80件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

中部電、AI・IoT活用拡充 電力使用量で顧客状態推測 (2020/6/12 建設・生活・環境・エネルギー)

同社の20年3月期の経常利益は原油価格に連動する燃料費調整制度の影響分を除いて1500億円程度。

ただ最大の売り手となる大手発電業者は、燃料の価格変動を電力料金に反映できるため先物への関心が低く、市場活性化はほど遠い。... ただ、燃料費調整制度のもとで大手発電事業者は燃料の価格変動を電力料金に反...

電力・ガス会社にとっても発電燃料にかかわり、人ごとではない。... LNG価格の上昇は都市ガスや電力料金に、原料・燃料費調整制度の変動分として上乗せされる。 ... アジアでは化石燃...

電力10社の4―6月期、電力好調9社が増収 原発再稼働貢献 (2019/8/2 建設・生活・環境・エネルギー)

燃料費調整制度による燃料費と電気料金のタイムラグが寄与。... 前年同期が燃料価格の上昇で減収要因となったのと反対の結果となった。 ... 九州電力は前年同期に定期検査していた川内原...

電力10社の今期予想、販売低迷で6社が微増収 東電は公表見送り (2019/4/29 建設・生活・環境・エネルギー)

東電HDは福島第一原子力発電所の廃炉の燃料デブリ(溶け落ちた核燃料)取り出し手法策定前だとして、公表を見送った。 ... 販売電力量低下で減収も、減価償却費の減少や経営効率化で大幅増...

経営ひと言/中部電力・勝野哲社長「目標達成!」 (2019/2/13 建設・エネルギー・生活2)

2019年3月期は燃料費調整制度の期ずれ影響を除く連結経常利益が1600億円と、目標だった1500億円を超える見通し。

電力大手10社の2019年3月期連結業績は、燃料費調整制度に基づく値上げで四国電力を除き増収だが、原油相場の高騰に価格転嫁が追いつかず関西電力など5社が営業・経常・当期減益となる見通しだ。... 他電...

東電の4―12月期、当期益が半減 原油高騰など響く (2019/1/31 建設・エネルギー・生活1)

東京電力ホールディングス(HD)が30日発表した2018年4―12月期連結決算は、市場競争激化による販売電力量の減少を燃料費調整制度に基づく値上げや新電力などからの託送料でカバーし増収。... また、...

電力10社の4―9月期、7社が経常減益 燃料価格上昇響く (2018/11/2 建設・エネルギー・生活1)

燃料価格の変動を電気料金に反映する燃料費調整制度により、売上高は四国電力を除いて増加。ただ、同制度は燃料価格が上がり続ける局面では、燃料費負担が先行して膨らむ期ズレ(転嫁遅れ)の影響が出る。... 売...

東電HDの4―9月期、増収減益 燃料費負担響く (2018/10/31 建設・エネルギー・生活1)

売上高は販売電力量の減少を、燃料費調整制度に基づく値上げと新電力からの託送料金でカバー。一方、収益面では燃料費負担が膨らみ、前年同期に特別利益として原子力損害賠償・廃炉等支援機構交付金を計上していたた...

電力10社の4―6月期、4社赤字 燃料費上昇でコスト増 (2018/8/2 建設・エネルギー・生活1)

また、九州電も川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の定期検査と玄海原発(佐賀県玄海町)の設備トラブルが重なり、代替のために動かした火力発電の燃料費負担などで赤字幅が大きくなった。 19年3...

電力大手10社の2019年3月期連結業績予想は、燃料価格の変動に応じて料金を調整する燃料費調整制度の期ズレ影響が縮小することから増収基調が続く。... 18年3月期は燃料費調整制度に基づく値上げもあり...

資源価格の変動は「燃料費調整制度」に基づき電気料金に反映される。ただ、販売価格へは燃料の調達時より遅れて調整される。... 四国電力は伊方原子力発電所3号機が16年8月に再稼働し、燃料費が改善。

電力10社、自由化で顧客離れ 経営環境厳しさ増す (2017/5/2 建設・エネルギー・生活)

(栗下直也) 17年3月期の10社合計の燃料費負担は、10社合計で約3兆4000億円だった。火力発電の燃料となる原油や液化天然ガス(LNG)の価格が下がり、前期の...

東電HDの4―9月期、経常益24%減 (2016/11/1 建設・エネルギー・生活1)

火力発電の燃料に使う液化天然ガス(LNG)の単価下落と為替の円高効果で、燃料費が前年同期比4割減った。発電設備の修繕費や減価償却費も減り、4―9月期としては各利益段階とも4年連続で黒字を確保した。&#...

電力10社の16年4―6月期連結決算は「燃料費調整制度」に基づく電気料金引き下げの影響もあり、多くが減収減益または赤字となった。

具体的な経営方針として不要資産の見直しや生産性の改善を通じた企業価値の向上、燃料事業などを統合するため中部電力と共同で設立した新会社のJERA(東京都中央区)と外部企業との提携推進などに取り組む方針を...

発電や都市ガス製造の原燃料になる液化天然ガス(LNG)の相場が変動すると、燃料費調整制度や原料費調整制度に基づいて電気・ガス料金に反映される。... 10社の燃料費は合計で約4兆5200億円と、前期に...

関西電力の前3月期、5期ぶり黒字転換−値上げ効果で (2016/4/29 建設・エネルギー・生活)

売上高は販売電力量の減少と燃料費調整制度による単価下落で、前期比4・7%減の3兆2459億円。

火力発電の燃料になる天然ガスの値下がりが寄与した。だが17年3月期は燃料価格の変動を電気料金に反映させる「燃料費調整制度」に基づく値下げで、収益が下押しされる見通しだ。 売上高は同制...

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる