109件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

商用化研究は相生工場(兵庫県相生市)内の石炭燃焼試験設備と、横浜事業所(横浜市磯子区)内のアンモニア混焼ガスタービン試験設備を中心に進めている。 ... 相生工場の設備でシミュレーシ...

【火災の3要素】 「火だね、可燃物、酸素の3要素と伝播(でんぱ)性があれば燃焼し続ける」。... 炭カルはアルミニウムや鉄粉といった可燃物にまとわりついたり、酸素を遮断したりして火が...

【名古屋】愛知製鋼は豊田中央研究所(愛知県長久手市)と近江鉱業(滋賀県米原市)と共同で、液化天然ガス(LNG)を燃料とした燃焼式ボイラに比べ、二酸化炭素(CO2)排出量を約8割削減できる蓄熱システム(...

同拠点に航空機関連の試験装置を整える長野県の施策に沿った一環で、周辺設備を含む導入費は約1億2000万円。... 導入するのは民間航空機搭載機器試験規格に準拠した試験装置。... エス・バードにはこれ...

航空機関連の環境試験をテーマにしたシンポジウムは国内で初めて。... さらに、同拠点で同センターが運営を担う着氷試験、防爆試験、燃焼・耐火性試験のそれぞれ機器の説明と見学会を行う。 ...

大陽日酸は炭素繊維製造プロセス向けに、排ガス除害装置「Innova―FLASH」を開発した。... プロセス1で生成した燃焼ガスをプロセス2に流入して排熱を有効利用し、空気燃焼式と比べ50%の省エネを...

川崎サイドは8月、ブルネイサイドは9月に工事を終了し、20年1月から実証の試験運転に入る。... 研究センターも再エネ水素からMCHを製造し、近くの工場で水素燃焼する実証を始めた」と明かす。... さ...

【長野】長野県は航空機システム(装備品)を対象とした燃焼・耐火性試験装置の運用を7月めどに始める。シート、内装品などの燃焼性、耐火性、自己消火性を評価・試験するほか発生ガスを分析する。... 設置した...

第44回発明大賞、本賞にライフ (2019/3/7 編集特集)

(シンセテック=千葉県柏市、0297・82・3311) 加湿冷却モジュールを用いた耐候性試験機=スガ試験機(社長・須賀茂雄氏ほか1人) 材料の耐久性を調べる耐候性試...

20件の応募の中から、最高位の経済産業大臣賞には、東北電力と三菱日立パワーシステムズが共同申請した「強制空冷燃焼器システム採用次世代ガスタービン(JAC形)」を選んだ。 ... 【エ...

■最優秀経営者賞(優秀経営者賞) 【ナベル社長・永井規夫氏】 《受賞理由》産業機器のデジタル化を見据え、創業時のカメラ用蛇腹から半導体製造装置や...

融点が高いことは炉心溶融を起こしにくいという利点となるが、このような超高温測定を行うために装置の構造や構成材料を変更することは困難であり、問題となっている反応が抑制できる試験体系を考案することは非常に...

時期は未定だが、消火ガスの試験や顧客と消火実験をする滋賀研究所(滋賀県湖南市)も三田工場に移す予定だ。 ... 部品の自動倉庫や自動洗浄機など省人化を高める大型装置も導入。... 酸...

エンジンの振動や異常燃焼などを抑える。 ... 大手自動車メーカーと共同で実施した1年以上の路上試験で有効性を確認した。... ディーゼル車のほか、建設機械や農業機械、船舶、発電機な...

排気流量の制御装置として高圧と低圧段のタービンの間に電子制御するバイパスバルブを搭載した。... UDトラックスは、燃焼室の形状の改良などで対応する。... 各社はエンジンをモデル化して、過給器や排ガ...

三菱重工と中国社、排ガス浄化装置で実証試験 (2018/6/7 機械・ロボット・航空機1)

三菱重工業は6日、大型船舶向けの方形スクラバー(排ガス浄化装置)について、中国国営造船会社の中遠海運重工のグループ造船会社であるCHI大連と方形スクラバーの実証試験で合意したと発表した。今後、大型船に...

同システムの拠点に向け、設計・製造に必要な試験装置を整える県の施策の一環。... 運用する試験機は長野県や地域の市町村などが環境試験装置の整備を進める航空機システムの拠点(旧飯田工業高校)に設置。.....

動力試験や耐久試験など各種エンジン試験に加え、排ガスや燃費、電子制御ユニット(ECU)などの試験を受託できる。このうち1基は電気動力計のほか燃焼解析装置や高精度燃費計、エンジン排ガス測定装置なども利用...

京都EIC、ガラス溶融炉の非接触レベル計 定期点検削減 (2018/4/24 機械・ロボット・航空機2)

新装置は「ガラススウィフト」。... 実証試験で大手ガラスメーカーから高い評価を得ている。 ... 燃焼制御が得意で、ガラス溶融炉向け制御システムの国内シェアは約6割。

第30回「中小企業優秀新技術・新製品賞」(3)一般部門 優良賞 (2018/4/11 中小企業優秀新技術・新製品賞1)

燃焼炉、最大1000度Cで制御する試料炉、還元炉で構成。燃焼後の灰分を回収し、合成過程の不純物確認や灰分の無機分析を可能にした。... モーター耐久試験では、既存品の5倍の長寿命となる連続稼働500時...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる