電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

86件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

新規事業としては全固体電池のほか、電気自動車(EV)の軽量化などに寄与する発泡成形技術、電子機器の誤動作を防ぐ電磁環境適合性(EMC)対策部材などを想定する。 ...

マクセル、「全固体電池」新技術 作動上限温度150℃に (2024/6/4 電機・電子部品・情報・通信2)

ただ、医療向け滅菌工程や半導体製造工程、車載用途といった高温環境下でのセンシングや監視が必要な領域での全固体電池の使用を希望する顧客からの要望があった。無線給電や環境発電(エナジーハーベスティ...

環境発電に活用も 岡山大学のエルボイ・ハイサム外国人客員研究員、鈴木弘朗助教らの研究チームは、ペロブスカイト太陽電池の性能と安定性を高める添加剤「ベンゾフェノン」(BP...

IoT(モノのインターネット)時代に向け、大量の環境発電素子やセンサーの高速な生産技術として使える。 共同グループはインクジェット印刷による新規の手法で素子のパターニ...

2023年上期の新社長《非上場会社》 (2023/8/18 上期の新社長)

別会社で同一人物の就任含む 関連記事「上期の新社長、27人増の591人 景況回復、新体制相次ぐ」 ...

マクセル・ローム、全固体電池評価キット開発 環境発電に対応 (2023/7/27 電機・電子部品・情報・通信2)

マクセルは自社の全固体電池を用いたエナジーハーベスト(環境発電)対応の評価用キット(写真)をロームと共同開発した。太陽光や室内照明からの発電による全...

▽西田剛社長は代表権のある会長に▽交代理由=若返り▽就任日=6月15日▽本社=岐阜県大垣市木戸町1122(分析・環境・発電関連事業)

東工大には「住友化学次世代環境デバイス協働研究拠点」を設置。理研では「強相関電子材料環境デバイス研究チーム」を発足する。 ... 将来、産業分野で、超低消費電力で駆動可能な次世代メモ...

潮の流れを使った発電は潮流発電と呼ばれ、原理は水力や風力発電に近い。... 未利用エネルギーを活用するので環境発電とも呼ばれる。... デジタル化と環境問題の解決を両立するエナジーハーベスティングの研...

環境発電無線は電池交換が不要。... 一般的に環境発電は、ソーラー電卓などで昔から使われてきた技術。... しかし近年は環境発電の効率が高まり、無線の消費電力も少なくなったことで、環境発電無線が普及し...

NTT東など3社、防災・防犯の課題解決で協業 環境発電端末+IoT提供 (2021/12/23 電機・電子部品・情報・通信2)

振動や温度差などで発電する「エネルギーハーベスティング(環境発電)」を用いた無線通信技術「EnOcean(エンオーシャン)」を組みこんだ端末と、IoTデータ基盤をパッケ...

ニチコン・リコー電子デバイス、IoTシステム 10年間メンテ不要 (2021/11/17 電機・電子部品・情報・通信1)

【京都】ニチコンとリコー電子デバイス(大阪府池田市)は16日、環境発電を活用しワイヤレスかつ10年程度メンテナンスが不要なIoT(モノのインターネ...

リコーは18日、九州大学と共同開発したフレキシブル環境発電デバイス(写真=リコー提供)のサンプル提供を9月に始めると発表した。有機光電変換材料を用いて室内や日陰などの低照度環境...

身の回りの熱を利用する環境発電技術への応用が期待される。 ... 廃熱の利用が求められているが、室温付近の廃熱は小規模に分散し、熱電発電以外での回収は難しいとされる。

京セラ・長崎大、潮流発電スマートブイ 海洋データ安定取得 (2021/7/28 電機・電子部品・情報・通信2)

【京都】京セラは長崎大学と共同で、海で水温や流速などの安定した海洋データを取得できるエナジーハーベスト(環境発電)型スマートブイを開発し、試作機での実海域試験に成功した。... 潮流発...

ニチコン、電子棚札システム メンテ10年間不要 (2021/6/23 電機・電子部品・情報・通信1)

一般的に一次電池が使用されている電子棚札の耐用年数を延ばせ、店舗の作業・コスト低減や環境配慮につながる。... 店内照明などからフィルム型ペロブスカイト太陽電池で発電した電気を、エナジーハーベスト&#...

廃熱や振動などのエネルギーを電力に変換する環境発電技術の開発が期待される。

シーテックが映す新常態(下)電子部品 (2020/10/23 電機・電子部品・情報・通信)

TDKは、車のタイヤとホイールの境界部に配置し、路面から受ける力を利用して発電ピエゾ環境発電デバイスを出展した。

日本ガイシ、シーテックにリチウム電池出展 (2020/10/19 電機・電子部品・情報・通信)

エナセラとワイヤレス電力伝送(WPT)技術、光や振動などによるエネルギーハーベスティング(環境発電)技術を組み合わせた電源ソリューション例を紹介する。

【無駄なく水加熱】 最も身近な再生可能エネルギーである太陽光発電。... そのため、太陽熱温水器を使ってお湯を作る方が太陽電池で発電した電気でお湯を作るより、2・5倍も早い。 ...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン