54件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

東京理科大学の居村岳広准教授らは、太陽光発電と走行中無線給電を組み合わせた給電システムを開発した。太陽光発電の変動を無線給電用の電圧波形に調整して自動車に供給する。......

総務省は、離れた場所にある機器に電波で電力を供給する無線給電を解禁する。... 無線給電は電動歯ブラシなどの充電で実用化されている。「近接結合型」と呼ばれ、コイルに発生する磁界を用いて給電する。

【名古屋】ジーエスエレテック(愛知県豊田市、鈴木城司社長)は6月にも、走行中の無人搬送車(AGV)に充電できる無線給電システムの量産を始める。......

大成建、マイクロ波で無線給電 建物内機器などに (2022/1/12 建設・生活・環境・エネルギー1)

大成建設は11日、三菱電機とマイクロ波を用いたワイヤレス給電システム「T―iPower Beam」を開発したと発表した。... 建材一体型受電装置からワイヤレスでセンサー、...

13・56メガヘルツは近距離無線通信にも使われ、無線給電できる。... 無線給電できるため電池などの固い要素がない。

丸文、無線給電評価キット 米VBのオシアと共同開発 (2021/12/2 電機・電子部品・情報・通信1)

丸文は無線で電気を飛ばす無線給電の機能を組み込んだセンサーキットを米ベンチャーのオシアと共同開発した。顧客が自社のシステムにセンサーを接続すれば無線給電の評価試験を行える...

従来難しかったスマートタグやスマートカード、マウスなどパソコン周辺機器の無線給電化を容易に実現できる。... モジュール内蔵のアンテナで無線給電と通信の双方に対応可能。... ロームは今後、形状や高出...

電気はケーブルで伝わるという常識をくつがえす無線給電技術は日本や米国、中国が開発にしのぎを削る。... ミネベアミツミは京都大学と連携し、トンネルの保守点検に無線給電を活用する。... 【電波以外の方...

豊田合成、VBに出資 MaaS向けサービス開発 (2021/1/20 自動車・ロボット)

豊田合成は19年からコーポレートベンチャーキャピタルを立ち上げており、これまでにセンサーや無線給電、ロボットといったベンチャー企業への出資を実施。

展望2021/京セラ社長・谷本秀夫氏 今期、設備投資額上振れ (2021/1/19 電機・電子部品・情報・通信1)

ソラー・レーザー・ダイオードの技術を応用すれば、無線給電や、光無線通信技術の一つであるLi―Fi(ライファイ)が可能で期待されている。

ミネベアミツミと京都大学生存圏研究所の篠原真毅教授らは、走行中の自動車からインフラ監視用センサーへ無線で給電する技術の実証実験を、24日まで京都府宮津市内のトンネルで行う。... 車載の画像センサーが...

オシアは電流をマイクロ波に変換し電気を送るワイヤレス給電技術を持つ。... オシアの技術を活用し最大10メートル先まで無線給電するシステムの開発を進める。... 将来は自動運転のセンサーなどへの無線給...

JEMIMAは19年度以降の増加要因として、電気自動車やプラグインハイブリッド車などのxEVの開発に加え、世界的な排ガス規制・燃費基準に対応した動き、xEVの充電インフラ整備、新たな無線給電システムの...

このユニットは足元に無線給電機能があり、バリ取りをしながらAGVに充電できる。

ベルニクス、無線給電システムで新会社 新電源インフラに挑戦 (2019/10/31 電機・電子部品・情報・通信1)

ワイヤレス給電は電極が表面に出ないため水に強く、屋外での使用が可能。... パソコンへの給電、飲み物の保温など多様な利用ができ、800ワットにも対応できるという。... 20年をめどに、製品の販売やワ...

無線給電式で、1回の充電当たり約1時間走行できる。

関電、マイクロ波無線給電技術VBに出資 (2019/6/13 建設・生活・環境・エネルギー2)

関西電力はマイクロ波による無線給電技術を持つベンチャー企業「スペースパワーテクノロジーズ」(京都市西京区)に出資した。... 携帯端末やIoT(モノのインターネット)セ...

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、国際宇宙ステーション(ISS)での無線電力伝送技術の実証実験の資金調達にレディーフォーのクラウドファンディングを利用。... ISS...

東京工業大学の佐藤俊樹助教と電気通信大学、武蔵野美術大学の研究チームは、無線給電で光るアクセサリーを開発した。... 無線給電は磁界共鳴式を採用した。身体の身ぶり手ぶりなどによって給電コイルとアクセサ...

ポニー電機、パワエレ開発強化 無線給電研究で技術力向上 (2019/4/23 電機・電子部品・情報・通信2)

産学協同の研究プロジェクトに参画し、高周波のワイヤレス給電システムの開発に取り組むことで技術力や認知度向上を図る。

おすすめコンテンツ

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 
新・日本型人づくり
興研の経営哲学と人事評価制度

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 新・日本型人づくり 興研の経営哲学と人事評価制度

2022年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2022年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

図解!わかりやすーいプラスチック材料を使った機械設計実務入門
材料特性にとことんこだわって解説

図解!わかりやすーいプラスチック材料を使った機械設計実務入門 材料特性にとことんこだわって解説

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる