9件中、1ページ目 1〜9件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

大阪大学の松垣あいら助教、村上愛実大学院生、中野貴由教授らは、生体骨に類似する骨内部を再現した“ミニ骨”の作製に成功した。... 外部から受ける力に反応する“ミニ骨”を生体内に戻すことで早期に健全な骨...

「岡山大学を筆頭に岡山県には生体骨に関する共同研究先が多く、大阪と岡山を行ったり来たりする」と話すのは、大阪大学教授の中野貴由さん。 研究する骨は生体骨だけでなく、恐竜も対象だそうで...

大阪大学大学院工学研究科の中野貴由教授、石本卓也講師、神戸大学の池尾直子助教らの研究グループは、金属3Dプリンターの一種の「電子ビーム積層造形法」を利用して、生体骨に似た柔らかさと衝撃に対するエネルギ...

チタンは長期間体内に埋め込むと骨になじんでくっつく性質を持つ。... 生体骨に密着しない特徴があり、人工関節の骨頭など耐摩耗性が要求される部分に使われる酸化ジルコニウムに着目、チタン表面にコーティング...

もう一つは生体骨と同様のしなやかさで人体に優しい生体用インプラント(人工関節)材料の開発」と目標を話す。... 一方、生体用インプラントの材料開発ではチタン合金がメーン。手首の骨折用プレートや人工股関...

電子ビーム積層造形法(用語参照)を用い、実際の生体骨に近い機能を実現した。従来の人工関節で課題となっている骨と金属の弾性率差に起因する骨の劣化を防ぐ。... 同時に生体骨が持つ一軸異方性を発揮できる設...

ヒトの生体骨と同等のしなやかさを持つため、骨折プレートのインプラント材での利用を想定している。 多根准教授らは骨材作製時に、酸化チタンを取り入れることでチタン合金に0・3%の酸素を配...

東京大学大学院の光石衛教授が基調講演した後、ナカシマメディカルの井上貴之氏が「人工関節用の生体骨加工システム」、東芝機械の小久保光典氏が「生体の薄切片標本作製システム」、スズキプレシオンの鈴木庸介会長...

骨や歯の主成分であるハイドロキシアパタイト薄膜の製造や医療分野などへの応用を研究する拠点施設。... ハイドロキシアパタイトは生体との親和性がよく、従来のチタン製の人工歯根や人工骨にコーティングし、生...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる