20,548件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

ただ二酸化炭素(CO2)排出量調査や排出量削減の要請があると回答したのは6・1%と少なく、CO2排出量を把握しているのは15・3%だった。

【名古屋】メトロ電気工業(愛知県安城市、川合誠治社長)は、2025年までに全ての工場から排出する二酸化炭素(CO2)の量をゼロにする。... 同社は...

VAIO/AIでノイズ除去 ノートパソコン (2022/1/24 新製品フラッシュ1)

炭素繊維を立体成形してボディー全面に使用し、最軽量の構成で重さ982グラムを実現。

また、地産地消に近い形で流通すれば過剰なパッケージは必要なくなり、カーボンフットプリント(生産から使用、廃棄までのライフサイクル全体の二酸化炭素排出量)も減らせる。

倉庫の屋根には太陽光パネルを設置しており、電力自給率の向上と二酸化炭素(CO2)排出の抑制を目指す。

この表面を化学修飾して炭素原子10個分の炭化水素鎖であるデシル基で覆うと波長680ナノメートルの赤い光を発する量子ドットになる。

ホヤ殻中のセルロースナノファイバー(CNF)を炭化して得た炭素に、畜産業から出る廃棄血液を混合、合成して作る。... 高性能な電極触媒とされる白金炭素触媒でも約940ミリボルトだった。...

また、流通経済大学流通情報学部長の矢野裕児教授が講演し、「脱炭素やデジタル変革(DX)など、今まさにロジスティクス改革が求められている」とした。

将来は九州全体の脱炭素社会像の提案やエネルギー教育の単位互換などにも発展させたい考え。

さらに2022年下期には太陽光発電の導入を計画しており、両工場でのタイヤ製造時の二酸化炭素(CO2)排出量は、22年度に前年度比約70%減を見込む。

川崎市は28日15時から「脱炭素アクションみぞのくち チャレンジ行動変容セミナー」をオンラインで開く。日本や豪州、ドイツの先進的な実践例を「食」「緑化」「子ども」などの切り口で紹介し、まちぐる...

ただ、この技術を確立してノウハウを蓄積しておけば、二酸化炭素(CO2)を回収して水素と合成して製造する液体燃料「イーヒューエル」分野の取り組みに生かせる。

また構内物流に使う運搬車両を二酸化炭素(CO2)を排出しない車両に切り替える検討をする。

CLCは三つの反応塔の中で酸化鉄を循環させて、水素と電力、二酸化炭素(CO2)を同時に生産する技術。

日本ハム「シャウエッセン」、新包装でプラ使用量28%減 (2022/1/24 建設・生活・環境・エネルギー)

包装材が小さくなったことで梱包材の積載効率が向上するなどして、二酸化炭素(CO2)排出量は年間で約4000トンの削減効果を見込む。

経営ひと言/大日本印刷・北島義斉社長「社会に良い変化」 (2022/1/24 電機・電子部品・情報・通信)

脱炭素化やデジタル変革など社会の変化が激しい時代。

CN都市ガスは、原料である天然ガスの採掘から輸送、燃焼までに発生する二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスを、環境保全活動などで創出したCO2クレジットで相殺したもの。

展望2022/日本製紙社長・野沢徹氏 コスト減へ省エネに注力 (2022/1/24 素材・医療・ヘルスケア)

燃料価格は脱炭素を背景に高止まりの恐れがありボイラの燃料転換や省エネ促進など、中期経営計画を見直し、対応を前倒ししたい」 ―印刷・情報用紙などで約3年ぶりの値上げを打ち出しました。&...

展望2022/JR東海社長・金子慎氏 リニア工事、真摯に協議 (2022/1/24 建設・生活・環境・エネルギー)

当社での二酸化炭素(CO2)排出は気動車分が5%で残りは電力購入分。... 燃料電池や蓄電池の利用も調査研究にとどまっている」 【記者の目/脱炭素、...

現行燃料の重油を液化天然ガス(LNG)に置き換えながら、次世代燃料の本命とされる水素やアンモニア、二酸化炭素(CO2)を転換利用する「カーボンリサイクルメタン」の研究開...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード
第6版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード 第6版

技術士第二次試験 
「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策
第2版

技術士第二次試験 「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策 第2版

認知症家族に寄り添う 
介護しやすい家づくり
みんなが心地よく過ごせる間取りとリフォームのヒント

認知症家族に寄り添う 介護しやすい家づくり みんなが心地よく過ごせる間取りとリフォームのヒント

入門 物流現場の平準化とカイゼン
ムダ・ムリ・ムラをなくし、物流(倉庫)作業を効率化!

入門 物流現場の平準化とカイゼン ムダ・ムリ・ムラをなくし、物流(倉庫)作業を効率化!

本当に実務に役立つ 
プリント配線板のエッチング技術
第2版

本当に実務に役立つ プリント配線板のエッチング技術 第2版

スマートシンキングで進める工場変革
つながる製造業の現場改善とITカイゼン

スマートシンキングで進める工場変革 つながる製造業の現場改善とITカイゼン

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる