電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

261件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.053秒)

ただサプライヤーによっては採算が合わない部品の生産を中止するのが早く、社内の設計者らに対してどの部品を使うべきかを共有する必要があるためだ」 ―「物流の2024年問題」への取り組みは...

三井不、物流8施設新設 ロジ事業累計1.2兆円投資 (2024/7/12 素材・建設・環境・エネルギー)

今回の8件により、物流施設を手がけるロジスティクス事業を開始した2012年からの累計投資額は約1兆2000億円となる。... 25年2月以降に順次竣工する予定だ。... 電子商取引(EC...

『物流の2024年問題』も重要な要素だ。

動線工夫で作業時間短縮 家庭用・産業用手袋を展開するショーワグローブ(兵庫県姫路市、星野達也社長)は、物流の最適化に向けた継続的な取り組みで「物流...

企業スクエア/イケア・ジャパンなど (2024/7/11 生活インフラ・医療・くらし)

物流の「2024年問題」の解決につなげる。 ... 2024年に、ヤマト運輸も置き配を本格的に始めた。

道路貨物運送業を中心に価格転嫁が進んだとみられ、商工中金の担当者は「物流の『2024年問題』の認知が広がり、以前と比べて価格交渉がしやすい環境にあった」と分析する。

製造業や流通・小売業など幅広い業種に向けて、映像を活用したデジタル変革(DX)を後押しし、近年は物流関連の引き合いも増えている。 ... 製造業向...

積水樹脂、包装・梱包を総合提案 AGVなど協業拡大、省力・省人化支援 (2024/7/4 素材・建設・環境・エネルギー1)

物流の2024年問題でパレット輸送が拡大している中、手巻きしていたフィルム梱包を機械化し、省力・省人化するニーズなどを取り込む。... 物流拠点の新設や24年問題への対応、ストレッチ包装機の老朽化に伴...

DXの先導者たち(159)イーアイアイ 廃棄物処理業務を効率化 (2024/7/4 電機・電子部品・情報・通信2)

機能の拡張や新サービスの提供を通じ、今後5年以内に売上高10億円規模を目指す。 創業は2018年12月。... 今後、二酸化炭素(CO2)の可視化を一段と詳細に行える...

下関三井化学、海運モーダルシフト大賞を受賞 (2024/7/3 素材・建設・環境・エネルギー2)

活材ケミカル(物流事業者)の仲介で、ダイキン工業(発荷主)と下関三井化学(着荷主)が連携。海上輸送を組み合わせたことで二酸化炭素(CO2)...

拠点や車両を拡充して「物流の2024年問題」に対応する狙いに加え、需要低迷やコスト上昇による経営環境の悪化がM&Aを加速させている。... 東京商工リサーチによると、この数年、運送業者の倒産件...

コアスタッフ、長野・佐久に物流拠点 自社在庫積み増し (2024/7/2 電機・電子部品・情報・通信2)

4階建てで、延べ床面積は従来物流センターに比べ約5倍の約1万5000平方メートル。新物流センターを基幹として運営し、自社在庫を増やす。物流の「2024年問題」への対応として同センターを活用し、顧客の購...

5月から基準指数を15年から20年に変更して公表している。 ... トラック運転手の残業規制に伴う輸送能力の低下が懸念される「物流の2024年問題」などを受け、道路貨物輸送は人件費上...

トラック運転手の時間外労働の上限規制適用に伴う「物流の2024年問題」解決に寄与する点を訴求し拡販する。

ラクスルが2015年に始めた事業を分社した後、セイノーホールディングス(HD)が50・1%を出資し22年8月に新会社として再出発した。... 23年8月時点で会員約1万7000...

コマツは大阪工場(大阪府枚方市)など国内4工場で、物流トラック運転手の構内拘束時間2時間以内を達成した。... トラック運転手の時間外労働の上限規制適用に伴う「物流の2024年問題」解...

24年問題に対応 日建リース工業(東京都千代田区、関山正勝社長)は、物流の「2024年問題」を乗り越えるため、建設工事現場で使われる足場などの仮設資材の注文方法と配送...

出荷数の確認時間2割減 両備システムズ、AIツール提供 (2024/6/11 電機・電子部品・情報・通信1)

同社が既に販売しているトラックの入退場管理や駐車場管理システムと共に、トラック運転手の時間外労働の上限規制適用に伴う「物流の2024年問題」に対応する製品と位置付ける。3製品合わせて26年に現在比約2...

2024―26年度の中期経営計画と同時に発表した長期ビジョンで、10年後に向けてスマート化を追求する「みらい工場」構想を打ち出した。... 土屋明秀社長に10年後のありたい姿を聞いた。 ...

新ウイング車や予約システム 日立建機は「物流の2024年問題」に対応して、さまざまな取り組みを急ピッチで進めている。... 物流子会社である日立建機ロジテックのコンパクト物流部滋賀グ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン