーションが必要となる」 ―19年は日立オートモティブシステムズなどの経営統合が発表されました。&...

大阪府は全国の自治体で初めて、経済産業省と中小企業の事業継続計画(BCP)推進を支援する連携協定を結んだ。自然災害の多発を受け中小のBCP策定を協力して促進し、災害時の安全確保や可能な限り取引を継続で...

電力と通信の強靱(きょうじん)化と土砂災害・冠水対策の強化、災害時の安全・安心の確保、民間企業との連携拡大が柱。... これにより停電時でも避難所で照明や空調が使え、携帯電話の充電可能にする。... ...

鉄塔の計画的更新や無電柱化には利用者負担を抑制しながら投資する一方、関係機関間の災害時連携計画を制度化する。... 電力関連では6月末までに、発生から原則24時間、大規模災害時は48時間以内に被害状況...

トヨタ自動車は14日、愛知県地区のトヨタ販売店12社、トヨタレンタリース店2社、トヨタホーム店2社と共同で、同県と地域活性化に関する包括連携協定を結んだと発表した。各社の店舗や試乗車といった経営資源を...

中部電、掛川・菊川市と安全確保協定を締結 (2020/1/14 建設・生活・環境・エネルギー2)

中部電力は浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)の近隣自治体である静岡県掛川市、同菊川市と原子力災害時の避難行動要支援者の安全確保で連携協定を結んだ。避難手段確保や避難態勢などの事前対策と、災害発生時の情...

平常時の備えから災害復旧支援までの一連の流れを「平常時」「災害時」「復旧支援」に分けた三つのモードで成り立つ。 平常時モードには災害発生時の備えを意識づける機能を盛り込む。... 避...

20年度中に他省庁とも連携しながら、インフラや法規制の問題などを詰めていく。また電動化では環境対応として普及が重要なほか、災害時の電源として活躍できる。... 一方、日米貿易協定は工作機械関連など貿易...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

ソーラー・デジタル・グリッド
卒FITで加速する日本型エネルギーシステム再構築

ソーラー・デジタル・グリッド 卒FITで加速する日本型エネルギーシステム再構築

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい冷凍空調技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい冷凍空調技術の本

製造業のための 
目標原価達成に必要なコスト見積もり術

製造業のための 目標原価達成に必要なコスト見積もり術

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる