262件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

浜松地域で垂直離着陸機(VTOL)の飛行ロボット(ドローン)関連の動きが加速している。... 山本社長は「国産機という点が顧客に安心を与える」と強調する。... VTO...

NTT、“空から通信”注力 成層圏で電波伝搬実証 (2021/11/17 電機・電子部品・情報・通信1)

傘下のNTTドコモは欧エアバスと共同で、高高度無人機(HAPS)からの電波伝搬実験に成功した。

海上保安庁の巡視船との連携するためにレーダーやソナー、無線通信の高い能力に加え、不審船監視追跡用の無人機を搭載する予定。

ドローンのような無人機の出番が来る」 ―ドローンは自動飛行でもオペレーターが必要で、人件費や輸送コストを押し上げている面もあります。 ... 10キログラムの機体を...

無人機も同じことが言える。... 無人機にはうまく飛べるかどうかの実証試験が不可欠だ。... 02年無人機の開発開始、08年世界で初めて南極での無人機飛行に成功、10年自衛隊向けデルタ機納入開始、11...

農業機械の自動化レベルは3段階に分けられており、現状での農業機械の自動化レベルはレベル2(使用者の監視下で無人状態での自律走行)で、主要メーカーがロボットトラクターなどの製品を市場投入している。その結...

同社は2500キロ―3000キロメートル飛べる長距離無人機の開発を手がける。「無人機の開発はヘリコプターとも航空機とも異なる、まったく新しい視点が必要」と指摘する。

【シドニー=時事】米ボーイングは、豪州東部トゥーンバに無人戦闘機の最終組立工場を建設する計画を公表した。... 無人機は今年2月に初飛行を行った。人工知能(AI)を備え、実戦で有人機を交えた編成で運用...

一方で海外に目を転じるとアフガニスタンやサウジアラビアの無人機攻撃に見られるように無人機が存在感を増しており、この分野では日本の周回遅れが指摘される。... 「世界の流れは小型から大型の無人機に、急速...

水中無人機や水中飛行ロボット(ドローン)が出す音響や、潜水艦など他の艦艇が発生する音響を判別し、周囲環境を測定する縱35×横30×深さ11メートルの大型水槽を備え、海上の天候や波浪...

防衛省は無人機や極超音速誘導弾など兵器開発の潮流を変えるようなゲーム・チェンジャーの早期実用化に向けた事業を2022年度から開始する。

無人機や飛行ロボット(ドローン)への対処策として高マイクロ波照射技術の実証実験費用で86億円、高出力レーザーシステムの研究に39億円などを2022年度の概算要求に盛り込んだ。次期戦闘機と連携する、人工...

【サンパウロ=ロイター時事】ブラジル航空機大手のエンブラエルは、「空飛ぶタクシー」の研究に従事している子会社EVEが、ケニア航空の無人航空機部門であるファハリ・アビエーションと、同社の主要市場における...

昆虫の偏光知覚模倣はアリが太陽の動きを見て巣に自分で帰れる能力をドローンや無人機に応用する技術。

防衛省は11日、航空自衛隊F2戦闘機の後継となる次期戦闘機を支援する無人機を開発する方針を固めた。... 無人機は撃墜されても人的損害がないため危険な空域を飛行しやすい利点がある。 ...

三菱重工、新会社の社名決定 (2021/8/4 機械・ロボット・航空機2)

海洋分野で需要が高まっている自動化技術や無人機開発にも、経営資源やノウハウを生かしながら対応する。

一方、海外では長距離飛行可能な無人航空機(UAV)の存在感が大きい。... 予算の関係で、それだと1、2機しか買えない。... これさえ当社で所有できれば、機体や部品は現地メーカーに作らせても良いと思...

無人航空機や無人水上航走体(USV)、無人水中航走体(UUV)の研究も進める方針。 ... 白書では空自の支援戦闘機「F―2」の後継になる次期戦闘機の開発を、三菱重工業が主契約先とし...

2500キロメートルの距離を24時間飛ぶ無人機(写真)を製作済みで、この技術や経験を基に機体を軽量化。... 同社は2008年に世界で初めて南極での無人機飛行に成功した。... 同レベルの性能を持つ海...

シーアイロボティクスは2015年設立の産業用無人機(UAV)メーカー。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい消臭・脱臭の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい消臭・脱臭の本

自動車エレクトロニクス「伝熱設計」の基礎知識
小型・高性能化する自動車用電子制御ユニット(ECU)の熱対策技術

自動車エレクトロニクス「伝熱設計」の基礎知識 小型・高性能化する自動車用電子制御ユニット(ECU)の熱対策技術

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい環境発電の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい環境発電の本

はじめての現場改善

はじめての現場改善

後継者不在、M&Aもうまくいかないときに
-必ず出口が見つかる「縮小型事業承継と幸せな廃業」-

後継者不在、M&Aもうまくいかないときに -必ず出口が見つかる「縮小型事業承継と幸せな廃業」-

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい乾燥技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい乾燥技術の本

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる