17件中、1ページ目 1〜17件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

ニュース拡大鏡/JR東、ワンマン運転 東北線5両編成に導入 (2020/3/5 建設・生活・環境・エネルギー1)

JR東日本は14日のダイヤ改正から、栃木・福島県境の東北線で5両編成列車に、運転士1人のみが乗務する「ワンマン運転」を導入する。... 無人駅では降車時に車内で料金収受も行う。 .....

JR西日本は、将来の無人自動運転を念頭に、自動で列車を走行させる試験を大阪環状線で実施した。... 環状線は、運転士が操作を誤った時に自動で列車を止める、自動列車停止装置(ATS)線区。... 従来の...

JR九州、自動運転実証 運転士が乗務 (2019/12/23 建設・生活・環境・エネルギー)

【福岡】JR九州は、2020年中に香椎線・西戸崎―香椎間で営業列車による自動運転の実証を始める。無人運転ではなく運転士が乗務する。... 自動列車停止装置(ATS)のうち、JR九州仕様の「ATS―DK...

三菱重工エンジの全自動無人運転車両、マカオで営業運転開始 (2019/12/12 機械・ロボット・航空機2)

三菱重工エンジニアリング(MHIENG、横浜市西区、小林繁久社長、045・200・9600)が、中国のマカオ特別行政区政府から受注していたマカオLRT向けの全自動無人運転車両システム(AGT=写真)が...

国土交通省は横浜市の新交通システム「シーサイドライン」の逆走衝突事故を踏まえ、無人で自動運転を行う列車の事故防止策を話し合う検討会の中間取りまとめを公表した。... 無人で自動運転を行う鉄軌道事業者7...

JR貨物、スマート貨物駅構想 仙台で22年度、社内に検討チーム (2019/6/19 建設・生活・環境・エネルギー1)

構内作業を省人化するため、無人運転トラックや入れ替え用機関車の遠隔操縦など新技術の導入を検討。... 導入する技術候補の一つである構内トラックの無人運転化は、ホームと倉庫間のコンテナ移送作業を自動化す...

【パース(オーストラリア西部)=時事】日本にとって鉄鉱石の最大の供給国であるオーストラリアで、自動運転で鉄鉱石を長距離輸送する貨物列車が世界で初めて実用化された。... 「無人」列...

新型車両「E235系」に自動列車運転装置(ATO)機能を試験的に搭載。... JR東は電機メーカーと共同で、加速や速度維持を自動で行う列車制御機能を開発中。... 無人運転とはせず、保安要員としての乗...

先頭車両をドライバーが運転し、後続のトラックを電子的に連結して隊列をつくる、さながら“陸の貨物列車”だ。... 自動走行の基礎的技術の一つである自動ブレーキは高齢者に限らず、すべての運転車の交通事故防...

【シドニー=時事】鉄鉱石生産で世界4位の豪資源大手フォーテスキュー・メタルズ・グループ(FMG)は、西オーストラリア州ピルバラ地区の鉱山で、運転手がいらない無人トラックの利用を拡大する計画を発表した。...

実現すれば世界初の自動運転列車になる可能性がある。 ただし、完全自動の無人運転ではなく、ドアの開閉や緊急事態に対処するため乗務員が同乗する。... 「ドローントレイン」と呼ばれる自動...

大手鉱山会社にとって、無人船への移行は、より少ないスタッフで複数車両のモニターや遠隔操作を可能にする自動運転トラック・列車へのシフトと軌を一つにする動きであり、海運鉄鉱石市場において新たな節減につなが...

トラック同士が通信し合い、先頭車両を除き無人の状態で、道路を貨物列車のように走る隊列走行が、物流業界をドライバー不足から救うかもしれない。... 後続無人は世界初になる見通しだ。 ....

IHIなど、香港国際空港向け新交通システム完工 (2016/4/7 機械・ロボット・航空機1)

空港を運営する香港機場管理局から受注した全自動無人運転車両システム(APM)の建設工事。電力・通信設備や新車両10両などに加え、新信号システム「CBTC(無線式通信ベース列車制御)」方式への更新などを...

和機藹々(13)鉄道システム業界の外部環境変化(2) (2015/11/24 機械・ロボット・航空機)

運行管理の高度化にあたって重要になるのは列車制御との関係深化であり、足元では運行管理と列車制御が一体化したシステムであるCBTC(無線列車制御システム)の開発・普及が進んでいる。また、運行管理や列車制...

同社は列車制御など高度な運行管理システムを欧州などに提供し、世界シェアは2位とされる。... もう一方のアンサルドブレダは無人運転車両以外に競争力に欠け、不採算状態。... 特に近年は無線列車制御シス...

無人駅を運行するワンマンカーの乗降口に、システムを搭載した機械を設置。... 導入にはコストダウンや関係部署との調整が必要だが、実現すればイコカの利用拡大や運転士の手間軽減につながる。... 車両位置...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる