31件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

弘前大院医学研究科生体高分子健康科学講座の中根明夫特任教授は、PGが腸内の細菌フローラを改善すると推測している。... 現在は高分子化合物としてしか抽出できないPGだが、低分子で機能を取り出すことがで...

(総合1参照) 同データベースは実験で確定した生体高分子の3次元構造データを全世界から集めて保存する。

伊藤社長はかつて理化学研究所(理研)で生体高分子と人工材料の融合を研究しており当時の知識が生きた。

大阪大学大学院工学研究科の小野田晃准教授と林高史教授らは、たんぱく質の特定の末端へ、色素や医薬品など機能を持つ分子を、全2段階でつなぐ技術を開発した。従来、最短でも4段階かかり専門性も高かったが、対象...

バイオ医薬品とは、抗体や核酸といった生体高分子を使った医薬品。細胞の特定の分子に作用するため副作用が起きにくく、治療効果が高いといった利点があるため、近年注目を集めている。しかしバイオ医薬品は分子量が...

【評判の悪い酵素】 我々の体は、たんぱく質、核酸をはじめ、糖鎖、脂質、という四つの主要な生体高分子によって主に構成されている。... ある意味私の研究を突き動かしていたものは、この“...

生体の細胞のように、微小カプセル間でイオンの輸送などができた。機能を自在にデザインでき、分子ロボットや、薬剤送達などへの応用が期待される。... 研究チームは、生体高分子のDNAオリガミを使い、「DN...

ぬめりの有無、触れずに評価 理研 (2019/6/17 科学技術・大学)

バイオフィルムが多糖類やたんぱく質などの水となじみやすい生体高分子を多く含むことに着目。

産業技術総合研究所の竹内恒研究チーム長らは、分子量の大きなたんぱく質の高次構造を高精度に観測する「FC―TROSY法」開発した。... バイオ医薬は新たな医薬品として期待されるが、多くがたんぱく質など...

DNAとたんぱく質の複合体「ヌクレオソーム」を人工的に再構成し、RNAポリメラーゼを反応させ、その様子を生体高分子の立体構造解析に優れるクライオ電子顕微鏡で観察した。

【島津製作所/マトリックス支援レーザー脱離イオン化飛行時間型質量分析計「MALDI―8020」】 島津製作所の「マトリックス支援レーザー脱離イオン化飛行時間型質量分析計『MALDI―...

京都大学大学院工学研究科の植村卓史准教授と同高等研究院物質―細胞統合システム拠点の北川進拠点長らは23日、モノマー分子の並びを制御する高分子合成法を開発したと発表した。... 研究グループは、デオキシ...

【那覇】沖縄プロテイントモグラフィー(沖縄県恩納村、亀井朗社長、098・982・3359)は、たんぱく質など生体高分子の3次元構造を可視化する解析サービスの海外販売に乗り出す。... 分子構造が設計通...

糖鎖は人体を構成する生体高分子の一つ。

生体組織から切り出した微小片の位置情報を高精度に把握する技術と生体高分子を分析する技術を組み合わせ、既存の質量分析装置によって生体組織内の分子分布を3次元画像で取得できた。... 生体組織を顕微鏡観察...

中でも生体内で働く分子シャペロンに注目。... 一方で、秋吉教授は「たんぱく質は凝集を防ぎにくいが、凝集を抑制する役割を果たすのが『分子シャペロン』で、これを応用したのが生体高分子の機能やその連携を補...

RNAは細胞内の生化学的反応を制御する生体高分子であり、有害性評価を行うにはRNAの種類(塩基配列)と量とを定量できるセンシング技術が必要である。 ... 環境中の化学物質を対象とし...

島津には関東大震災、プラザ合意による円高、バブル経済の崩壊と大きな危機が3回あった。... 【科学で社会貢献】 2002年、社員で現在はフェローの田中耕一氏が、「たんぱく質など生体高...

有機化合物や生体高分子などの立体構造を分析する核磁気共鳴(NMR)法を使って解明した。

サムヤンが持つバイオポリマー(生体高分子)を使ったDDS技術をもとに、核酸医薬「RNAi医薬」を応用して、がんや生活習慣病を対象とした医薬品の開発を目指す。

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる