79件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

日本電産、セルビアに新工場 (2021/4/13 自動車)

英語が話せる理工系人材が豊富という現地の特性を生かし、設計開発を手がけることも視野に入れ、欧州市場でのプレゼンスを高める狙いだ。

検査は人手が必要だが、日本国内では少子化で人材確保が難しくなっているため、ベトナム人の採用で対応。将来視野に入れる東南アジアでの事業展開も見据え、人材を育成する。 5人は、いずれもベ...

長崎大と九州工大、理工系人材育成で連携 (2020/12/2 科学技術・大学)

【福岡】長崎大学と九州工業大学は理工系人材の育成、教育などでの価値向上を目指して連携協定を結んだ。工学系分野を中心に多分野で両大学の強みを生かす。

そんな数理、データサイエンス(DS)、AIの人材育成が急ピッチで進む。... Data/高校から理数の素養強化 内閣府の総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)などで議論してきた...

同大は、同県内の企業が優秀な理工系人材を確保しようと集まり、95年に開学。

人材育成については、国内外の優秀な若手研究者や技術者の育成・確保、高校の教育段階での理工系人材の育成強化などを挙げた。

5.高い人材のポテンシャル ベナン政府は、今後、産業人材育成を図る上で、文系偏重から理工系人材を多数派にするとしている。

企業の人材不足が叫ばれる中、採用が難しいとされる理工系人材に限定し、新卒新入社員を例年500人以上採用。... 「人工知能(AI)や電気自動車など、派遣市場が必要とする人材も変化している。... 今後...

ナノ材料の研究開発を通じて、次世代を担う理工系人材を育成していく。

リケジョに多い化学・生物系の専門と、採用ニーズの高い電気・機械などの業種・職種間のミスマッチ解消を目指す。... 18年度からは「理工系人材ナビ」として対象を男性にも広げる計画だ。 ...

熊本県、名古屋で車産業誘致セミナー開く (2017/11/6 中小企業・地域経済)

田中常務は「電動化や自動運転技術の普及のために既存技術の効率化や新技術開発が重要」と述べ、藤田執行役員は設計や試作、評価などさまざまな部門の理解を深める人材育成の重要性を指摘した。 ...

最近では、特に女性人材が少ない理工系分野における女性の活躍を推進すべきだとの声が高まっている。... そして、新たなイノベーション創出において多様な人材の異なる視点が必須であることから、理工系分野の女...

同省の飯村亜紀子大学連携推進室長が「理工系人材の育成活躍に関する課題と理系女性活躍支援事業」について基調講演するほか、現役理系学生、若手社会人、企業人事によるパネルディスカッションも行う。

最近の話題として、初等教育から高等教育までの「教育の無償化」論や「人づくり改革相」の設置構想にはじまり、高等教育に関しては、いわゆる「大学入試新テスト」、都内23区内での大学入学定員規制、55年ぶりの...

政府の「理工系人材育成に関する産学官円卓会議」と連動させ、実効的な人材育成につなげる。 産業界では人工知能(AI)やビッグデータ、さらにこれらを各産業で展開できる人材へのニーズが高い...

大阪工業大学など私立工業大学5校は、理工学系の人材育成を目指す「工大サミット」のキック・オフ・イベントを6月24日に大阪工業大梅田キャンパス(大阪市北区)で開く。産業立国や技術立国として日本の未来を支...

経済産業省と文部科学省は29日、理工系人材の育成について、産学の実務者が人材ニーズや連携プログラムを議論する協議体の設置を求める報告書をまとめた。... 両省で運営する「理工系人材育成に関する産学官円...

発展途上国では工学系の専門職を目指す女性が少なくない。... 対照的に日本は工学系人材の女性比率が低いが、これは先進国共通の傾向。 一般に経済成長社会では理工系人材が重宝され、収入も...

「理工学」実践に取り組む 「工業のまち」として歴史と伝統のある北海道室蘭地域。... 「地方工業都市である室蘭で理工系人材を育成し、日本の技術者の中でも主に実行部...

経済産業省と文部科学省が「理工系人材育成に関する産学官行動計画」に取り組んでいる。... この行動計画は、イノベーション創出に重要な理工系人材の育成方策を両省が共同で8月にまとめたもの。... 目を引...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる