624件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

自動運転やIoT(モノのインターネット)などデジタル社会のインフラとなるものだ。... 5Gは自動車や家電、工作機械、ロボットなど、生活や産業のあらゆる機器がネット接続することを想定している。 ...

実際、ここ数年、中国ではデジタル技術の進展は著しく、さまざまなサービスが登場し、都市部ではスマホさえあれば、時間や距離に縛られない生活を享受できるようになっている。 ... 道路や空...

産業春秋/バルブの日 (2020/3/20 総合1)

そんな当たり前の日常を支えているのはインフラと設備機器だ。... 素材や加工、設計の進化は目覚ましく、高温・高圧に対応したバルブや、微量の流体を精密制御するバルブが産業界や日常生活で流れを調整している...

鹿島臨海工業地帯には製鉄所や石油化学工場が集積するなど、産業の奥深さが特徴だ。 ... 日本信号は信号保安装置、自動改札機、ホームドアの製造な...

国は「復興・創生期間」の最終年度となる2020年度を一つの節目とし、公共インフラの整備を進めてきた。... 「地震・津波被災地域では公共インフラの整備をおおむね完了させるとともに、住まいを再建し仮設生...

 「計測」「制御」「情報」の三つのコア技術を軸に、工場やプラントといった社会インフラの安全で効率的な運用を支えている横河...

明電舎、BCP範囲拡大 サプライチェーン全体に (2020/2/28 電機・電子部品・情報・通信2)

産業界では新型コロナウイルスによる肺炎や台風による施設損壊などの影響で事業継続が難しくなる場合がある。そのため、取引先などを含めたBCPを構築し、構成部品が多い自動車や人々の生活に関わるインフラ事業を...

【いわき】いわきICT産業協議会(福島県いわき市、鷺弘樹会長、0246・37・0558)は18日、いわき産業創造館(同市)で「2020いわき・まちづくりの展望」と題した特別セミナーを開いた。... さ...

いまや人工衛星は天気予報や全地球測位システム(GPS)に使われるなど我々の生活になくてはならないインフラとなった。... (冨井哲雄) 政府/インフラ 重要な役割 災害監視/天気/日...

環境インフラ事業部と連携して取り組み「組織横断によるプロジェクト」だった。 ... 11年双日(中国)生活産業部門長、14年双日林産資源部長、15年双日建材専務、17年双日林産資源部...

Japan Robot Week 2020、出展募集 (2020/2/5 ロボット)

▽会期=10月8日―11日 ▽会場=AichiSkyExpo(愛知県国際展示場) ▽出展対象=介護・医療・健康、インフラ・災害対応・建設、生活・暮らし、ロボット導入...

超高精度・生産性を提供し電気自動車(EV)化、自動運転の潮流の下、広がる金型需要、産業界発展に貢献する。 ... 今後も社会課題を解決するソリューションにより、生活の質の向上に貢献し...

テスト・ベッド支援策提供 アラブ首長国連邦(UAE)は、早くから大型空港や港湾などのインフラやフリーゾーンといった事業しやすい制度の整備を進め、ドバイを中心に中東・北アフリカ(MEN...

大学を起点とする潮流から生み出された各衛星は、社会や生活の在り方に変化をもたらす可能性を秘める。... 衛星が取得する画像データと人工知能(AI)の組み合わせでインフラ老朽化の検知や災害時の状況把握な...

共働き世帯の増加や生活スタイルの多様化を背景に、高機能製品や省エネルギー製品への買い替え需要も続いている。... 主力の自動車産業向けでは世界で低迷する新車販売がどう反映されるかを注視する必要がある。...

時差出勤や働き方改革、バリアフリー対策などの効果も大会後の大きなレガシー(遺産)として、我々の生活を良い方向へと変えていくと考えられている。 ... 交通インフラでは、信号機などが今...

2020予測/電機、事業再編カギ (2020/1/1 電機・電子部品・情報・通信1)

社会イノベーション事業とは、IoT(モノのインターネット)などデジタル技術を生かした社会インフラ事業と言い換えられる。鉄道や工場、ビル、街など“スマート”の冠の付く産業分野が主な対象。... 一方で、...

日本での年間配達個数は2億個を超え、四季折々の地域の食材が食卓を彩る物流インフラとして、今や暮らしに欠かせないサービスだ。... 「規格の活用で宅配便事業者のサービス品質の向上を促し、社会に安全・安心...

エヌエスコーポレーション 小国マラウイで引く手あまた 都市部を中心に台頭する中間層に照準を合わせたビジネスが広がる一方で、1次産業の高付加価値化を目指す現地ニーズに合致した産業用機械...

ロボットと創る!/地域の社会課題解決 (2019/12/18 中小企業・地域経済2)

「産業用ロボット導入支援センター」(北九州市若松区)では実機を使ってさまざまな教育活動を行う 神奈川県/特区で成果 ...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる