412件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.02秒)

日本の自動車市場で電気自動車(EV)の選択肢が広がってきた。日産自動車と三菱自動車は軽自動車のEVを共同開発し、既存の軽と比較可能な価格帯を実現。... 韓国の現代自動車も12年ぶりに...

エムケイ、韓国・現代自のEV50台 タクシーに導入 (2022/7/22 建設・生活・環境・エネルギー)

【京都】エムケイ(MK、京都市南区、青木信明社長)は、韓国・現代自動車の電気自動車(EV)「アイオニック5」を、タクシーとして8月から導入する。... すでに日系自動車...

現代自動車、韓国にEV専用工場 (2022/7/14 自動車)

韓国・現代自動車は韓国に電気自動車(EV)専用工場を整備する。... 現代自グループは5月、25年までに韓国で63兆ウォン(約481億ドル)を投資すると明らかにしていた...

(藤元正) アルファベットは2013年、日本のシャフト(当時)や米ボストン・ダイナミクス(現在は韓国・現代自動車の子会社&...

電気自動車(EV)や車載用電池、4輪車の新工場建設などに計3000億円超を投じる。... インド自動車工業会によると、スズキのシェアは19年度の51%から21年度は43%...

スズキは、出遅れている電気自動車(EV)について、主力とするインドで挽回を図る。... 地元メーカーのマヒンドラ・アンド・マヒンドラや韓国の現代自動車がすでにEVを販売してい...

休日の家族連れや買い物客でにぎわう東京・世田谷の商業施設「二子玉川ライズ」で5―6日、最新の電気自動車(EV)を集めた展示会が開かれた。トヨタ自動車が今年販売を予定するスポー...

【A.EV・FCVに絞り攻勢】 韓国の現代自動車が日本の乗用車市場に再参入しました。... 自動車も電動化が加速します。... 【A】現代自が初参入したのは01年です。

約12年ぶりに日本の乗用車市場に参入した韓国の現代自動車。

韓国の現代自動車は8日、日本の乗用車市場に再参入すると発表した。... 電気自動車(EV)、燃料電池車(FCV)に特化して販売する。

韓国・現代自動車は米イオンQ(メリーランド州)と電気自動車(EV)向けの次世代リチウムイオン電池の研究開発で協力する。

その一つは、韓国の現代自動車と出資先の米ボストン・ダイナミクス(BD)が打ち上げた「メタモビリティー」というコンセプトだ。

そこに「メタモビリティー」という構想をぶつけたのが韓国の現代自動車だ。 ... 走ったり宙返りもできる人型ロボ開発で知られ、ソフトバンクグループから現代自傘下に移った米ボストン・ダイ...

LGエナジーはLG化学の全額出資子会社で、米テスラや米ゼネラル・モーターズ(GM)、韓国・現代自動車などに車載電池を供給している。

【ソウル=ロイター時事】韓国の現代自動車は、リチウム金属電池製造の米スタートアップ企業ソリッドエナジー・システムズ(SES)に約1億ドルを出資した。... 同社ホームページによ...

【デトロイト=ロイター時事】韓国の現代自動車と米ゼネラル・モーターズ(GM)は、人を乗せ空中を移動する「空飛ぶクルマ」の開発に注力していくと表明した。現代自は、早ければ2025...

20年代前半にはトヨタ自動車のFCV「MIRAI(ミライ)」の欧州展開、韓国の現代自動車によるFCVの日本展開、欧州や中国の自動車メーカーによるFCVの投入などが予想され、市場の拡大が...

同州は、自動車・自動車部品、化学、機械、皮革製品、繊維、ITなどの産業が立地する工業州で、工場数、工業人口では同国最大とされる。特に自動車では、日産自動車、現代自動車などの工場があり、港が近いことから...

韓国の現代自動車と傘下の起亜自動車は8日、自動運転の電気自動車(EV)開発での協力について米アップルとは協議を行っていないと説明した。... 現代自はさらに、協議は初期段階にあると説明...

【シリコンバレー=時事】米CNBCテレビは3日、米IT大手のアップルが同社ブランドの電気自動車(EV)の生産に向けて、韓国・現代自動車傘下の起亜自動車と提携することで合意に近づ...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン