16件中、1ページ目 1〜16件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.017秒)

KDDI、水中点検ドローン商用化 ダム・港湾・漁場監視 (2021/6/11 電機・電子部品・情報・通信)

ドローンに潜航可能な子機を搭載し、点検者は事務所など遠隔からリアルタイムに水中の様子を確認できる。... KDDIの携帯通信回線を利用し、タブレット端末でドローンの飛行や子機の分離、着水、潜航、回収な...

下水道管路点検に特化した専用ドローン(写真)や水上走行ドローンなど新機種を用意。... 新開発の管路点検ドローンは主要部分を堅固なカーボンで覆い防塵・防水構造にした。... 両機種ともマンホールのふた...

東電HDなど、送電線点検ドローン導入 (2021/5/17 機械・ロボット・航空機2)

一般的なドローンにも搭載できる対象物検知センサーで送電線を検知。自動飛行のドローンが最適な画角で送電線の腐食や劣化状態などを撮影する。 ... 自動飛行のため作業員はドローンを手動で...

NJSと自律制御システム研、下水道点検で新会社 (2021/5/3 機械・ロボット・航空機)

NJSと自律制御システム研究所は、下水道管路点検用の飛行ロボット(ドローン)の本格展開に向けて共同出資会社「ファインドアイ」を5月に設立する。 ... 一方、自律制御システム研は国産...

プラント内の自動点検と、倉庫内の在庫管理の2種類のサービスを始めた。全地球測位システム(GPS)が使えない屋内環境でもドローンが自律飛行し、人手による作業を代替する。... 倉庫内在庫管理では無線識別...

人の出入りが難しい煙突やタンク、配管内部などの点検をドローンで行うことにより、作業コストや点検時間の低減、事故リスク防止につなげる。 ... 点検の内容や対象に合わせたサービスを一貫...

【環境対応】 自律制御システム研究所は、煙突点検ドローンや閉鎖環境点検ドローンに加え、環境対応で成長が見込める風力発電機点検ドローンの販売拡大にも力を入れる。... それだけに点検に...

エミュレーターを活用することで、ドローン開発の効率化を目指す。 ... 非全地球測位システム(GPS)環境の煙突や下水道点検ドローン開発では、実証実験のために現場の運用を止める必要が...

プラント点検でのドローンの利活用は総務省、厚生労働省、経済産業省が連携して運用ガイドライン(指針)をまとめている。ただ、実際のドローンによるプラント点検では、飛行方法や撮影法など要求事項が異なる。.....

機体市場は農薬散布や設備点検、運搬など用途に応じた産業用機体が開発され、大型ドローンの市場が伸びると予測。... 鉄塔やプラントなどインフラ設備点検ドローンも増加を見込む。... ドローン市場は世界で...

ドコモ東北、5Gでビル外壁点検 ドローン映像即伝送 (2019/11/20 電機・電子部品・情報・通信1)

ドローンからの映像や情報を5G経由で受信した管制センターが作業現場の状況をリアルタイムで確認し、点検作業者に5Gで音声や画像による指示と作業マニュアルを送信した。 TTKのドローンを...

4Kカメラや赤外線カメラを搭載し、産業用ドローンで最も強力な明るさの発光ダイオード(LED)ライトをつけることで、小さなひび割れから全体像までくまなく点検が可能。防じんライトも装備しており、湯気や煙、...

ドローンに飛行点検や警備をさせたいエリアにマーカー(標識)を貼るだけで自動飛行などのセッティングが行える。... 同社は従業員の残業監視のドローン夜間自動飛行サービスや下水管点検ドローンサービスを発売...

打音作業や目視の点検をドローンが担うことで、作業効率の向上に貢献する。... AIの研究開発を手がける外部機関と連携してインフラ点検作業に適した新型ドローンの開発に取り組む。... 同社は産業用の大型...

中日本高速道路、ドローンで構造物点検−来年度試験導入 (2016/10/20 建設・エネルギー・生活1)

【浜松】中日本高速道路は19日、静岡県掛川市で、飛行ロボット(ドローン)を使った高速道路の構造物点検の実証実験を、報道陣に公開した。高解像度カメラを搭載した構造物点検ドローン「スキームス=写真」は、橋...

ドローンの飛行時間は約10―30分と短いが、張りつくことで作業時間を延長できる。 ... 点検ドローンは飛行しながら幅100マイクロメートル(マイクロは100万分の1)の亀裂を見つけ...

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる