113件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

日鉄エンジ、韓国・現代製鉄からCDQ3基受注 (2021/12/8 素材・医療・ヘルスケア)

日鉄エンジニアリング(東京都品川区、石倭行人社長)は、韓国の現代製鉄から唐津製鉄所(忠清南道)向けのコークス乾式消火設備(CDQ)3基を受注した。...

また、韓国・現代製鉄が先週、日本側に対して提示した輸入価格(H2相当、FOB=本船渡し価格)は、前回から2000円安の同2万2000円で直近の湾岸価格が下回っている。 ...

国内は、東京製鉄が8月下旬から小刻みに7回(計3500円)、鉄スクラップ価格の引き下げを実施し、直近の買い取り価格(H2相当)はトン当たり2万3000円。日本にとって鉄...

12日に現代製鉄が、韓国向け日本産H2FOBに対するビッドを3万2500円と、4日から500円下げジリ安となり相場を下押しした。 ... 日本製鉄の大分製鉄所(大分市)...

韓国最大の電炉メーカー現代製鉄が10年に高炉メーカーに加わっている。

また、在庫が増え商談を中断していた韓国・現代製鉄が、早ければ11日にも再開する。... 商談は「新断など上級グレードが中心となる」(現代製鉄担当者)が、低迷な輸出から脱する引き金になり...

韓国の現代製鉄は、2018年5月第2週にも輸入を再開する見通しだが、流通量の多い品種「H2」を減らし、高品質品種が中心になるという。... 韓国内の鉄スクラップ発生が増えたため、「輸入する必要がなくな...

英プライメタルズ、現代製鉄に棒鋼圧延機 (2018/4/16 機械・ロボット・航空機2)

三菱重工業グループの英プライメタルズテクノロジーズは韓国・現代製鉄の唐津工場向けに大型棒鋼圧延機、小型棒鋼・線材圧延機の計2基を引き渡した。... 英プライメタルズは2017年にも年産110万トンのブ...

新日鉄住金の厚板生産の主力拠点である大分製鉄所で1月に起きた火災事故により設備が損傷し、生産ラインの操業再開は9月となる見通し。... また、韓国2位の現代製鉄の広報担当者は、日本側から要請があれば協...

4月第4週、韓国・現代製鉄が本船渡し(FOB、H2グレード)でトン2万6500円台を提示。... 現代製鉄は、日本から月間12万―15万トンを安定的に調達している。日本産に先高観もある...

新規契約でも先週、韓国・現代製鉄が本船渡し価格(FOB)H2グレードで、前月に比べて3400円高いトン当たり1万9900円を提示。... 東京製鉄は22日、宇都宮工場の鉄スクラップ購入...

最大の輸出先は韓国だが、韓国・鉄鋼大手現代製鉄が在庫調整に入ったため、今回の輸出先はベトナムが中心となった。

これに連動し、国内でも、国内電炉大手の東京製鉄が8日、鉄スクラップ購入価格を引き下げ同1万9000円とした。... 【韓国輸出減少も】 韓国の鉄鋼最大手の現代製鉄(本社ソウル...

鉄鉱石や鉄スクラップなど製鉄原料の国内外相場の下落が目立っている。... 【中国PMI改善】 電炉の原料の鉄スクラップのほか、高炉の製鉄原料となる鉄鉱石も下落傾向。... 韓国電気炉...

製品の需要も低調で、東京製鉄は鉄スクラップの買い取り価格を段階的に引き下げている。... 東京製鉄宇都宮工場は4月21日から関東湾岸の浜値上昇などに伴い、買値を段階的に引き上げ、6月3日にH2相当でト...

ユーザーの韓国・現代製鉄の担当者も、「回答の時期や内容は分からない」と困惑。... 【重要な供給地】 今春、韓国原子力安全委員会は現代製鉄を通じて、日本の輸出企業に放射能検査体制の強...

■9月まで緩和 新たな指針について、韓国・現代製鉄の担当者は「現在も作業を進めている」とだけ述べ、協議再開に向けた明確な日時などについては言及を避けた。... 一方で日本の鉄スクラッ...

規制強化は、韓国の原子力安全委員会や業界団体が現代製鉄を通じて、日本の輸出業者に対して求めていた。 これを受けて現代製鉄は2015年4月16日、日本企業との協議を本格的に開始。......

韓国の鉄鋼大手・現代製鉄が、日本の鉄スクラップ輸出業者に対して新たに示した放射能検査問題について、協議は物別れに終わった。... 現代は今回の協議内容を持ち帰り、韓国の鉄鋼協会などと再検討した上で、「...

16日には韓国最大の輸入元、現代製鉄(ソウル)が日本企業を個別に訪問し、本格的な検査体制の強化を求める見通し。... 現代製鉄の購買責任者らが16日に来日する。... 今回、韓国側の訪...

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン