33件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

麻生太郎財務相は24日の衆院財務金融委員会で、「少なくとも令和7年(2025年)くらいまでの間は、引き続き特例公債(赤字国債)を発行せざるを得ないであろうということは明らかだ」との見方を示した。......

18年度末の公債残高は90年度末の5・3倍に当たる883兆円にまで膨らんだ。... 財政構造改革法は、特例公債からの脱却を目指すものだったが、アジア通貨危機や国内金融機関の破綻が相次いだこともあり、成...

同日の会議後に開いた記者会見で、財政審の榊原定征会長は少子高齢化で負担先送りの深刻さが増す中、財政が特例公債に依存している状況などについて、「将来世代の親、孫たちに申し開きが立たないと言わざるを得ない...

消費税の軽減税率導入を盛り込んだ16年度税制改正関連法案や特例公債法改正案も同日中に衆院を通過させる方向だ。

郡司氏は赤字国債の発行に必要な特例公債法案に関し、単年度ではなく2016年度から5年間を対象としたことを「財政規律を形骸化させる」と批判。

一般会計の借金の割合を示す公債依存度は46・3%と、12年度当初比でわずかに改善した。しかし一方で、消費増税の税収を先食いした年金特例公債や12年度補正予算での国債発行による借金は増えており、財政が好...

財源確保に向けて5兆5200億円分の建設国債を追加発行するため、12年度の新規国債発行額(年金特例公債などを含む)は52兆492億円と11年度に次ぐ大量発行。

今年度予算の執行に必要な特例公債法案の審議も先送りにされたほか、復興予算の中には使途が疑問視されるものも多く、被災地の復興も遅れがち。

民主、自民、公明3党は8日、国会内で国対委員長会談を開き、12、13両日に衆院予算委員会、14日に党首討論と特例公債法案の衆院財務金融委員会での採決―の日程で合意した。公債法案は15日に衆院通過する見...

衆院議院運営委員会は7日の理事会で8日に本会議を開き、野田佳彦首相も出席して、2012年度予算の執行を裏付ける特例公債法案の趣旨説明と質疑を行い、審議入りすることで各党が合意した。

成長強化へあらゆる措置 ・特例公債法案の未成立などがリスク要因 ・日本は中長期的な財政再建の達成が必要 ・為替相場の無秩序な動きは経済・金融の安定...

一日も早く特例公債法を成立させて、予算の執行を可能にし、再生戦略を実行すべきだろう。

同日、臨時国会が召集されたことを受け、特例公債法案の早期成立や環太平洋連携協定(TPP)の年内参加表明などを求めた。 ... 特例公債法案の早期成立やTPP参加表明に加え、衆参両院の...

予算執行の前提となる特例公債法案の成立や2012年度補正予算の編成など喫緊の課題が山積みながら、与野党とも政局を優先し、国民不在の政治が露見している。 ... 踊り場に立つ日本経済にとって、最...

宙に浮いている法案の代表が赤字国債発行のための特例公債法案。

政府は31日、2012年度に赤字国債を発行するための特例公債法案の修正を閣議決定した。... 野田政権は特例公債法案を早期に成立させ、景気浮揚に向けた12年度補正予算の編成に臨みたい意向だ。

産業春秋/暫定予算 (2012/3/13)

新規施策の経費や大規模な公共事業費が盛り込まれることはない▼歳入の4割を占める赤字国債を発行するための特例公債法案や、基礎年金の財源不足を補うための交付国債発行に必要な年金法改正案も、成立の見通しが立...

菅首相が辞任の条件として掲げていた再生可能エネルギー特別措置法、特例公債法、第2次補正予算のうち、再生エネ法では太陽光、風力など自然エネで発電した電力を電力会社が買い取ることで関連市場を活性化する道筋...

2011年度予算の執行に必要な財源の4割に当たる37兆円規模の赤字国債を発行するための特例公債法案が11日、衆院本会議で可決され、参院に送られた。

特例公債法案で与野党合意ができたことには「予算執行にめどがつき、喜ばしい」と話した。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる