3,475件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

コマツ、産総研と連携 人と建機の協調技術開発 (2020/3/30 機械・ロボット・航空機1)

コマツと産業技術総合研究所(産総研)は「コマツ―産総研 ヒューマンオーグメンテーション連携研究室」を4月に設立する。... 操縦者の安全性向上や疲労低減、生産性向上、モチベーション向上の実現を目指す。...

国内総生産(GDP)の約2割を占める首都で外出制限が発動されると、産業界へのダメージは計り知れない。... (総合2・総合3・自動車・電機・素材・科学技術・東日本・西日本に新型コロナ関連記事) ...

東京大学は生産技術研究所が手がけるデザイン思考の人材育成を2020年度から全学展開する。... まず大量の刺激とアイデア出しのワークショップをし、次に成功している製品・サービスにおける背景のアイデアと...

IoT(モノのインターネット)を使い、モノとモノ、人などすべてがつながることにより生産の自動化を進め、工場のスマート化を目指している。... また、技術的な解決が果たして経済的かどうかの判断やセキュリ...

農業用ハウスの温湿度調整 産業技術総合研究所(産総研)は、先端技術を農業分野に適用する「農工連携」に力を入れ始めている。情報通信技術(ICT)やロボットを活用するスマート農業が盛んに...

「当研究所は滋賀県守山市にあった技術センターを移転し、アクセスも比較的良い場所で2013年4月に開所した。... その応用で、兵庫県立農林水産技術総合センター内の森林林業技術センター、淡路島にある池本...

政府は日本など韓国に入境制限を課した国を見下しつつ、検査体制や科学技術の自賛に余念がない。 ... 多くの企業はグローバルなサプライチェーンに潜むリスクを痛感し、いわゆる第4次産業革...

農研機構はバンダイナムコ研究所(東京都江東区)と共同で、飛行ロボット(ドローン)と人工知能(AI)の深層学習(ディープラーニング)を使った牧草育種の評価法を開発した。... 今回、バンダイナムコ研究所...

武田薬品工業は、保有する血液由来の医薬品技術を活用し、新規の血漿(けっしょう)分画製剤を開発する。... メガファーマはワクチンの事業実績も豊富で、医薬品開発の「ボトルネック」の一つとされる試験後の商...

挑戦する企業/住友化学(15)バイオが変える化学 (2020/3/18 素材・医療・ヘルスケア)

【有用物質を開発】 合成生物学の定義は複雑だが、住友化学が目指すのは遺伝子工学や生物培養などを駆使し、人工的にデザインされた生物を使い、有用な物質を開発・生産することだ。 &...

本田技術研究所オートモービルセンター開発責任者 宮原哲也氏 アコードは今回で10代目。... 【記者の目/価格帯・性能マッチするか】 これまで日本製だったが今回はグ...

挑戦する企業/住友化学(12)化学と医薬の間 (2020/3/12 素材・医療・ヘルスケア)

未分化の細胞を自動的に取り除く設備を含む安定的な生産体制を構築。... サイボーグ技術を開発するメルティンMMI(東京都中央区)など複数企業に出資した。... 同研究所長で住友化学常務理事の片木敏行は...

現場のムダを省き生産性を向上させる。... 働き方改革や顧客への対応でもプラスとなる」 ―センターにはTP(トータルプロフィット)支援室、ICT推進部、工務支援部、技術研究所を置きま...

東京大学生産技術研究所の次世代育成オフィス「ONG」は2020年度から、高校生が東大の研究室で実験やフィールドワーク(実地調査)を行う活動の支援を始める。19年度に公募の40人が、STEAM(科学、技...

7日には福島水素エネルギー研究フィールドが開所し、太陽光発電で水素を生産する。... また産業技術総合研究所の福島再生可能エネルギー研究所では、被災地中小企業の技術を活用し、再生可能エネルギー関連技術...

そこで、望ましい変革を社会が実現する四つの手段、すなわち、(1)ガバナンス(2)経済と金融(3)個人や集団としての行動、そして(4)科学技術によって実現するための六つの切り口が提示されている。 ...

KSKはオーナー企業であり、「カイゼン」のスキルと革新的な生産技術で高い評価を得ている。... 生産準備プロセスの見識を提供するなどマネージャーレベルの交流もあった。... ドイツ日本研究所副所長、三...

生産性の向上と省人化にも役立つ。 ... (エルメック=東京都八王子市、042・668・9760) ■水面浮遊物回収船=実用技術研究所(所長・慎燦益氏) &...

AIに関する基礎知識をお持ちの方であればご存じだと思うが、「機械学習」と呼ばれる技術をベースとしたAI技術には、「学習」と呼ばれるプロセスが欠かせない。... 例えば製造工場で製品の欠陥を見分ける検品...

KIPの経営支援に加え、神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC)が生産面の支援を実施。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる