805件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

親会社の独ダイムラーは39年までに欧州など主要3市場に投入する全ての新型トラックやバスを二酸化炭素(CO2)を排出しない車両とする。

【フランクフルト=ロイター時事】ドイツ自動車大手ダイムラーのケレニウス最高経営責任者(CEO)は独紙ハンデルスブラットに対し、「現時点で政府の支援は必要ない」と述べた。

メルセデスベンツは新型GLAとCLAクーペ/シューティングブレークの3車種にPHVモデルの投入を発表した(2日、同社提供) 【フラン...

【フランクフルト=時事】ドイツ自動車大手ダイムラーが発表した2019年決算は、純利益が前年比64%減の27億900万ユーロ(約3200億円)だった。... ダイムラーに対しては、昨年9月に独検察から、...

日産自動車は、高級ブランド「インフィニティ」シリーズで、2020年内に米国市場などに投入予定の新型車「QX55」をメキシコの独ダイムラーとの合弁工場で生産する。... QX55を生産するのは、メキシコ...

【ベルリン=ロイター時事】ドイツのブランデンブルク州のヨルグ・シュタインバッハ経済相は、ロイター通信に対し、米電気自動車(EV)大手テスラが同州に欧州工場の建設を決定後、独自動車メ...

5日の独自動車業界週刊誌アウトモービルボッヘが、複数の匿名の関係者の発言を引用して伝えた。 それによると、ボルボの管理職は、ダイムラーと初期段階の協議を行っているものの、具体的な計画...

独ボッシュと同ダイムラーの高級ブランド「メルセデス・ベンツ」は、米カリフォルニア州サンノゼ市で自動運転配車サービスの実証実験を始めた。... サービスはダイムラーグループでモビリティーサービスを手がけ...

日野自動車は独フォルクスワーゲン(VW)トラック・バス部門のトレイトンと電動化技術開発などで提携したほか、独ダイムラーも傘下の三菱ふそうトラック・バスなどと一体となった効率的な開発体制を構築する。&#...

【北京、香港、フランクフルト=ロイター時事】中国国営自動車大手の北京汽車集団が独同業ダイムラーの保有株を現在の2倍の約10%に引き上げる計画を進めていることが分かった。... 北京汽車は現在ダイムラー...

削減規模は2022年までに「数千人」と説明しているが、独メディアは「少なくとも1万人」に達する可能性があると報じている。 ダイムラーの従業員は約30万人で、1万人は約3%に相当する。...

独フォルクスワーゲン(VW)が同ブランドで最も小さい新型SUV「T―Cross(ティークロス)」を2020年1月に投入する。... 独ダイムラーは初の全面改良となる新型GLAを12月11日に発表する予...

独ボッシュや同コンチネンタルが電圧48ボルトで駆動するマイルドハイブリッド車(HV)用システムで攻勢をかける。... すでに独ダイムラーの高級ブランド「メルセデス・ベンツ」や中国メーカーなどの複数の車...

【フランクフルト=AFP時事】ドイツ自動車大手ダイムラーは、2022年末までに人員削減により、10億ユーロ(約1200億円)超のコストを減らす計画を明らかにした。

独ダイムラーの電動化戦略を説明する。 ダイムラーが提唱した「CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)」戦略を「モビリティーの方向性を示すキーワードとして世界に浸透した...

同賞のほか優れた輸入車を賞する「インポートカーオブザイヤー」に独ダイムラーの「メルセデス・ベンツAクラスセダン」、国産車と輸入車が対象の「カーデザインオブザイヤー」に独BMWのスポーツ車「Z4」、同じ...

独ダイムラーのトラック・バス部門は、2039年までに欧州や日本、北米の主要3市場に投入する全ての新型トラックとバスを二酸化炭素(CO2)を排出しない車両とする。

独フォルクスワーゲン(VW)など主要な輸入車メーカーが「第46回東京モーターショー」の出展を見送った。一方独ダイムラーなどモーターショーをブランド発信の貴重な機会と捉えるメーカーもある。... ◇  ...

日産自動車が、仏ルノー、独ダイムラーと取り組む1トンピックアップトラックをめぐる協業が凍結状態にあることが分かった。... 日産はナバラの次期モデル開発に着手したが、ルノーとダイムラーは関与していない...

飛行ロボット(ドローン)技術をベースに「空飛ぶタクシー」を開発した独ボロコプターは今月22日正午、シンガポールのマリーナベイ地区で空飛ぶタクシー「ボロコプター2X」の初の公開飛行テストを実施する。.....

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる