1,367件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.012秒)

トヨタ自動車とデンヨーは17日、水素を使って発電する燃料電池(FC)を搭載した電源車(イメージ)を共同開発し、実証運転を始めると発表した。 ... FC電源車はトヨタの小型トラック「...

在宅避難体験ツアーでPR 災害対策の一環として、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)など電動車の外部給電に関する普及啓発活動が重要になっている。... 販売会社と自...

水素関連のプロジェクトは、燃料電池車(FCV)や水素ステーションなどにスポットが当たりがちだ。

ニュース拡大鏡/増える水素ステーション 五輪テコに25年度320カ所 (2020/9/10 建設・生活・環境・エネルギー2)

FCバス対応、採算課題 燃料電池車(FCV)に水素を充填する水素ステーションの新設が進んでいる。... FCバスの導入拡大に伴い、大型車も受け入れ可能なステーションも増え始めた。.....

GM、米EV社の株11%取得 (2020/9/10 自動車)

提携では、GMがニコラのトラック「バジャー」のEVモデルと燃料電池車(FCV)モデルの双方を設計・製造。ニコラの一部トラック向けに燃料電池も供給する。... 一方、GM側は燃料電池などの供給先を確保で...

「電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)の技術開発とともに、ライドシェアなどの環境変化を受けて車づくりがどう変わっていくのか、という端境期の段階で新型コロナが重なり、方向性が見えづらい。

燃料電池車(FCV)で1時間当たり10台の供給が可能で、能力は国内最大級という。

避難場所での水素備蓄、燃料電池車(FCV)からの電力供給などの災害時利用などの研究・実証を推進する。 ... 災害時には設置した燃料電池をFCVやFCバスの電源として活用する。......

全固体電池や科学探査、実証試験用の機器などを載せて月に運ぶ(ispace提供) 月着陸探査機「SELENE―2(セレーネ2)」。探査車(ローバー)を搭載した着陸機...

林精器製造、ウオッチケースに新素材 新商品を年内投入 (2020/8/13 中小・ベンチャー・中小政策)

また高い切削・加工技術を生かして医療機器、燃料電池車(FCV)向け部品の製造を始める。... 10月からは燃料電池車向けに水素タンク関連部品の製造も開始する予定。

トヨタ自動車が、2021年にハイブリッド車(HV)など電動車の世界生産(ダイハツ工業、日野自動車を除く)で、20年計画比約40%増の280万台程度を計画していることが分かった。... 25年までに新車...

電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)、自動運転領域の拡大による事業変革が軸。... 磁気マーカーによる自動運転システムは21年の事業化に向け、年内にも完成車メーカーや電機メーカー、部品メーカーなど...

ANAHD、運航以外で発生CO2ゼロに (2020/7/23 建設・生活・環境・エネルギー)

空港車両への電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)の導入、設備の省エネルギー化更新を進め、再生可能エネルギーの利用拡大を図ることで達成を目指す。

コンセプトカー段階の燃料電池車(FCV)も実用化の時期を探っている。... この燃料電池の技術は日本にも導入される。どのトラック、バスから燃料電池車の量産を始めるかは顧客の状況を見て判断する」 ...

日本エア・リキード、名古屋に水素ステーション開設 (2020/7/14 建設・生活・環境・エネルギー2)

日本エア・リキード(東京都港区、03・6414・6700)は名古屋市中川区に燃料電池車(FCV)用水素ステーションを開設した。

ゴルフクラブのシャフトなどに使われる炭素繊維強化プラスチック(CFRP)が、トヨタ自動車の燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」の部材に採用された実績もある。

▽マルチコプター型無人航空機をインフラ点検に適用するシステム開発(アルプスアルパイン)▽水上離着水・航行可能な長距離無人航空機の開発(スペースエンターテインメントラボラトリー)▽大型ドローンの有人地帯...

再生エネからの水素製造では低ロスで水素を製造するなどの研究開発も実施している」 ―燃料電池車(FCV)などの普及と水素ステーションの立地に向けては。

PtGからの水素を利用した定置型燃料電池は100キロワット型と700キロワット型が今月末に福島市と広野町に設置された。... いわき市内には燃料電池車が50台導入されているほか、トラックも活用する水素...

さあ出番/岩谷瓦斯社長・上羽尚登氏 水素とヘリウムで戦う (2020/6/25 建設・生活・環境・エネルギー1)

約20年前にドイツで開発中の燃料電池車(FCV)に乗り、水素事業への思いを強くした。

おすすめコンテンツ

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

必携「からくり設計」メカニズム定石集 Part2
―図でわかる簡易自動化の勘どころ―

必携「からくり設計」メカニズム定石集 Part2 ―図でわかる簡易自動化の勘どころ―

設計の業務課題って、どない解決すんねん!
上司と部下のFAQ 設計工学編

設計の業務課題って、どない解決すんねん! 上司と部下のFAQ 設計工学編

単位操作を理解して生産性を向上! 
食品工場の生産技術

単位操作を理解して生産性を向上! 食品工場の生産技術

機械製図CAD作業技能検定試験1・2級実技課題と解読例 第3版
平成29年度、平成30年度、令和元年度試験の過去3年分を解説

機械製図CAD作業技能検定試験1・2級実技課題と解読例 第3版 平成29年度、平成30年度、令和元年度試験の過去3年分を解説

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる