108件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.0163秒)

...え、ガソリンとディーゼル、革新的燃焼技術を採用したガソリンエンジンの「スカイアクティブx」の3種類を...

...を搭載。ロングストロークなど高速燃焼技術を採用し、低燃費と高出力を両立した。排気量1500ccと1000ccモデル...

...開発実証(d&d)パークでは低環境負荷の燃焼技術開発や実証運転を繰り返しており、バイオマス発電所向けには石...

...目を集める。ihi原動機は予混合希薄燃焼技術を採用、窒素酸化物(nox)低減装置不要で規制をクリアするデュア...

...同社が進めるアンモニアを含む水素燃焼技術やメタネーション(水素のメタン化)化など、水素を貯蔵運搬する...

谷川熱技術振興基金、助成事業を募集 (2019/6/5 科学技術・大学)

...金は2019年度の工業炉や燃焼装置など燃焼技術に関する基礎実用化研究に対する助成事業の募集を始めた。大学...

...6%に達したことを明らかにした。低温燃焼技術によるエネルギー損失の低減などで熱効率を向上させた。2018年度...

...却炉2基を設計施工する。同社独自の燃焼技術である高温空気燃焼システムや超高温高圧ボイラの導入により、...

...「スカイアクティブd22」は急速多段燃焼技術などを採用し、最大出力を175馬力から190馬力に高めた。 セダンは...

...講演会 日本機械学会高効率エンジン燃焼技術の高度化研究会は18日13時20分から東京都千代田区の日本大学理工...

...たと明らかにした。燃料の高効率の燃焼技術や部品の摩擦低減などにより、熱効率はガソリンエンジンが472%、... ...プログラム(sip)の一つである「革新的燃焼技術」プロジェクトで実施。慶大や東大、京都大学、早稲田大学など7...

...の燃料としてアンモニアを利用する燃焼技術の実用化にめどを付けたと発表した。アンモニアは低炭素社会を... ...るガスタービンや石炭火力ボイラの燃焼技術、固体酸化物形燃料電池(sofc)のシステム化などに取り組む。 ...

IHI、アンモニア混焼に成功 火力発電燃料に実用化めど (2018/3/29 機械・ロボット・航空機1)

...の燃料としてアンモニアを利用する燃焼技術の実用化にめどをつけた。今後はボイラ性能に与える影響の評価...

...わずにnoxを低減する、川崎重工業の燃焼技術を活用したバーナーで、発生を規制値以下に抑える。 石油精製や...

...するほか、法人向けには電化技術や燃焼技術を生かしたビジネスソリューションを提供する。販売は認可取得...

...最新の「ドライ低エミッション(dle)」燃焼技術で、窒素酸化物(nox)の排出量を525ppmに抑えた。同機を用いたコー...

...ー開発−東邦ガス技術研究所業務用燃焼技術グループ課長・三浦新平さん 熱効率向上 形状変更で実現 東邦ガ...

谷川熱技術振興基金、熱技術賞に岡崎氏選出 (2017/10/2 機械・ロボット・航空機1)

...力し、高効率で環境負荷の低い石炭燃焼技術や温暖化防止に関する二酸化炭素(co2)回収隔離技術などの進歩に...

...究開発などの現状を報告。「革新的燃焼技術」を担当する杉山雅則pd(トヨタ自動車常務理事)は、自動車エンジ...

...ジンを導入すると発表した。独自の燃焼技術により、環境性能と走行性能を両立させた。19年に1車種で採用し...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる