983件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

企業物価、7月8.6%増 原材料高で価格転嫁拡大 (2022/8/11 金融・商品市況)

各種原材料価格上昇の価格転嫁の動きが鉄鋼などの川中、飲食料品などの川下製品にも広がった。 ... 分野別では夏季電力料金の適用開始や燃料価格上昇があった電力・都市ガス・水道が前年同月...

燃料価格を電気料金に反映させる燃料費調整制度(燃調)に基づく9月分の料金では、東京電力は9126円。

東レの4―6月期、事業益24%減 原燃料高騰など響く (2022/8/10 素材・医療・ヘルスケア)

繊維や炭素繊維複合材料など全般に増収だが、原燃料価格や運輸費の高騰などの影響が大きかった。価格転嫁を進めており、23年3月期連結業績見通しで売上高のみを期初から1250億円増の2兆6250億円に上方修...

帝人の4―6月期、増収営業減益 (2022/8/9 素材・医療・ヘルスケア)

アラミド繊維や炭素繊維、複合成形材料を扱うマテリアル事業で自動車・航空機用途の需要増と、販売価格改定などにより増収。ただ中国のロックダウン(都市封鎖)の影響や原燃料価格高騰で同事業は7...

東北電と東ガスの折半出資会社、電力小売り11月末終了 燃料高影響 (2022/8/9 建設・生活・環境・エネルギー)

「ウクライナ情勢が長引き燃料価格や卸電力市場の高騰で事業継続が困難になった」(会田社長)とする。... ただ燃料が高止まりする中で出資両社の供給力確保も課題となり、21年度は15...

原燃料価格の高騰により、化学業界の事業環境は非常に厳しかった。基礎原料のナフサ価格は前年同期に比べ8割上昇。... 先行き不透明感が続く中、原料高の価格転嫁をやり切ることが今後の業績のポイントとなる。

日本製紙が5日発表した2023年3月期連結業績予想は、値上げなどに伴う増収効果を上回る原燃料高騰で当期損益が250億円の赤字(前期は19億円の黒字)と4年ぶりの赤字となる見通しだ。&#...

電力10社の4―6月期、7社当期赤字 燃料費高騰が直撃 (2022/8/4 建設・生活・環境・エネルギー1)

電力大手10社の2022年4―6月期の連結決算は、売上高は燃料費の上昇に伴う燃料費調整額の増加や小売り販売電力量の増加で全社が大幅増収となったが、当期損益は燃料価格の高騰が直撃し7社が赤字となった。2...

三菱ケミGの4―6月期、売上高最高 価格転嫁が進展 (2022/8/4 素材・医療・ヘルスケア2)

原料価格上昇分の価格転嫁に加え、円安が寄与した。... 23年3月期予想は原燃料価格の高止まりや景気減速など先行き不透明なため、期初予想を据え置いた。

再生エネ専業のレノバ、東ガスとPPA 非FIT太陽光電力供給 (2022/8/4 建設・生活・環境・エネルギー1)

レノバは3日、非FIT(固定価格買取制度)太陽光発電所で発電した電力を東京ガスに販売するPPA(電力販売契約)を結んだと発表した。... 燃料価格が高騰する現在はFIT...

東電HDの4―6月期、当期赤字670億円 燃料高騰など影響 (2022/8/3 建設・生活・環境・エネルギー1)

燃料費調整額の増加で売上高は前年同期比50・7%増の1兆4764億円と増収だった。だが、50%出資するJERAの燃料費調整制度の期ずれ影響の悪化や、燃料価格高騰などの影響で経常損益が4...

6月にスタートした2022年度の議論では燃料価格が高騰する中、負担増にも目配りした制度のあり方や自動車関連税制を、より積極的に環境税制と位置付けることなどをめぐり意見が交わされた。

レンゴー、段ボール原紙など値上げ 9月納品分から15円超 (2022/8/2 素材・医療・ヘルスケア2)

レンゴーは段ボール原紙と白板紙、紙管原紙、チップボールの価格を9月1日納品分から1キログラム当たり15円以上引き上げる。原燃料価格などの上昇分を価格に転嫁する。

関電の4―6月期、8年ぶり赤字転落 円安・燃料高騰響く (2022/8/1 建設・生活・環境・エネルギー)

電灯電力料収入の増加で売上高は前年同期比34・9%増の7675億円となったが、円安や燃料価格の高騰、原子力発電所の稼働率低下による火力発電の燃料費が増加したことなどを受け、経常損益が171億円...

JERAの4―6月期、当期赤字117億円 期ずれ響く (2022/7/28 建設・生活・環境・エネルギー1)

JERAが27日発表した2022年4―6月期連結決算は、売上高が販売電力量の増加と世界的な液化天然ガス不足の中で海外の燃料トレーディング子会社が売り上げを伸ばし、前年同期比約2・2倍の1兆5745億円...

エネルギー・素材価格の高騰、半導体・部品不足、物流コストの上昇圧力―。... 日刊工業新聞社の調査によると、エネルギー・素材価格の高騰による影響について、大手企業の87%が業績悪化の影響を受け...

四国電、燃調制度の上限廃止 11月分から低圧自由料金プラン対象 (2022/7/20 建設・生活・環境・エネルギー)

4月以降、燃料価格が燃調制度の上限を超えているため。... 燃調制度は火力発電に用いる原油、液化天然ガス、石炭の価格が基準となる平均燃料価格を上回った場合に燃料価格に上乗せされる仕組み。... 燃料の...

経営ひと言/中国電力・瀧本夏彦社長「反転攻勢」 (2022/7/20 建設・生活・環境・エネルギー)

「燃料価格の高騰や需給逼迫で電力業界全体が厳しいが、入社した1981年の様子と似ている」というのは中国電力社長の瀧本夏彦さん。

製造業の業績は総じて堅調である一方で、半導体などの部品部材不足や原燃料価格の高騰による影響が懸念されている。... 原材料高騰・円安、影響少なく 高いシェア・海外売上高比率強み ...

進化するスマートシティー(8)エネ地産地消でコスト低減 (2022/7/8 電機・電子部品・情報・通信)

産業育成・地域活性化も期待 燃料価格の高騰、卸電力価格の急騰などを理由に、電力会社から電気料金の値上げを迫られている企業が多いのではないだろうか。... 新規受け付けを再開した電力会...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン