144件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

電力10社の前3月期、8社が当期増益 販売減も一過性利益 (2020/5/19 建設・生活・環境・エネルギー)

ただし増益要因は、燃料費の変動や減価償却方法の変更による一過性の利益を計上したに過ぎず、競争激化などに伴う販売電力量の減少には歯止めがかかっていない。... 燃料費調整の時間差影響による400億円の増...

制度融資活用後の元本返済の据え置き期間見直しなど、それぞれの状況によって対応してもらいたい。 ... (3)中国における鉄鋼の過剰生産の影響で、鋼材価格の下落や原材料費の高騰が進んで...

ただ最大の売り手となる大手発電業者は、燃料の価格変動を電力料金に反映できるため先物への関心が低く、市場活性化はほど遠い。... ただ、燃料費調整制度のもとで大手発電事業者は燃料の価格変動を電力料金に反...

原材料費の高騰や人手不足による人件費増、物流コスト増も続き、明るい材料は少ない。... 一方、電子部品など早期に調整を迎えていた分野で在庫調整局面の底入れも見られ雲の切れ間も。... 環境規制強化で液...

電力・ガス会社にとっても発電燃料にかかわり、人ごとではない。... LNG価格の上昇は都市ガスや電力料金に、原料・燃料費調整制度の変動分として上乗せされる。 ... アジアでは化石燃...

電力10社の4―6月期、電力好調9社が増収 原発再稼働貢献 (2019/8/2 建設・生活・環境・エネルギー)

燃料費調整制度による燃料費と電気料金のタイムラグが寄与。... 前年同期が燃料価格の上昇で減収要因となったのと反対の結果となった。 ... 九州電力は前年同期に定期検査していた川内原...

電力10社の今期予想、販売低迷で6社が微増収 東電は公表見送り (2019/4/29 建設・生活・環境・エネルギー)

東電HDは福島第一原子力発電所の廃炉の燃料デブリ(溶け落ちた核燃料)取り出し手法策定前だとして、公表を見送った。 ... 販売電力量低下で減収も、減価償却費の減少や経営効率化で大幅増...

経営ひと言/中部電力・勝野哲社長「目標達成!」 (2019/2/13 建設・エネルギー・生活2)

2019年3月期は燃料費調整制度の期ずれ影響を除く連結経常利益が1600億円と、目標だった1500億円を超える見通し。

電力大手10社の2019年3月期連結業績は、燃料費調整制度に基づく値上げで四国電力を除き増収だが、原油相場の高騰に価格転嫁が追いつかず関西電力など5社が営業・経常・当期減益となる見通しだ。... 他電...

東電の4―12月期、当期益が半減 原油高騰など響く (2019/1/31 建設・エネルギー・生活1)

東京電力ホールディングス(HD)が30日発表した2018年4―12月期連結決算は、市場競争激化による販売電力量の減少を燃料費調整制度に基づく値上げや新電力などからの託送料でカバーし増収。... また、...

電力10社の4―9月期、7社が経常減益 燃料価格上昇響く (2018/11/2 建設・エネルギー・生活1)

燃料価格の変動を電気料金に反映する燃料費調整制度により、売上高は四国電力を除いて増加。ただ、同制度は燃料価格が上がり続ける局面では、燃料費負担が先行して膨らむ期ズレ(転嫁遅れ)の影響が出る。... 売...

東電HDの4―9月期、増収減益 燃料費負担響く (2018/10/31 建設・エネルギー・生活1)

売上高は販売電力量の減少を、燃料費調整制度に基づく値上げと新電力からの託送料金でカバー。一方、収益面では燃料費負担が膨らみ、前年同期に特別利益として原子力損害賠償・廃炉等支援機構交付金を計上していたた...

電力10社の4―6月期、4社赤字 燃料費上昇でコスト増 (2018/8/2 建設・エネルギー・生活1)

また、九州電も川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の定期検査と玄海原発(佐賀県玄海町)の設備トラブルが重なり、代替のために動かした火力発電の燃料費負担などで赤字幅が大きくなった。 19年3...

電力大手10社の2019年3月期連結業績予想は、燃料価格の変動に応じて料金を調整する燃料費調整制度の期ズレ影響が縮小することから増収基調が続く。... 18年3月期は燃料費調整制度に基づく値上げもあり...

太陽光由来の電気を使うほど電力会社からの購入を抑え、光熱費を節約できる。 ... パナソニックは太陽光と蓄電池の電気を1台で制御できるパワーコンディショナー(電力調整装置)を12年に...

資源価格の変動は「燃料費調整制度」に基づき電気料金に反映される。ただ、販売価格へは燃料の調達時より遅れて調整される。... 四国電力は伊方原子力発電所3号機が16年8月に再稼働し、燃料費が改善。

電力10社、自由化で顧客離れ 経営環境厳しさ増す (2017/5/2 建設・エネルギー・生活)

(栗下直也) 17年3月期の10社合計の燃料費負担は、10社合計で約3兆4000億円だった。火力発電の燃料となる原油や液化天然ガス(LNG)の価格が下がり、前期の...

走行時にCO2を出さない燃料電池車(FCV)に加え、その燃料となる水素の製造段階でもCO2の排出を減らし、低炭素社会の実現を急ぐ。 ... CO2削減だけでなく、...

7回の会合で、横浜港をモデルケースにLNG燃料の供給体制や需要創出、制度設計などを検討してきた。... 船の建造や運航などの事業主体については、地方自治体や民間企業などと今後調整する。 ...

ただ、16年初頭から大口需要先の一つ「航空機向け」で在庫調整が目立ってきた。... ■製薬 薬価制度見直し懸念 国内で薬価制度の抜本改革に関する議論が進み、製薬企業は経営への打撃を懸...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる