59件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

独ZFは前輪用の電動パーキングブレーキ(EPB、写真)を投入する。

独ZFは自動運転レベル2に付加価値を加えた「レベル2プラス」に相当する先進運転支援システムを開発した。

独ZFは米マイクロソフトとソフトウエア分野で提携した。... ZFはコネクテッドカー(つながる車)や高度自動運転の実現に向けてソフトウエア分野を課題としており、同分野を強化している。 ...

独ZFの日本法人ゼット・エフ・ジャパン(横浜市中区、045・670・6900)は3日、社長に多田直純氏(58)が就任したと発表した。

独フォルクスワーゲン(VW)や同ダイムラー、同BMWがこぞってEVを披露した。 ... 独シェフラーは48―800ボルトの電圧領域でモーター製品の拡充を進めており、21年にも量産に入...

独ZFの日本法人ゼット・エフ・ジャパン(横浜市中区、中根義浩社長、045・670・6900)は、いすゞ自動車と日野自動車が共同開発して発売したハイブリッド連節バスに車軸部品を供給する。

こうした中で存在感を示すのが独ボッシュや独ZF、独コンチネンタルなどのメガサプライヤーだ。

「『2025年を明日迎える』という気持ちで事業を進める必要がある」と力説するのは、独ZFでアジア・太平洋地区を担当する取締役のピーター・レイクさん。 ZFは25年までの経営ビジョンを...

独ZFは毎年20億ユーロ(2600億円)を超える研究開発投資を5年間継続する方針だ。... 独ボッシュやコンチネンタル、デンソーといったメガサプライヤーとの技術競争が激しくなる中、高水準の研究開発投資...

【米ラスベガス=杉本要】米エヌビディアは7日(日本時間8日)、自動運転向けの人工知能(AI)技術で独フォルクスワーゲン(VW)や米ウーバー・テクノロジーズなどと連携すると発表した。... 独ZFや中国...

独ZFは16年に同センサーを開発する独イベオ株の40%を取得した。

スウェーデンのオートリブは米アディエントと、独ZFは仏フォルシアとタッグを組み自動運転向けのシート開発に着手する。... ZFはフォルシアとシートを軸にした自動運転向けの技術開発で提携した。... 自...

21年の発売を視野に、独BMWと完全自動運転車を開発中だ。... 独ボッシュは4月、独ダイムラーと運転手の操作が不要な「レベル4」の完全自動運転車の共同開発で提携。... 独ZFも自動運転車向けのセン...

独ロバート・ボッシュの日本法人ボッシュ(東京都渋谷区)は日本のエンジニアの数を2020年までに現状比約2割増の約1500人に増員する。... 競合の独ZF日本法人ゼット・エフ・ジャパン(横浜市西区)も...

他社との連携が欠かせない」と強調するのは、独ZFフリードリヒスハーフェン取締役のピーター・レイクさん。

独ZFフリードリヒスハーフェンはドライバーの安全運転を促す車両制御技術を開発し同技術を搭載した試験車両を公開した。... ZFは、交通事故を減らす運転支援技術の開発を強化しており、これまで蓄積したセン...

【ブラチスラヴァ(スロバキア)=下氏香菜子】独ZFフリードリヒスハーフェンは2017年度に前年度に続き過去最大規模となる20億ユーロ超(約2500億円超)の研究開発費を投じる。... 競合の独ロバート...

【ブラチスラヴァ(スロバキア)=下氏香菜子】独ZFフリードリヒスハーフェンが自動運転車向けセンサー技術の取り込みを急いでいる。... 次世代車載カメラ開発 ZFと...

2015年の独ZFフリードリヒスハーフェンによる米TRWオートモーティブの買収も記憶に新しい。約135億ドル(約1兆4600億円)を投じた大型買収により、ZFはロバート・ボッシュやコンチネンタルと並ぶ...

独ボッシュはドイツとインド、米シリコンバレーの3カ所に17年から順次「AIセンター」を設置し、21年までに約360億円を投じる計画。独ZFは米半導体大手のエヌビディアと提携し、AIの高度化を急ぐ。&#...

おすすめコンテンツ

おもしろサイエンス 
腸内フローラの科学

おもしろサイエンス 腸内フローラの科学

カラー写真と実例でわかる 
カビの分離同定と抗カビ試験

カラー写真と実例でわかる カビの分離同定と抗カビ試験

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

わかる!使える!粉体入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!粉体入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」
新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」 新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる