27,873件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

同大生産技術研究所助教授、文部科学省大学共同利用機関・総合地球環境学研究所助教授などを経て、06年東大教授。

一方で、アパレルの大量廃棄など、環境問題に対する消費者の関心は高まっている。タイトンの技術を通じ、差別化したいSPA、アパレルメーカーなどのニーズにも対応できるはずだ」 ―タイトンの...

事業承継ストーリー(56)ケネック 技術顧問に大学研究者招聘 (2020/3/31 中小・ベンチャー・中小政策)

技術面での支えが欲しかった。... 会社を継ぐため、技術顧問として研究を支えてほしいという。... ケネックの汚い環境でも安定して計る技術が評価された。

「岐阜県と三重県にある国内2工場でIT技術を駆使し生産性を高めることに費やす。... 環境をキーワードにし、技術開発を進めている。

企業の情報通信技術(ICT)環境を踏まえ、リモートデスクトップツールやウェブ会議システム、勤怠管理ツールなどをインストールしたノートパソコンを1社当たり1台貸与する。

姿勢・視線で音楽奏でる NECがAI楽器、障がい者に演奏体験 (2020/3/31 電機・電子部品・情報・通信1)

いずれもNECのAI技術を活用。姿勢推定技術も新たに開発した。同技術は人の重なりが多い混雑環境下や、離れた場所から撮影された低解像度の映像でも、高精度で高速に人の姿勢を推定することが可能。

鹿島と福岡酸素、博多にオフィスビル 屈指のフロア面積 (2020/3/31 建設・生活・環境・エネルギー1)

天井高さ2・9メートル、奥行き約20メートルの無柱空間を実現し、多様な執務環境のニーズに応える。 建物の構造には自社の「付加制震」技術を採用。

JR貨物、夏前めど長期経営構想を策定 総合物流企業へ10年計画 (2020/3/31 建設・生活・環境・エネルギー1)

技術革新や社会環境の変化を受けて、JR各社は“将来のあるべき姿”として、10年程度の長期構想を策定する流れにある。

最大の注目は、移管対象が研究開発子会社の本田技術研究所の商品開発機能も含む点だ。 同研究所は、技術者の自由な発想を促す狙いで、1960年に本体から研究開発部門を分社化して発足した。....

以前は安全面や技術面で課題があったが、近年は技術革新が進み、新型の自然冷媒機が開発されている。 ... 一方、欧州では企業が環境問題への取り組みとして自然冷媒機の採用をPRする例が多...

他産業の視点を学ぶ一方、技術革新を推し進める若手技術者の育成が急がれている。... 高温・高圧・腐食環境下など個別の仕様要求に応じるため、長きにわたりさまざまな技術開発を精力的に進めてきました。......

六価クロムの使用量を従来比15分の1に低減し、鉛フリー電極を採用するなど環境に配慮した。2月には近畿経済産業局が優秀な技術を選定する「関西ものづくり新撰2020」に選ばれた。 強みは...

大日印、ベトナムと“AI売り場” 現地大学と販促支援研究 (2020/3/30 電機・電子部品・情報・通信)

VNUは人間の細やかで連続的な動作を捉える技術の開発に取り組んでおり、いち早い製品化に向けた開発環境も整っている。

その環境下で総合印刷各社は社会の変化や課題にさまざまな商機を見いだしている。... 同社の場合は事業方針の中心に掲げる「P&I(印刷技術と情報技術)」が他社との差別化のカギを握る。 ...

安全性・安定性や快適性・利便性のため新型台車などの最新技術も盛り込んだ。... 環境性能や低燃費、低騒音を考慮しハイブリッド方式を候補とした。... 他の最新技術も盛り込んだ。

【福島】福島県地中熱利用技術開発有限責任事業組合(ふくしま地中熱LLP、福島県郡山市、須藤明徳組合長、024・943・2298)と産業技術総合研究所福島再生可能エネルギー研究所(郡山市)は、ビルなどに...

【岡山】岡山県工業技術センターは同センターの技術シーズを利用し、実用化に向けて試作品の開発などを行う2020年度の共同研究参加企業を募集する。... ▽地域資源を活用した高付加価値繊維製品の開発▽金属...

東京都立産業技術研究センターが開発した自律移動案内ロボット「Libra(リブラ)」が、電気安全環境研究所(JET)の適合性評価を受け、安全性が証明された。... 今後、同技術の利用を希望する企業にライ...

ただ、無線通信環境が悪く計測装置も信頼性が高くないなどの理由で、計測の中断やデータが取得できない事態が相次いだ。 ... HSRは研究での利用が多く、市も「社会実装につながるアプリ開...

事業部門ごとの成長戦略は、金属事業は新規鉱山への投資や銅製錬の不純物除去技術の開発を進める。... 環境・エネルギー事業は再生可能エネルギー開発や車載用リチウムイオン電池(LIB)リサイクル技術の実証...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる