103件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

インドの現調率は高く、8割を超えている。... 現調率は3―4割程度で他の地域に比べると低い。... 「タイやインドネシアの商用車は現調率が4―5割だが、インドネシアは主だった部品は現調化ができている...

 米アップルはインドで数カ月以内にオンライン販売を開始する見込みだ。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。世界最速の成長を遂げる同国スマートフォン市場は規制緩和で外国ブランドにより魅力が高まるため、ア...

カルソニックカンセイがロシアで現調率の向上を図る背景には、輸入部品に伴う為替変動リスクを回避するためのほか、現調率を一定程度に高めることを条件に関税の減免措置を受けられることがある。... ロシア社の...

現調率を限りなく高めていく」 【記者の目/一層の海外攻略意識が必要】 商品力と農家のサポート力、人づくりを事業の軸に据える。

東南アジアへ紡ぐ針路―ブラザー・工業用ミシンの戦略(上) (2016/12/19 機械・ロボット・航空機1)

また、リードタイム短縮と原価低減のカギとなる部品の現地調達率は金額ベースで5割程度。... 裾野産業の貧弱さが現調率向上の足かせになっている。

ただ、現調率が5割のタイや6割の中国と比べるとまだ一定の開きがある。... まだ大半の部材は周辺国から輸入しているが、既存サプライヤーを育てつつ新規開拓にも取り組み、現調率を高めていきたい考えだ。&#...

■海外で現調率6―7割/「地産地消」を基本に 今仙電機製作所は、自動車のシートアジャスターなど骨格機構部品が主力。... 「現地での部品調達率を高めたい自動車メー...

5月に部品の現調率を70%に高めた新型車の投入を予定。部品メーカーが育つインドでは現調率100%も可能だが、「品質、コスト、納期がバラつきなく調達できるか経験していない」と実績を重視する。 &...

「現調率は金額ベースでインドネシアが85%、マレーシアは車種によって異なるが85―95%。... 仕入れ先が輸入している部材などを除くと、恐らく現調率は50%以下だ。この“真の現調率”を上げないと本当...

富士重工業は米国での小型車「インプレッサ」の部品の現地調達率(現調率)を、2016年の生産開始当初から既存車種と同等の約70%とする。... 現在、富士重は米国で「レガシィ」と「アウトバック」を生産し...

高水準の現調率を成し遂げている秘訣(ひけつ)は徹底した品質管理。... 一方、より高精度が要求される工作機械については、日本からの調達部品がまだ多く、現調率は半分程度という。... 調達先の生産現場の...

すでに現地調達率60%の内装品は2016年半ばをめどに100%、同10%のシートベルトは2―3年内をめどに70%を目指す。... 両部品ともに安全性に関わるため「慎重かつ迅速に進める」(櫻木弘行常務取...

当初、構成部品の大半を日本から送っていたが、現在の現地調達率は50%近くまで高まった。... 部品の現調率は14年度に40%。... 現調化は順調に進んだが、小川生産本部長は「プリンターでは60%程度...

現状で40%程度とみられる海外生産設備の現調率を2018年度には80%に引き上げる。... 現状で三国間も含めた現調率は83%で、これを18年度までに100%にすることを目指している。設備もいずれ同シ...

(名古屋・江刈内雅史) 「為替が円安に振れている中、(海外調達の)採用を見送っている物もあるが、現地調達率をあげる活動は継続してやっている」。... 海外拠点における三国間調達も含め...

土台などに使う鋳物部品を全量現地調達するなどで、部品の現地調達率を当初、50%程度(金額ベース)にする。現地調達はその後も拡大させ、半年後に現調率を70%にまで引き上げることを目指す。

日産自動車はメキシコで生産する車両について、2次サプライヤー以下の現地調達率を2013年度の6割から16年度に9割まで引き上げる。... これら素材を加工するサプライヤーの進出を支援するなどして現調率...

トヨタはトヨタ東日本の現地調達率を80%に引き上げる方針。... 現調率アップにより東海地域で想定される巨大地震や、相互に自然災害時の代替供給拠点を確保できる利点もある。

新型トライトンも既存の調達網を活用して8割の現調率で生産しコスト競争力を高める。 ... 同様に中国現地メーカーの広州汽車との合弁工場で現地生産化を進める中国でも現調化を進める方針だ...

トヨタは2012年7月にトヨタ自動車東日本を立ち上げたが、東北での部品調達率は10%程度に留まる。みずほ銀は連携PFを通じて東北の中核企業育成や、中部の部品メーカーとの事業連携を促し現調率を高める。&...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる