1,052件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

特に生命科学分野の試料には一度失うと復元するのに最低3年を要するものもある。... 特に生命科学分野での自動化は従来から取り組みが盛んだった。... 生命科学や医学の分野での導入が進んでおり、新薬候補...

生命科学部では実験キットを作り学生へ送付し、自宅で実験ができる環境を整えた。... 生命科学部の実験キットは、実験に必要な材料や標本をチューブやポリ袋、遠沈管に入れて小分けし、テキストなどとともに送付...

引受先は生命科学研究専門商社の日本ジェネティクス(東京都文京区)。

食と健康の関わりなどを科学的に分析する、といった社会的なニーズの変化に対応する。生命・環境科学部の食品生命科学科の教育・研究体制を整備したほか、学内の研究連携や大規模研究への参画を積極化していく。&#...

(火曜日に掲載) ◇未来ICT研究所・上席研究員 山元大輔 1978年東京農工大学大学院修士課程修了、三菱化学生命科学研究所、ノースウェスタン大学、早稲田大学教授、...

東京大学大学院農学生命科学研究科の久和茂教授、岡山理科大獣医学部・微生物学の森川茂教授らの研究グループと共同で実証した。

電気通信大学大学院情報理工学研究科の牧昌次郎准教授のグループは、波長760ナノメートル(ナノは10億分の1)の光を発せられる試薬を開発した。ホタルの生物発光系で世界最長波長という。ライフサイエンス分野...

京都大学大学院生命科学研究科の井垣達吏教授と佐奈喜祐哉大学院生らは、糖尿病や肥満でがんのリスクが高まる原因の一端を解明した。

【推定処理が必要】 放射光、中性子などの大型研究施設や実験室などに設置される計測装置は、物質・材料や生命科学・医療などさまざまな分野に浸透し利活用されている。... 日本原子力研究所...

マウスは近交系の樹立、ゲノム情報の充実、ゲノム操作技術の開発など科学的な利点に加え、小型で繁殖も旺盛であることから、時間やコストの面でも優れたモデル動物といえる。 脳・神経、発生・再...

急増する世界中の医療・生命科学の研究論文から必要な情報をAIで抜き出したり、人の移動データを追加したエージェント型の感染拡大シミュレーションをしたりする技術を一覧にした。

アドダイス(東京都台東区、伊東大輔社長、03・6796・7788)は、慶応義塾大学先端生命科学研究所や広島県内の病院などと共同で、人工知能(AI)を活用し、新型コロナウイルス感染症の重症化リスクを判定...

自身のテーマは、健康・生命科学のデータと社会科学データの統合による健康長寿社会への貢献。

(浅海宏規) 【略歴】ごとう・のぶゆき 99年(平11)東大院農学生命科学修士修了、同年三井物産入社。

科学とはそういうものだ。... 以前からソフトロボット学の研究者コミュニティーに加わっているのだが、大きな動物がどうやってバランスをとるのかロボット製作の参考になるかもしれない」(小川淳) &...

科学技術は多様性によるイノベーションが重要と言われ、なおさら問題だ。... プレゼンで強さ発揮 生命科学の発展が追い風 科学技術振興機構(JST)は高校生を中心とした次世代人材育成事...

市村清新技術財団、継続含め23件 植物研究助成 (2020/4/23 科学技術・大学・中小・ベンチャー)

▽南方起源海流散布植物における分布限界の決定要因の解明(高山浩司・京都大学大学院理学研究科生物科学専攻准教授)▽伊豆半島に由来する早咲き性サクラの自発休眠覚醒の分子機構の解析(板井章浩・京都府立大学大...

FRONTEOはエーザイと生命科学分野の解析AI「コンセプト・エンコーダー」を開発。

生命科学の分野に限って言えば、研究の手法そのものが世界的に大きく変化しつつある中、日本では教育・研究の体制や研究者マインドが追いついていないことが要因の一つと考えられる。 この変化と...

無塩微酸性電解水の将来性や同協会の取り組みについて、名誉会長に就いた倉橋みどり東京大学大学院農学生命科学研究科特任准教授に聞いた。

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

  • 2020/08/15

    8/15、土曜日付記事更新 ※8/17(月)は新聞休刊日のため、電子版も朝刊記事の更新はありません。ご了承ください。

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる