188件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

日本特許情報機構(Japio)は、特許情報が国連の持続可能な開発目標(SDGs)に該当するかを分析する技術を開発した。人工知能(AI)を用いて特許情報を読み、特許がSDGsに関連する場合、SDGsの1...

けん制はある企業が出願した特許を審査した結果、「新規性がない」などの理由で成立を防いだり、特許がカバーする請求項を縮めたりすること。... 日本精工では、公開情報を基に3年ごとに区切って特許の引用やけ...

東レ―NEC 検査情報の信頼性向上 東レは製品の品質検査情報を収集、共有する品質データ基盤を、NECと構築した。... 社内の技術情報や社外の特許情報に関する情報を、単語抽出AIで統...

帝人、日立と新素材で協業 開発スピード向上 (2020/7/28 素材・医療・ヘルスケア)

社内外の技術情報や特許情報を、単語抽出AI(人工知能)で統合データベースに自動蓄積し、社内で共有する。R&Dに関するポータルサイトを構築し、統合データベースに蓄積した情報や各部署の技術を“見える化”す...

日立、特許検索にAI活用 (2020/7/15 電機・電子部品・情報・通信1)

日立製作所は特許情報提供サービス「シェアリサーチ」に、人工知能(AI)を用いた対話型検索機能を追加した。特許調査の際に検索キーワードが思い浮かばない利用者に対し、AIが国内の特許公報のテキストデータを...

始動デジタル経営 旭化成(2)知財ビッグデータ解析 (2020/6/23 素材・医療・ヘルスケア)

【使える情報に】 特許は、会社の持つ技術の詳細や戦略を記したビッグデータだ。... 顧客の特許情報を解析して「何を課題としているか」を分析。... また特許情報以外も情報解析の対象に...

すでに今中計で、特許情報を解析して顧客や競合の戦略を見える化する手法「IPランドスケープ」を本格導入し、事業戦略の構築に活用している。

20年度からは、経済産業省の呼びかけに民間企業約20社が集まり、AI学習用の特許情報のデータベース(DB)化に着手する。同取り組みでは、各社の内部情報の開示は必要なく、公開済みの特許情報を用いる。

特許情報のAI用DB構築に向けた検討会には、経済産業省の呼びかけに応じて約20社が集まった。... 同秋以降、手作業で特許情報のデータ入力を本格的に始める。 ... 各社の内部情報の...

事務機器特許情報の自動翻訳、JBMIAと情通機構が実証 (2019/12/17 電機・電子部品・情報・通信2)

ビジネス機械・情報システム産業協会(JBMIA、東京都港区)と情報通信研究機構(NICT)は、2020年にも事務機器業界の特許情報に特化したニューラル自動翻訳の精度向上を目指したフィージビリティスタデ...

理研鼎業、来月始動 理研の知的資産活用 (2019/11/29 中小企業・地域経済2)

B会員は年会費として数百万円を想定し、研究室のマッチングや未公開特許情報などを提供する。 ... 主に中小・中堅企業を対象にセミナーや研究会議、公開技術の詳細照会などの情報提供を行う...

同ツールの販売代理店でもあるため、自社の経験をもとに、特許事務所や企業知財部のRPA化促進に向け、導入支援サービスを合わせて提供する。 ... RPA化は進んでおらず、特許情報の定期...

日立、特許情報の提供強化 海外特許要約・AIで分類 (2019/8/22 電機・電子部品・情報・通信2)

日立製作所は、知的財産の状況を示し、企業の経営や事業に貢献できるよう、特許情報提供サービスを強化している。... (川口拓洋) 日立製作所は世界100カ国の特許公報が調査できる特許情...

清水は専門外だったが、震災後、すぐに約5000件もの特許情報に目を通し、あるユニークな技術にたどり着いた。... 特許を取得して14年に起業し、ビジネスの扉を開いた。

日本特許情報機構(JAPIO)の松井英生理事長は、「中小企業の商標出願が増えてきている。

企業の知財活用をサポート 市場拡大に対応、特許調査業務効率化 データベース より使いやすく 新興国市場の...

したがって、自社の製品について特許を取得したことで、他社の特許を侵害しないことの保障が得られる訳ではありませんので、貴社がその製品の特許を取得していても、その製品がX社の特許を侵害する場合はあり得ます...

IPランドスケープとは、どの企業がどのような特許を持っているかを俯瞰(ふかん)的に分析・把握し、その情報を経営・事業戦略に生かすというもの。特許情報をグラフや図で可視化した、分析ツール...

イノベーションを次々と生み出すには生まれた成果を特許にして保護し活用する必要がある。特許などの知的財産の活用は企業戦略の大きな柱で、海外に進...

商いをする上で、特許・意匠・商標・著作権、社名などを含めて、知的財産をいかに活用するか、知財戦略は重要だ。... 「特許や商標その他の知財関係セミナーは年間100本以上、また、当センター内でパソコンの...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる