53件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

レーザーの偏光を制御 NTTと東京工業大学は30日、光のトポロジカル(位相幾何学的)な特異点を自在に生成し、制御できる手法を発見したと発表した。

【人のために】 テクノロジーの活用に際しては、AI(人工知能)の能力が人類を超える「シンギュラリティ(技術的特異点)」が到来するという議論がある。

それゆえにディープラーニングが登場した当時話題になった、2045年にAIがシンギュラリティー(技術的特異点)に到達するという「2045年問題」についても、乗り越えるべき技術的課題が非常に多く、短期的に...

この“特異点”ともいえる連携から、工学系とメーカーの産学連携とは違う協働の仕方や成果が生まれている。... だが特異点での連携からは何が生まれるかわからない。

ロボに人生目標を聞かれる時代に ―なぜシンギュラリティ(技術的特異点)について本を執筆しようと思われたのですか。

人間の能力を超えるような思考・判断ができる人工知能(AI)を実現する「シンギュラリティ(技術的特異点)」が到来するのか否か。... 同教授によると、残る仕事の共通点は、コミュニケーション能力や理解力を...

AIが人間の頭脳を超えるシンギュラリティ(技術的特異点)が2045年に起こり、現存する職業のほとんどが名や形を変えると言われている。

 いずれ人工知能(AI)が人間の知性を超えるシンギュラリティ(技術的特異点)といわれるレベルに到達し、人間や社会に多大な影響を及ぼすようになる――。

ディープラーニング(深層学習)の登場で、人が教えることなく自ら特徴点を抽出して、人間を超える画像認識率を達成した。 米国の未来学者レイ・カーツワイル氏が、05年に出版した『The S...

「人工知能(AI)が人の脳を超えるシンギュラリティ(技術的特異点)が2028年や45年に来ると言われている」と切り出すのは、伊藤忠テクノソリューションズ社長の菊地哲さん。

AIが人間の能力を超えるとされる、2045年のシンギュラリティ(技術的特異点)を見据え「今から日本の大変革にめどをつけなければならない」が持論の経済同友会の小林喜光代表幹事。

近年、孫氏が多用する言葉に、「シンギュラリティー」(技術的特異点)がある。

他方、人間の能力を超える汎用的な人工知能の出現をシンギュラリティー(技術的特異点)というが、こうした長期的課題はイーロン・マスク氏や故スティーヴン・ホーキング博士らが警告を発している。 ...

特異点と言う語は、もともと、理学・工学系の専門用語である。 ... 著者のいう来るべき特異点について、同著から引用する。 「特異点とはなにか。

今回のテーマは人工知能(AI)、シンギュラリティー(技術的特異点)、国際問題を予定している。

ただ、AIが人間の能力を超えるシンギュラリティー(技術的特異点)はまだ先だ。

AI研究の世界的権威であり、AIが人間の能力を超えるシンギュラリティ(技術的特異点)に関する予測で有名なレイ・カーツワイル氏と、Xプライズ財団の創設者兼会長で起業家のピーター・ディアマンディス氏が共同...

このため、人類の知能が人工知能に追い越され、あっという間にその差が広がって行くといういわゆるシンギュラリティー(技術的特異点)の現象が発生すると考えられる。

高エネルギー電子がらせん運動する際、放出するシンクロトロン光の中心に位相特異点という光渦特有の構造を保持。... すると、円運動する電子が放出する周期の整数倍の周波数の光(倍波)の中心に、位相特異点を...

第4次産業革命については、個人情報の保護やセキュリティーの確保、雇用の維持、シンギュラリティー(技術的特異点)を超えた際のあつれきなど解決すべきことも多いが、進行は止められまい。

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる